お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年12月24日

米国が市民の反乱を抑える為、水道水にリチウムを入れる。

December 24, 2009
2009年12月24日
US To Begin Drugging Water Supplies To Pacify Restless Population
米国はイラつく市民をなだめる為に水道設備に薬品を混ぜ始めます。
epa1.gif
今日クレムリンを循環している不吉なレポートは現在アメリカ合衆国の経済悪化が底なしの状態であり、今後も変わらない状況から米国の選ばれたエリート達と統治者が、国家が内戦勃発の噴火する寸前であるのを恐れ、『コントロール(管理統制)のより高いレベル』を達成する為に米国市民に大量に薬物を投与する計画の実行準備をすでに開始していると警告しています。

このレポートによるとオバマ大統領は新たに、米国飲料水供給に『許される薬(許容できるレベル)』を確立する為に『米国環境保護庁(EPA)』に監査機関を命じました。

しかし過去、
人間の生命維持の為に必要な国民へ供給されるモノの中に混入された、最も批判的で知られている『多くの危険な薬物』の濃縮調合により、今までに少なくとも『5100万人』のアメリカ人が影響を受けていたと昨年AP通信ニュースは警告し報道をしました。

【EPAとは?】
アメリカ合衆国環境保護庁(EPA, 英: United States Environmental Protection Agency )は、市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国連邦政府の行政機関である。大気汚染、水質汚染、土壌汚染などが管理の対象に含まれる。
リチャード・ニクソン大統領により設立され、1970年に活動を開始した。長官はアメリカ合衆国大統領により任命される。正規の職員数は約18,000人であり本部はワシントンD.C.にある。


【『米国環境保護庁(EPA)』に監査機関を命じるニュース.2009.12.22
米国は規則に対する候補として水への『EPAリスト13調合薬』を管理する努力拡大をします。】
http://www.msnbc.msn.com/水道水投入薬写真。.jpgバラク・オバマ大統領の下で連邦規制当局は、これらが人体の健康を脅かすかもしれないと認める為に汚染物質のうちの幾つかを規制する為への重大な第一歩として、国の飲料水中の残留薬物への長年の政策方針を急激に変えました。
環境保護庁(EPA)は、ここ数週間の突然な重要発表が、環境汚染物質として医薬に対処する、拡張された政府努力を反映しています。【初めて、環境保護庁(EPA)は飲料水中の規則に対する候補としていくつかの調合薬をリストしました。】
その機関は国の全域で、水処置施設で多くの薬についてチェックするために調査を開始しました。
食品医薬品局はトイレの下水を下って洗い流されるべき、不用な薬のリストを更新しました。
しかし機関は、全ての未使用の薬の再利用を目指して努めるよう目標を宣言しました。
国家毒性プログラムは、人間の健康が低い環境レベルで薬により害されるかもしれない方法をはっきりさせるために研究を実施しています。
AP通信社は、少なくとも5100万人のアメリカ人の飲料水が多くの薬の濃縮調合が含まれていると昨年報告しました。
APアンケートに答える水公益企業関係者は、水公益企業の供給において『抗生物質』、『鎮静剤』、『性ホルモン剤』および数十もの他の薬の存在を認めました。ニュース報道は試験結果の議会審理と法律、より多くの水テストとより多くの開示を混ぜ込みました。
例えばイリノイ州の法則は、健康管理機関が廃水システムに未使用の医療薬を洗い流す事を禁止し、1月1日から実施されます。
環境保護庁(EPA)の最近の研究は、飲料水を処理する50本のプラントから200におよぶ化学物質・微生物・汚染物質を捜し出します。
規制調合薬リストは125の調合薬または関連した化学製品を含みます。
この研究は、連邦水当局が規制が必要かどうか決定するのを助けるでしょう。
可能な飲料水水質基準への再着手で環境保護庁(EPA)は、汚染物質候補リストと呼ぶものに『13の調合薬』を定めました。
それらはほとんどが『性ホルモン剤』ですが中には薬として使用される、他の用途でも知られる『抗生物質エリスロマイシン』と3つの化学薬品を含んでいます。
それらは環境保護庁(EPA)が飲み水として規制の候補と見なしている『104の化学薬品』および『12の微生物』の汚染物質のリストとを連結させます。
これまで医薬はその12年の歴史でリストに達しなかった。
しかし医薬は現在、『それらの逆の可能性に基づいた、公共水道からの発生と出来事への可能性に基づく最新のリストが再利用目標化学製品の13パーセントを占める。』と環境保護庁(EPA)が言いました。
それらは『金属コバルト』、『ホルムアルデヒド』、『ロケット燃料成分過塩素酸塩』と『病原菌大腸菌』のような有名な汚染物質と近い地位を占めます。
『私は、一般大衆の主な懸念の原因に対するこれらが、今までの規定の研究アプローチから変化を示す動きになると考えます。』とコンラッド・ウォルズ【研究が性ホルモン剤で汚染される海から魚を食べる危険について疑問を提起するピッツバーグ大学科学者】は言いました。『今起こっていることはとても素晴らしいです。』
政府内の、および政府外の数人の科学者は環境保護庁(EPA)監査機関を実行するために、リサ・ジャクソン(ニュージャージー環境保護施設の、高い評価を受けた前センター長)の指名に、オバマ大統領とオバマ政府による人々の人体の健康に対する強い関心を結び付けました。
※しかしニュースは最後に政府への不信感のコメントで締めくくる。※
『私は、私達が、私達がそうすることが出来るのと同じくらい攻撃的にもなるのではと思います。私達はそれが大きな国家問題であると思い、そして私達はそれが一般大衆の大きな懸念であると思います。』と、ピーター・シルヴァ環境保護庁(EPA)の新しい水管理者が言いました。
【以上転載終り】


このアメリカ人の飲料水に対し最悪の事態についてこの報告書は続けます。

規制されなかった薬の中で、石油で結ばれた米国経済が依存状態から脱却する為に不可欠であると考えられる『リチウムバッテリー(電池)』産業の製造工程から出る、その変化する物質、不要の副産物、『リチウム塩』と呼ばれている物質です。

それが対象外となる心当たりの1つが『気分を安定化する作用があるため、躁病(興奮病)に限らず、双極性感情障害にも用いられるほか、単極性鬱病(うつ病)の難治例に対して 抗鬱薬の効果を増強するためにも利用されている』点です。

【参考日本サイト】
http://akimichi.homeunix.net/
ここに副作用が載っています。
※副作用※
・血中濃度が 2.0[mEq/l]を超えると意識障害や痙攣が出現するため、薬物濃度のモニターが不可欠である。
・尿崩症 diabetes insipidus
・リチウム塩は腎臓のアデニル酸シクラーゼを阻害し、ADHの作用を抑制するから、低比重の尿が大量に排泄される。
・小脳失調
・催奇形性
・疫学調査にて母体へのリチウム剤投与が児のEbstein型心奇形発症に関与しているとの報告がある。

・不整脈
・心電図上、T波の陰性化や平坦化がよく見られる。
・ほかにも振戦・脱毛・嘔吐などのさまざまな副作用を生じる。



ゾッとするような米国の大手宣伝メディアのこの報道では

それが国民の自殺率と鬱病率を下げることができると、この集団を麻痺させる際に想定された利益を宣伝することによって自国の人口へ給水を通して麻痺させるため、『リチウム』の為の『進歩した再教育キャンペーン』を開始しました。
epa3.gif
日本人に驚かされた過去は日本の大分大学の研究者が以前、精神医学の『英国ジャーナル』でリチウムによる彼らの調査結果を発表してレポートで自殺率が水(この危険な薬物:リチウム)をより大きく量を含んだ地域ではかなり低いと述べました。

そして先立って一般アメリカ人の飲料水の供給に『リチウムを添加』する『健康効果』を考慮するために、必要とされ研究者は更なる主要な研究を現在行っております。

【日本の報道:飲料水に含まれるリチウム量と自殺率低下の興味深い関係】
http://www.excite.co.jp/News/column/


しかしこのレポートでは、日本の推進後の本当の真実がリチウムを彼ら市民の給水に加える為の『スマーナ:テネシー州』(北アメリカの全てを供給するために)、そして西の『ポルトガル』(ヨーロッパ全土を供給するために)と日本で工事中の『ルノー&日産リチウム・バッテリプラント』から有毒なリチウム廃棄物の大量な量を取り扱うこれらの諸国の手腕で行うために、彼らの市民に対し、より多くの健康とは無関係であると工作しているのです。

【日産とルノーのリチウムバッテリー工場建設ニュース2009.12.8】
http://green.autoblog.com/2009/12/08/
leaf-battery.jpg
ルノーと日産は、彼らが相次いで次の数年で導入する電気自動車の全てを供給するためにリチウムイオン電池工場をヨーロッパに建設するつもりだったことは何カ月も前に知られるようになりました。
最初のバッテリプラントはポルトガルにあり、リスボンの既存のルノー工場の先の複雑な155マイル北にあります。
プラントには、2012から1年で50,000台の車両にパックを供給する初期生産能力があります。
同盟パートナーは100から160万をバッテリプラントに費やして今後は200万の新しい仕事を創出します。
自動車メーカーは2011年前半にポルトガルで電気自動車を供給し始めます。
そしてそこの政府は1,300の公的な帯電ステーションのネットワークを構築します。
施設の建設は2010年中頃に始まります。
これは第3の場所をルノー&日産バッテリ製造の対象に選びます。
他の生産施設は日本とスマーナ(テネシー州)にあります。
米国の建設、または生産の開始日は発表されませんでした。

※日産は何してるんだ!!借金が嵩みまくり遂にここまで落ちたのか....。
日産の工場がある神奈川県民は大変です!!病気になり、ハゲて、廃人になって死にますよ。※


【ちなみにリチウム [lithium]とは?】
アルカリ金属の一。元素記号 Li 原子番号三。原子量六・九四一。銀白色の軟らかい固体金属。比重〇・五三四で金属中で最も軽い。炎色反応は紅色を呈する。原子炉の制御棒、合金などに用いる。
それをお飲みになるんです。(怖)



米国民のための、より悪いこの沈黙をロシア連邦連邦保安庁(FSB)のレポートが追加しています。

米国民が大量のリチウムを飲料水へほぼ18年間供給され、そして米国民はリチウムが
『体重増加』http://www.obesityinamerica.org/(米国の肥満専門サイト)
『甲状腺の破壊』http://thyroid.about.com/(米国の甲状腺病気専門サイト)
『チャイルド欠陥』【アメリカの110人の子供の1人は、自閉症にかかります。200912.21:http://news.xinhuanet.com/
の大きな原因となっている事が知られているように、アメリカ人の間で肥満、甲状腺の病気と自閉症の爆発的増加を引き起こしたという現状が、米国市民にひそかにリチウムを飲ませていた事実を述べているということです。

epa2.bmp
リチウムをアメリカ人に与えることにつながっている、これらの出来事について注目する面白い事は飲料水への薬物の供給が、過去の『アルコアの主要弁護人オスカー・ユーイング』が『世界の最大手アルミニウム生産者』と、ネズミを殺すために以前に使われた廃棄物である『フッ化物を入れよ!』と命令してアメリカ政府にキャンペーンをさせ、各都市の飲料水にフッ化物を供給し、フッ化物浸けの汚染者が『トリップドラッグ』を発見して報告したようにこの世紀で起こった出来事を皮肉にも現在に映しだすということです。

【参考:さてはてメモ帳さんより。】
http://mblog.excite.co.jp/
1947 アルコアの弁護士であるオスカー・ユーイングが、国家安全局( 後のHEW)の長官 に任命された。これは公衆衛生局を監督する立場である。彼はアルコアでは、アンドリュー・メロンに次いで二番目の権力者であったが、この立場を得ることで、彼が公衆衛生局を指図してこれを実質的に巨大企業の手先へと変貌させるとすることを完成させたのである。ユーイングの下でフッ素化キャンペーンは急速に具体化していったが、この先鋒をつとめたのも公衆衛生局であった。この後の3年間で87都市がフッ素化された。この中には、最初のミシガン実験で比較対照都市として選ばれたマスキーガン市が含まれているが、これで安全性のための科学的客観的な試験は、実験が半分も終わらぬうちに消えてなくなってしまったのである。

飲料水へのフッ化物の使用はフッ化ナトリウムによる『大衆を薬で治療している水によって、人間を断種する穏やかな提案』で人々に強制収容所を強いることができたとわかった『ナチス・ドイツ人』によって創始されました。
『米国空軍メージャー・ジョージ.R.ジョーダン』は1950年代にアメリカらしくない議会活動委員会により、米国とソビエト間の連絡将校としてのポストにおいてソビエトが、囚人を馬鹿にする為に、おとなしくする為に彼らの強制収容所(ドイツ人)の卑屈な給水において公然とフッ化物を使って入れたと証言しました。

このレポートはリチウムで米国全ての住民に薬物を投与するこの米国の計画が、市民のだれでもが『認可された水』が供給され、そして我々が以前『2009年5月8日の報告』で報道した『政府以外の何者でも使うことを違法にする水(雨水を含む)、あらゆるしずくを連邦化する』この動きの後の計画であると警告します。

つまりはこの新しく、恐ろしい法律は『米国』が『アメリカ政府』にすべての『水の所有権』を与えるということです。

2.2.jpg
【参考:市販ボトルウォーターの3分の1がただの水道水という暴挙。】
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/132432106.html
※ブログの中に、水の権利を連邦化する詳細が乗っています。

米国の政治的な宣伝メディア、銀行と産業の大実業家が自身の国家を破壊する継続的な努力において、数えきれない何百億ものドルを獲得し続けるあいだ、これら民族の数千万人が絶望的な貧困を強いられている中、公然と彼らに対して反乱を起こされ市民が結びつかれた有り様の、スーパーリッチ達の恐れの証拠は抗し難いものです。
【転載終わり】

水攻めまで繰り出してきましたね。
クリスマスだというのに『キチガイ』は365日休まず働いているようです。

とにかく水には気をつけてくださいね。
.....。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 21:37 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ネブラスカ米空軍基地を核攻撃

ロシア・スペース軍隊(http://en.wikipedia.org)は今日、ロシア正教会大聖堂でプーチン首相に米国軍事基地で防衛の為に使われた、特に悪評高いアメリカの『粒子線ビーム兵器』のうちの1つを使い、うまく撃ち落とし、『米国ネブラスカ州オファット空軍基地(U.SForces Offutt Strategic Command Base)』 がターゲットされた『巡航核ミサイルの攻撃』に耐えたと報告しています。
afa1.jpg
【ネブラスカ州オファット空軍基地】
空軍気象局(くうぐんきしょうきょく Air Force Weather Agency,AFWA)はアメリカ空軍の組織。空軍参謀本部下の外局であり、気象部長(Director of Weather)を通じ、航空・宇宙作戦担当参謀次長(Deputy Chief of Staff Air and Space Operations)の監督下にある。AFWAの任務は、空軍。統合軍をはじめとするアメリカ軍各部隊に宇宙天気予報も含む、軍事気象情報・天候予測を提供することにある。本部はネブラスカ州オファット空軍基地所在。人員は約1,100名。
概要
前身はアメリカ陸軍通信部内の気象部に遡ることができる。直接の前身となったものは1943年4月14日にアメリカ陸軍航空軍に設立された気象航空団(Weather Wing)である。これは1946年1月7日に陸軍航空軍気象部(Army Air Forces Weather Service)、3月13日に航空気象部(Air Weather Service)に改編され、アメリカ空軍の設立と共に空軍に移管された。冷戦期は軍事空輸軍団(MAC)の所管であったが、1991年に空軍参謀本部の所管に移されている。現在の名称となったのは1997年のことである。
組織は本部および2個気象群、1個センターなどから構成されている。
第1気象群(1st Weather Group,1WXG):オファット空軍基地所在、3個気象中隊からなる。アメリカ合衆国本土航空気象情報を取り扱う。
第2気象群(2nd Weather Group,2WXG):2個気象中隊および1個システム運用中隊からなる。宇宙およびアメリカ国外の気象情報を取り扱う。
空軍戦闘気象センター(Air Force Combat Weather Center,AFCWC):フロリダ州ハルバート飛行場所在。アメリカ各軍および特殊部隊と協力して、気象観測に関する新手法・技術の開発・試験を行っている。以上ウィキペディア参照

空中破壊.jpg
この攻撃する『AGM-129A巡航ミサイル』が破壊された時、その目撃者の内の一人『ネブラスカ州警察隊員:ジェリー・チャブ』が『Spaceweather.Com:通信社レポート』で報告したレポートによると
『火の玉と思われるモノが2秒ぐらい光って、揺れが続きました。』
それは3つの郡に広がる広範囲で地震の揺れを起こし、多くの市民によって『火の玉』のような『光の現象』と『轟音』『震動』を誘発するような報告があり、報告が物語る様に非常に強力な爆発でした。
afa2.jpg
【AGM-129 ACMとは?】
AGM-129 ACM(以下AGM-129)はAGM-86 ALCMの後継の核弾頭搭載空中発射巡航ミサイルとして、1980年代に開発が開始された現用の核弾頭ミサイルである。(※現在では通常弾頭装備のものも存在する。詳しくは後記参照。)
AGM-129にはALCMより長射程、高精度でレーダー断面積と赤外線の放出を大幅に減少させることが要求された。1984年3月にはAGM-129の開発名称が付与され、1985年7月に最初の飛翔試験が行われている。実戦配備は1991年(開発の開始年月日は未公表。) 弾頭にはAGM-86 ALCMと同じW80-1熱核弾頭を使用している。


『Spaceweather.Com:通信社レポート』
http://www.spaceweather.com/
epicenter_strip.gif
ネブラスカでの奇妙なイベント:
中部標準時午後8時54分/12月16日に、USGS地震計は『マグニチュート3.5』の地震を観測しました。震源地はネブラスカ中心近くです。
しかしそれは報告によると5回大きな音を轟かせました。
『報告者ローリー・ライリーによって運転する大きい穀物坑内の石炭運搬車のように聞こえました。
彼は震源地の近くで生活してます。
家全体が揺れました。私の子供は階段から恐怖を感じる程に浮かんだといいます。
それはローリーの車さえ氷で滑ったかのように動かしました。』
そしてこの後、本当に奇妙なことは起こりました。
地震の数分後に、およそ中部標準時午後9時に稲妻のようなフラッシュは、地震の領域のまわりで空を照らしました。
警察署とテレビ局の電話は『明るい明り』、『大きい響き』と『震えている地面』の報告で鳴りました。
空を観測している人は南東部ネブラスカでだけでなく、近隣のオクラホマ、ミズーリとカンザスでも、"緑色の射光"による"明るい火の玉"が北西から南東へ移っているのを見ました。
現在当局は写真や情報の提供を呼びかけています。
以上転載終わり。


他のレポートが、『ネブラスカ米国地質学的部門(USGS)』が『巡航核ミサイルが破壊』されると即座に、午後9時00分の現地時間の直前に『M3.5の大きさの地震を登録』したと報告して、この『巡航核ミサイルを撃墜』することを現す『警官チャブの説明』をさらに確かめてください。
『ネブラスカ州警察隊員:ジェリー・チャブ』のニュース
http://www.ketv.com/

ロシアの軍事評論家はレポートで、この巡航ミサイル破壊の数時間前に北アメリカを保護【イランの核ミサイル攻撃に対してこのシステムをテストする為の装いの下で】しているミサイル防衛システムを起動させたアメリカ政府によって、攻撃が予想外な出来事でなかったとさらに述べます。

そして発射されたの『粒子線ビーム兵器』のうちの1つで破壊することは、世界のこの地域をモニタしているロシア宇宙軍の軍事衛星によって記録される紛れもない電子記録を公表しました。
afa4.jpg

『粒子線ビーム兵器』は具体的な目標に打撃を与えるために『原子・電子(例えば粒子線)』の極端な高エネルギー光を使います。
そしてその『原子・電子(粒子線)』で分子構造を崩壊させます。
『粒子ビーム兵器』は多くの小片発射体の手段により、特定の方角へエネルギーを指向する一種の指向性エネルギー兵器です。

※指向性(しこうせい、directivity)とは、音、電波、光などが空間中に出力されるとき、その強度が方向によって異なる性質のこと。また、それらを電気信号等に変換するとき、その利得が方向によって異なる性質のこと。

参考資料:http://ja.wikipedia.org/wiki/『スターウォーズ計画』でぐぐってね♪

米国サイトによる『粒子線ビーム兵器』の詳細。
http://en.allexperts.com/e/p/pa/

この最新の攻撃が先月デンバー国際空港にある秘密主義の中央情報局(CIA)を
同様にターゲット【11月20日の報告書の『デンバー核攻撃失敗、米国空軍はミサイルを空中で爆発させる』】した後の、その重要な攻撃の注目する第二の一つということです。

デンバー核攻撃のブログ
@http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/133987296.html
Ahttp://higasinoko-tan.seesaa.net/article/134059221.html

国家の支配権を求め、アメリカ合衆国で様々な力の派閥によるますます加熱した、緊迫した対立がこの最新の攻撃に至り。

オバマ大統領が『CIAパキスタン情報局(ISI)』の『撲滅』を命じていることであるとこのレポートにはあります。

過去8年間、諜報機関『CIAパキスタン情報局(ISI)』に後援された、我々世界が戦争に突入する為に用いられたのはこの『アルカイダ』および『タリバン組織』なのです。
binladen_bushblair.jpg
【そのCIAとパキスタン&サウジアラビアの繋がり『9.11暴露』ニュース:ByBBCニュース】
@http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/3755686.stm
Ahttp://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/3951615.stm
Bhttp://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/3970901.stm
詳しいサイト:http://www.oilempire.us/qaeda.html

インドの政府当局は、主要な『悪者』の一人がCIA工作員でこの計画に関係していたことをさらに報告しています。

その人物は『デービッド・コールマン・ヘッドリー』という名で、オバマ大統領に忠実な連邦警察(FBI)によってアメリカで捕らえられました。
しかしインドの情報将校が『ヘッドリー』にアクセスする許可を拒絶されています。

【インドムンバイテロの首謀者『デービッド・コールマン・ヘッドリー』がCIA工作員であるとインド当局が攻撃するデイリータイムズニュースより。】
http://www.dailytimes.com.pk/
【以下抜粋】
ムンバイテロに関してアメリカ人『デイビッド・コールマン・ヘッドリー』に質問する許可が米当局によって否定された後に、(今、インドの情報筋で主犯格のテロリストがCIA職員でありえたと嫌疑がかかっている)攻撃します。
インドの当局は、この3月インドへの、ヘッドリーが旅行に関する情報を共有しないために連邦捜査局(FBI)に腹を立てていました。
FBIはムンバイ攻撃が起こったとき、ヘッドリーがすでに監視中でいたことを確認しました。
ヘッドリーに対する告訴は、彼が攻撃を計画して実行するのを手伝ったと言います。
月曜日に上院の議論において、インド共産党マルクス主義議員ブリンダ・カラットはインド当局がヘッドリーの逮捕の後、彼との接触を与えられなかった理由の問題を持ち出しました。
シカゴへ旅立った一連のインド当局者はヘッドリーに質問することは許されませんでした。
米国はインドにヘッドリーの『ありうる引渡し』を議論することが『あまりに早まっていた。』とその後言いました。
ヘッドリーがインド最悪のテロ攻撃を計画することで起訴されているとすると、インド当局はそれが『おかしい反応』であると言いました。
『米国がAjmal Kasab【2008年11月26〜29日ムンバイ攻撃の間、生きて捕らえられる孤独なパキスタン銃撃者】への接触を与えられたのになぜインド調査団はヘッドリーとの接触を与えられないのか?』とブリンダは尋ねました。
『これが米国情報部の、フランケンシュタインの下腹部を露出させるのでこのような事をする。』と彼女(ブリンダ)は言いました。
内務大臣G.K.ピッライは、質問と彼の引渡しのために調査している機関NIA(National Intelligence Agency: 国家情報局)に言って、ヘドリーとの接触を求める努力を続けます。
以上転載終わり。


【その後のFBI調査ニュース。】
http://timesofindia.indiatimes.com/india/
デイビッド・コールマン・ヘッドリー、別名Daood GilaniへのFBI尋問は、初めてインドが知っていた情報を確かめました。
ヘッドリーが『パキスタン陸軍士官を勤める』事実は、これがインドに対してテロ攻撃を予定し、実行することでのパキスタン陸軍士官の参入による独立調査代理機関によるものの、ヘッドリーによってもたらされる最初の確認であるとFBI質問者に示されたと言いました。
これはヘッドリーの質問に関する情報を共有するためにインドを訪問したFBIチームによって、インド側に伝達されたと報道機関は言いました。

パキスタン側が彼らを“精神異常者”と呼んでいる軍当局者のテロ参加の言い訳を釈明する間、これは反インド活動において、パキスタン軍の聖戦戦士浸入とテロリスト一式との彼らの協同関係を露出させました。
以上転載終わり。


『ヘッドリー』から情報を聴取した米国FBI当局は、これらのテロ集団と共に活動する3人のアメリカ大使館役員を逮捕することによってさらに報復しました。

【米国大使館員逮捕ニュース。】
http://www.presstv.ir/detail
パキスタン治安部隊はアメリカの領事館で働いている3人の米国民を逮捕しました。
不正なナンバープレートを運んでいたので警察は法的な措置に乗っ取り、米国民を牢に入れました。
米国国民は、アルカイダとの嫌疑のかかっている繋がりでテロ攻撃を計画すことの疑いが理由で逮捕されました。
3時間に及ぶ取り調べの後、大使館員を解放しました。


報復したオバマ政府に対してCIAが現在、『重大な脅威』をもたらすという警告を出させたパキスタン人がその米国CIA工作員の懺悔(告発)を聞いたと確認しています。

【大使館員逮捕後のニュース。】
パキスタン政府はアメリカ合衆国『CIA』と、『総司令部GHQ』が連邦政府に対する深刻な脅威をもたらすと主張します。 :というニュース。
いわば米国による『NRO』が国家を脅威にさらすと報道。

http://www.presstv.ir/detail.

『NRO』についての日本のニュース。
http://www.news.janjan.jp/world/0710/0710264621/1.php

その後の日本のニュース。
@http://www.afpbb.com/article/politics/2675814/5053971

Ahttp://www.afpbb.com/article/
※米国CIA工作をテロをより自由化にする『NRO法案』はなくなりました。※

常にこのタイプの出来事のように真実を知るアメリカ人により、米国を保護する際に、米国市民に命じず、他の民族が米国の銀行機関と企業経営者に奴隷にされるのを見るように、これらを継続しようとする流れの行いが、つまりは政府・宣伝メディア機関による行いで他民族の命を決める采配を持っているという事です。

そして、自身の国が行う攻撃の情報を与えられないアメリカ人もいます。

また彼らの戦争を中東で拡大する為に、『CIA長官レオンE.パネッタ』のサウジアラビア王アブドラとの会談直後11月15日に、反乱軍からの報告書では120人以上を殺したイエメンで、米軍のジェット戦闘機は以後も攻撃を続けました。

【そのニュース】
http://www.reuters.com/article/idustre5be5g220091215
サヌア(ロイター)−イエメン・シーア派反乱軍は、彼ら(サウジ)の攻撃に加わって、火曜日に貧困アラブ国の北部急襲において少なくとも120人を殺す米国空軍を訴えました。
『米国空軍によって犯される野蛮な犯罪は、アメリカ合衆国の本当の様相を示します。』と、北の反乱軍はWEBサイトで(その人はイエメンでサウジアラビア戦闘機による攻撃をしばしば報告します)は言いました。
嫌疑のかかっている事件について、米国からコメントに対する即座の回答はありませんでした。
反乱軍(その人は近隣のサウジアラビアのイエメン軍軍隊と戦っています)はインターネットにその虐殺ビデオを掲示しました。
アメリカと同盟したサウジアラビア(世界最大の油輸出者)は、近隣のイエメンより増加する緊迫した情勢(アルカイダがより強い足場をそこで得るのを許さぬよう)がサウジ王国により大規模なセキュリティ脅威が形成された事に対して恐れを抱いています。
ジュネーブでは国連当局者は国連機関が対立に影響を受ける人々を助けるよう1億7700万ドルを訴えたと言いました。


これらのイベント全てにとって、それが米国の最終的な結果に関して我々の知ったことではありません。
そして人々(例えばこれらのアメリカ人)が、彼ら自身が、彼らが平和と安全の幻想を維持するために彼らの政府と宣伝媒体で嘘をつかれるのを許し続ける時、米国の完全な破壊が彼ら自身のこれまでの行いによりより早く近づくということです。
【転載終わり】

先の件、簡単に言えば
オバマCIA(ネオコン派閥)攻撃の核攻撃→最新ビーム兵器でCIA(ネオコン派閥)側が撃墜→
オバマがパキスタンCIA拠点を攻撃→芋づる式で悪党がインド・アメリカ・パキスタンを巻き込み逮捕→情報が漏れまくる→米国(CIA)の提案『NRO』がテロを自由化する危険があると改めて犯人の告発から分かり、インド最高議会でこの証言を元に可決しそうだった『NRO』法案を無効した。→今後もオバマ側とCIA側のバトルが進む→しかし他国を巻き込み他民族を虐殺しまくるアメリカに未来は無い。
という内容ですね。

オバマ側とCIA派閥(ネオコン派)の対立は今後も激しさを増すでしょう。
オバマ側はうまく『EU』とも連携を取り、
米国を掌握するようです。
今後どうなるかはわかりませんが、
来年からは大きく変化します。
まさしく絶大的な力を持つものが支配する
『武人』の時代になります。
今までの自由な民主主義は衰退するでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:32 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

『反乱に備えるように』オバマ大統領が米国・カナダ軍隊に命じるA

前回の続きです。
ctw2.jpg

残念なことに、警察国家の設立を通して自身の国家の損失に苦しめられる人々の安否など気にもせず、その連邦準備制度理事会による負債の為に米国民がお得意様(買手)になって、他の財政的実体を通して『新しいレポート(米国民の貯金は中国の債券市場の役割をします:http://blogs.wsj.com/)』
が語る様に、米国の継続的な節減によって中国と『米国を破綻させないため』に結合(中国が肩代わりした、巨額の返済の見通しが立たない米国債)し、必要なお金を米国はすでに自力で捻出する事ができていないことを示しているように、米国民の運命はすでに『閉ざされた』ように見えます。

31193776-31193781-slarge.jpg

米国民によってこれらのひどい行いが起こされているわけではありません。
2.2.jpg
現在の崩壊が、独立国家として民衆から選ばれた『オバマ大統領』によって設計されたということです。

そしてオバマ大統領は前大統領『ジョージ・ブッシュ』と結託して働き、大統領の権限を利用し、『インサイダーを銀行業務に詰め込み』、『ウォール街』に売り払って『選ばれたスーパーリッチの利益』のためにアメリカ合衆国の全ての経済の将来を略奪して、さらに信じられないことに違法な麻薬売買で動くお金『3,520億ドル』により一度崩壊している銀行を救済しました。

【オバマによるインサイダー商品がウォール街で品切れ状態という皮肉ったニュース。
映像もあります。2009.12.9ニュース】
http://www.rollingstone.com/politics/story/

【Drug money saved banks in global crisis, claims UN advisor
麻薬売買で動くお金は世界的な危機で銀行を救ったと、国連アドバイザは主張します
Drugs and crime chief says $352bn in criminal proceeds was effectively laundered by financial institutions
麻薬犯罪チーフは犯罪の収益『3,520億ドル』が金融機関によって巧みに資金洗浄されたと言います。】
http://www.guardian.co.uk/global/2009/
以下転載↓
アントニオ・マリア(麻薬犯罪に関する国連事務局局長)は、麻薬犯罪行為にまつわる収益『3,520億ドルが』金融機関によって事実上マネーロンダリングされたと発言。
世界的危機のピークにおいては、数十億ドルに上る麻薬資金が金融システムを生き延びさせたと国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長がオブザーバー紙に語った。
アントニオ・マリア・コスタUNODC事務局長は昨年、破綻寸前だった一部の銀行が利用出来る『唯一の流動的投資資本』は組織犯罪の収益だったとの証拠を確認していると語った。
彼によれば、その結果『麻薬取引利益3,520億ドル』の大部分は経済システムに『吸収』された。
これは危機当時の経済システムに対する犯罪の影響について疑問を生じるだろう。
また『バラク・オバマやゴードン・ブラウンを含む世界の首脳陣等』が、新しいIMF規制を要請するなか、銀行業界の追加検証を促すだろう。
ウィーンの事務所でインタビューに応じたコスタ事務局長は、情報機関や検察当局によって、『違法資金が金融システムに吸収されたという証拠を初めて知らされたのは約18ヶ月前だった』と語った。
『多くの状況において、麻薬資金だけが唯一の流動投資資本だった。2008年下半期、流動性は銀行システムの主要な問題だったので、流動資本は重要な要素になった』
UNODCに提示された証拠の一部は、『貸付が停止していた頃、犯罪組織の資金が一部の銀行を破綻から救うために利用されたということを示唆している』と彼は言った。
『銀行間貸付は、麻薬取引その他の違法行為による資金で行われていた。
一部の銀行がそのように救済された、とのサインがあった』
コスタ事務局長は、麻薬資金を受け取った可能性のある国、または銀行を特定することはせず、UNODCは問題に対処するものであって、責任を割り当てるものではないので、特定することは不適切だろうと述べた。
だが、『この資金は今や正式なシステムの一部であり、事実上マネーロンダリングされたことになる』と語った。
『銀行がお互いに資金を貸し付けたがらないために、システムが基本的に麻痺してしまったのは、(昨年の)その時だった。
システムへの流入が漸進的であり、一部銀行の株価の改善も漸進的だったことにより(違法資金)問題は実際よりも遥かに軽視されてしまった』
米系及び欧州系の大手銀行は、2007年1月から2009年9月までの期間に、不良資産と不良債権により1兆ドル以上の損失を出し、200社を超えるモーゲージ貸付機関が破綻した、とIMFは見積もった。
多くの主要機関は破綻するか、強制的に買収されたか、若しくは政府による取得の対象となった。
犯罪組織は利益の大部分を麻薬取引から得たと現在考えられており、その金額は3,520億ドルに上ると試算されていると国連は伝えている。
犯罪組織は伝統的に、利益を現金で保管しておくか、当局の摘発を逃れるべくオフショア口座に移動させてきた。
麻薬資金が銀行に流入したとの証拠は、『英国、スイス、イタリア、及び米国』の当局から提出されたと理解されている。
英国の銀行職員は『コスタ事務局長が有する自らの主張を裏付ける証拠の照会を求めるだろう。』英国銀行協会の広報担当者はこう述べた。
『我々はこの種の理論を裏付けるような、規制機関との対話には一切関わっていない。
システムには流動性が明らかに枯渇していた。また、この大部分は中央銀行の介入によって埋められた』
以上転載終わり。


更に新しい米国からのレポートが、世界のトップであり続けた『強国アメリカ合衆国』が現在『米国食物プログラム』の出費によっても解決されそうにない幼児の飢えの流行問題に悩まされる事態が物語る。
そのニュース:http://www.msnbc.msn.com/
米国で家や職のない人が集まり、最近名のつけられた『obamaville』の現象を起こすほど
世界のトップであったアメリカ合衆国市民の生活水準が切迫した状態だということです。
【そのニュース映像】
ようこそ『obamaville:オバマビル(オバマにより与えられた土地)』へ!!
ーコロラドにホームレスのテント都市ー

その現象は過去に見た『Hooverville』という名の、何千ものスラム街を生み出した大恐慌の厳しい時代を思い出させます。
『Hooverville:フーバービル(失業者収容住宅)』とは?
270px-Hoooverville_williamette.jpg
失業者収容住宅は、大恐慌の間、家がない人々によって造られるスラム街の俗称でした。これが伝えられるところでは、国を大不況に陥らせたその時の大統領『ハーバート・フーバー』の名をとって『フーバービル』と名づけられました。これはチャールズ・マイケルソン(全米民主委員会の広告チーフ)によって造り出されました。
失業者収容住宅は、一般に現代のアメリカで見られるテントの都市を記述するのにも用いられました。
by米国ウィキペディアより。


景気回復が順調に進行中であるという国家の宣伝報道を信じているアメリカ人のために新しく公表されたデータが、2年前から職を失う何百万人もの人がこれから先もそのほとんどの人が永久に無職であることを示します。

人々は公開される最新の失業者数を示すレポートで経済崩壊の『完全で冷厳な真実』を知られない為に、アメリカ政府は情報を模造します。

【ロバート・ライシュは、アメリカの仕事の永久の破壊を確かめます。】
http://www.washingtonsblog.com/
以下転載↓
『ロバート・ライシュ:前米労働長官』より。
経済が回復する時、結局は仕事が戻るという基本的な仮定は多分間違っているでしょう。
もちろん、若干の仕事は戻ります。
しかし誰も話したくないもない現実は長い間続く。
大きな不況が劇的に速めた経済の構造変化です。
そしてこのひどい不況の圧力の下で多くの会社は、永久に従業員給与の総額を下げる方法を発見しました。
企業経営陣は新しいソフトウェアとコンピュータ技術が、アジアとラテンアメリカの労働者をアメリカ人となんとか同じくらいの生産レベルにまでした。
そして、インターネットがよりはるかに多くの仕事を海外で効率的に外注化させられるということを発見しました。
これは企業経営陣が非常に低い賃金と利益を受け入れる気がない限り、多くのアメリカ人が再び雇われないことを意味します。
今日の公式失業者数はアメリカ人がすでにこの岐路に立たされている事実を隠します。
仕事を取り巻く新たな環境下で増大するその失業者数は、低い賃金を保つことの条件を飲まなければなりません。
それは高賃金の仕事が無くなり、現在は低賃金の求人のみという事です。
それでも賃金を減らすことによって失業を減らすことは、単に1つの問題を他の1つの問題にすり替えるだけの事です。
我々は仕事を取り戻すが、より多くの人々に貧困(家庭の生活費を不安定なものに変える)の格差(不信感)を広げさせます。
より多くのアメリカ人がすべての市場の商品を買うために必要なお金(賃金)と経済が作り出す事業(雇用)が欠如しているので、国の経済政策はより厳しい時間を要します。
ライシュは他の専門家がどのように発言したかについて報告します。
【ブルームバーグ・チーフ・エコノミスト・ブルース・カースマン】は『住宅から金融産業までの何十万人もの仕事[我々は仕事を得ましたが]の永久の破壊。』
【ウェルズ・ファーゴ証券・チーフ・エコノミスト、ジョン・シルビア】は『本当に会社はどんな生産レベルであっても労働者を雇いたいという経営意欲を減らした』と言いました。
そして彼はひどく言った。
『それは本当に、戦略的な変化(会社がどんな些細なレベルの利益であっても、売上高の為に少しの従業員を据えている)を楽しんでいるのです。』
そして【旧メリルリンチ・チーフ・エコノミスト・デイビッド・ローゼンバーグ】は一時的な完全失業者数は8月までに22万人を超えることはありませんでした。
それは現在810万人で、レベルは新記録を更新し続けています。
このデータ(−53.9%の最高記録が)は再び彼らが失業中になったと考えます。
つまりこれは永久の失職の表面化です。
言い換えると市場へ仕事は戻っていないのです。
その背景に対し、少なくとも6ヵ月(失業手当期間中)間仕事が見つからず探していた人々の数は8月以降更に倍になりました。
その数500万人、長期の完全失業者が現在全体のプールの記録33%を代表しています。
以上転載終わり。


最近、更に報告される恐ろしいレポートは、米国の科学者が歴史上で初めて恐怖を拭いさる新しい薬のない技術を開発したという。
新しく公表されたニュース(米国は人間の恐怖の感覚を司る脳の機能を消す実験を行い成功したという2009.12.11のニュース。http://www.msnbc.msn.com/
が2004年に公開された映画『エターナル・シャンシャイン』を現実にするものである。
index.jpg
【エターナル・シャンシャインの内容。】
もうすぐヴァレンタインという季節。平凡な男ジョエルは、恋人クレメンタイン(クレム)と喧嘩をしてしまう。何とか仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に行くが、クレムは彼を知らないかのように扱い、目の前でほかの男といちゃつく始末。ジョエルはひどいショックを受ける。やがて彼はクレムが記憶を消す手術を受けたことを知る。苦しんだ末、ジョエルもクレムの記憶を消し去る手術を受けることを決心する。手術を受けながら、ジョエルはクレムとの思い出をさまよい、やがて無意識下で手術に抵抗し始める…… 。


【転載終わり】
この技術により自爆攻撃をも恐れない最強の兵隊が誕生する。
なんと『キチガイ』と『キチガイに加担する科学者』はおぞましい事をしてくれる。

このロシアサイトを見る限り、オバマは『キチガイ』のままだという事か?
神殺しの国家『EU』まで取り込み、
米国民が暴動を起こせば恐怖のランド研究所が待ってましたとばかりに活動を開始する。

米国経済はもうボロボロ....
いよいよ差し迫ってきました。

肝心の日本はというと米国の差し迫った崩壊を知っている小沢が焦ってついに化けの皮をはいだ
いきなり大胆に行動しだした。

大人数の羊を中国に引き連れて日本を売国しに自費でご挨拶。
天皇まで売国戦略に駆り出す始末。

西松建設事件など犯罪を犯してもおとがめ無し、
小沢も米国の『キチガイ』同様治外法権のようだ。

売国しか脳が無いのか日本の政治家は?

早く、インド・台湾・東南アジア・中東諸国・南米諸国と共栄圏を築かなければ永遠に奴隷国家として終わる。

今の政治家には無理ですね....

なんか地震も頻繁に起こってきた。
小沢の完璧なる中国への売国路線に
日本の金を充てにしている『ネオコン派』が最後の脅しをかけているのか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:29 | Comment(2) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。