お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年12月17日

『反乱に備えるように』と、オバマ大統領が米国・カナダ軍隊に命じる

『Prepare For Rebellion』, Obama Orders US-Canadian Troops
『反乱に備えるように』と、オバマ大統領が米国・カナダ軍隊に命じる
2009.12.15日のロシアレポートから。


『NATO事務総長アンダーズ.F.ラスマッセン』との会談で今日プーチン首相に提示されたクレムリンからの書類によると『ヨーロッパと米軍の軍事同盟』が予期されたカリフォルニア州による2010年1月の『破産宣告』後に予想される『反乱』の事態に対処する為に『アメリカ・カナダのNATO軍隊』を利用する『オバマ大統領』からの『緊急リクエスト』を認可した。
225px-Anders_Fogh_Rasmussen_-_World_Economic_Forum_Annual_Meeting_Davos_2008.jpg
NATO事務総長アンダーズ.F.ラスマッセン


_46930615_-1.jpgラスマッセンとプーチン会談のニュース2009年12月16日の報道
http://news.bbc.co.uk
【NATO代表は、アフガニスタンのためにロシアのヘリコプターを依頼します。】
以下抜粋↓
『NATO事務総長アンダーズ.F.ラスマッセン』は、ロシアにタリバンとの戦いに勝つのを支援してもらう為にヘリコプターをアフガニスタンに提供するよう頼みました。
ロシア側は要請を考慮すると言いました。
セルゲイラブロフ外務相は、彼がロシアとNATOの間に新しい『対話のための準備』と言ったことを歓迎しました。
ラスマッセン氏の訪問は、ロシアと冷やされる関係の『NATO代表』によって最初のものです。
3日の訪問(『メドヴェージェフ大統領』と『プーチン首相(アニキ)』との会談を含む)はモスクワとの関係を強化する同盟の決意を意味すると、アナリストが言います。
以上転載終わり。


これらの報告書によれば、3番めに大きな米国州(ニューヨーク州)が『会計の緊急事態』を宣言し、その都市と町に7億5000万ドル以上の支払いを拒絶した後【ニューヨークの知事『デービッド・ぺーターソン』は先週宣言する『私は十分な発言が出来ない、州はお金を使い果たしました。』(なんか破産宣言に聞こえる。その記事:2009.12.14http://www.timesunion.com/確かに都市と郡や学校の運営資金や給与など7億5000万ドルの支払いが延滞している、知事は『支払いをカットするのではなくただ遅れている』と発言。)】、
オバマ大統領の予定されている反乱の恐れはカリフォルニア州【アメリカの最大の州】の経済状態によります。

しかしながら、ニューヨーク州の財政危機はカリフォルニア州と比較すれば色あせます。
ロシア経済学者が1000億ドルを超える驚異的な財政赤字(5年間で)を示す経済データは、
このアメリカ3600万人の市民に対し『社会的な混沌(カオス)』をつくるくらい急な予算削減を強いられる事になると警告しています。
【参考:カリフォルニアの財政赤字1000億ドルを上回るニュース:2009.11.18】
http://www.google.com/hostednews/
※このニュースでも『身の丈にあった生活』が必要といっている。

米国からの最近のニュースリポートは本当に予期される『反乱』に対しアメリカ軍の対応に参加する為『最低1,000にもおよぶ軍事車両』が集められている事と、この第2のニュースリポートが『ペタワワ(カナダ軍キャンプ:駐屯地)』からカリフォルニアへ向け軍隊の供給品と数千名の『カナダ特殊部隊軍』の大規模な動きを立証しています。

【軍事車両が列車で運ばれ集まっている映像】


【カリフォルニアに向かっている軍隊というタイトルのニュース】
http://www.thedailyobserver.ca/
以下転載↓
ctw4.jpg
2009年11月16日からの11日間にわたって、およそ700台以上の軍事車両は、カナダ軍基地から貨物列車に積まれます。
『タクスフォース1-10(特別部隊組織)』は2009年9月に発足し、現在2010年の初めに展開する予定です。それまでの間『部隊による社会レベルの演習』と『低レベルの軍事訓練』はカナダの『Petawawa(パタワワ駐屯地)』で行われました。
この配備のために行なわれている唯一高いレベルの訓練はカリフォルニアにある『フォート・アーウィン基地』での訓練です。この『フォートアーウィン基地』の回りのデザート環境(砂漠環境)がアフガニスタンに似ています。その訓練が2010年1月・2月と約7週間続くと予想されます。現在それは『1月4日〜2月20日』に予定されます。
その後、軍隊はアフガニスタンへの配備前に休暇と、他のトレーニングのため2月末には『パタワワキャンプ』に戻ります。
以上転載終わり。


ロシアの軍事評論家は、オバマ大統領が恐れていた【RAND 社[Research and Development Corporation](ランド研究所。アメリカの軍事戦略また,広く社会政策の調査・研究を行う民間機関。1948年設立。秘密の米国軍産複合体で最も強力な研究所)】の実施を決めたというこのレポートの更なる警告です。

警察国家の『青写真』とは『アメリカ合衆国警察の安全の為、正当化をもうけます。』、その構成は『ナチスドイツの秘密警察』に基づいてアメリカでの権限を作りました。
それは国へのどんな反対でも『コントロールして、混乱させる』組織『Geheime Staatspolizei(ゲシュタポ)』を強制するのです。
ctw3.gif
【ゲシュタポとは?】
ナチス・ドイツの国家秘密警察Geheime Staatspolizeiの略称。1933〜34年ゲーリング、ヒムラーによって設けられた政治警察で、のちに親衛隊(SS(エスエス))の「保安隊」(SD(エスデー))に統合された。その任務は政治犯の追及、つまりナチス国家に対する事実上の、あるいは潜在的な敵の摘発にあったので、法律を無視し、容疑者を強制収容所に拘禁し、拷問を加え、処刑すらした。この意味でナチス支配を支えた重要なテロ装置の一つであった。


【ランド研究所の実態についてのレポート。2009.12.10】
http://www.lewrockwell.com/
言うなれば、外国の『平和維持軍』がアメリカ警察のいる通りに割り当てられて、
警察からの必要に応じて、米国民の『私有銃』を没収すると言うことです。
犯罪者や疑いのあるものも必要に応じて『平和維持軍』に検挙されます。
平和維持軍の『ブルーのベレー帽』が町を巡回するようにそれは見えるが実際はホワイトハウスからの支持により、ゲシュタポが履いた『黒いブーツ』が町を巡回しているのです。

それにこの施設の発足メンバーがきな臭い。
終戦直後に、ランドの設立のために集まったメンバーのうち、Arthur Raymond(ダグラス飛行機のエンジニア)、Franklin Collbohn(彼のアシスタント)、EdwardBowles(MIT)の3人は東京大空襲に大貢献している。
ランドのサイトによれば、この3人は戦時中にペンタゴンでBー52での爆撃の有効性を高めるペンタゴンのプロジェクトに請われて参加しているそうな。
確かにランドの設立は1948年ではあるが、戦時中の活動と連続性は大あり。

※詳細:天才たちが集結していると言われるランド研究所。
ランド研究所は、第二次世界大戦後に米国空軍に要請によって民間非営利の独立研究機関として創設された。本拠地はカリフォルニア州のリゾート地サンタモニカである。
1950年代から60年代前半までは、核戦略を始めとする国防関連の政策研究がその活動の大部分であった。 80年代に入り、レーガン政権の登場とともに再び国防関連の政策研究のウェイトが高まり、一時は民生分野は国防関連の3分の1近くまでに低下した。
ソ連の崩壊と冷戦終焉を受けて90年代は国防関連の政策研究が急速に減少し、民生分野の政策研究が再び増大し、現時点ではほぼ半々の割合となっている。
ランド研究所のホームページには、このような推移がグラフで示されており世界の国際関係の動きと連動した姿が明確に現れている。
90年代には、ヨーロッパ・オフィスとCriticalTechnologies Instituteが新設され、21世紀へ向けてランド研究所もその性格を大きく変えた。
現在は国連を取り込み、世界各国の民間レベルに関与する世界警察軍隊の域にまで達したということですか。

以上予備知識終わり
ctw1.jpg


アメリカ国民への更に悪い事態は、オバマ政府による新しいヘルスケア立法に組み込まれている合法化プロセスです。
アメリカ国民が『仮想奴隷』になっているのを見て、『恐れてください、そしてオバマの最新のビックブラザー計画をとても恐れてください。』とタイトルをつける『FoxNews』からのレポートによって警告されています。
以下抜粋↓

『オバマホワイトハウスは、権力に酔いしれ、この国が過去から一度も見たことがない方法でアメリカ人に影響するよう監督して演じる政府機関の国家権力を拡大しようとしています。
米国管理人事局(OPM)は合衆国連邦政府の行政事務システムを管理する事の責任を負う『独立政府機関』です。あなたが連邦従業員であるならば、OPMによって管理される行政事務法の『規則』により、『規則』はあなたを支配します。
OPMへの主な料金のうちの1つは、すべての連邦従業員に提供される連邦健康管理を管理することになっていて、監督することになっています。(いわば福利厚生の健保か)
民主党の全国的な医療計画(ヘルスケア)の下において、米国人事管理局(OPM)は連邦医療職員を監督し管理することができます。
さらにOPMは同様に、連邦医療職員から処置を受ける『一般国民』への連邦健康管理も監督し管理するという加えられた権限があります。
それは何を意味しますか?
基本的に、そのアメリカ人は「公務員」として扱われるでしょう。あなたはその危険に気付いていますか?
多くの政府機関が私たちの生活を制御しようとすれば、それは、「オーウェル風」です。
「政府は特に知っている」それがこの「ビッグ・ブラザー」心理です。
市民の「世話」をするために揺りかごを提供するアメリカの運命を決定づける事が彼らの任務なのです。
そのようなシステムの下では個人は無意味になります。また、この状態は私たちがすべて依存することを強いられる実体になります。」』


【そのFOXニュース:2009.12.10】→http://www.foxnews.com/
【人事管理局(OPM)長官に同性愛者のジョン・ベリー氏をオバマは起用。】
http://www.worldtimes.co.jp/

かなり状況が動いてきましたね(汗)

年末で仕事が忙しいので今日はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
情報拡散の為、『ランキング』に参加しました。
クリックよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 11:22 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。