お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年01月30日

世界的銀行崩壊と世界大戦を知り、警備責任者が自殺しました。A

前回の続きです。

そして米国のリーダー:バラク・オバマ大統領があらゆる民族にとって差し迫ったアジェンダを知り、最も冷笑的な動きとしておそらく世界的な銀行システムを崩壊させるよう、今週、自身のアメリカの銀行システムを打ちました。

それは(偶然にも?)更に上がりさえする『ゴールドマン・サックスの従業員にすでに払われた猥褻なボーナス』を引き起こしました。
日本の報道:http://jp.reuters.com/


『大恐慌からあらゆる大きな市場操作』を計画して非難されたその『ゴールドマン・サックス』がこのメモで最も重要です。
己の為の選挙としてオバマ大統領の最高の貢献者(資金援助)であり、そしてオバマ陣営のほぼ全員の経済アドバイザーのトップに立つ人員(現在の米財務長官ティモシー・ガートナーを含む)がすべて前ゴールドマン・サックス経営陣だったのは言うまでもなく、スピーチとコンサルティング・サービスによりオバマの最高の側近に対して数十万ドルも支払っています

『ゴールドマン・サックス』が主要な財政的勝者であり続けるポイントに注目するのと等しい、重要なテロ対策ボディスキャナーによるセキュリティに関しての、アメリカ空港へのオバマの依頼(注文)によって『元ブッシュ大統領の国土安全保障ディレクター・マイケル・チャートフ』と共に誰が?(偶然にも?)『チャートフ・グループ』と呼ばれる会社を創設して、所有していますか?
それは『国土安全保障からの3人の前重役を含む8人のメンバー、CIA(中央情報局)からの2名、NSA(国家安全保障局)からの3名、FEMA(連邦緊急管理庁)からの1名、ゴールドマン・サックスからの1名』です。
200px-Thomas_Woodrow_Wilson,_Harris_&_Ewing_bw_photo_portrait,_1919.jpg
『トーマス・ウッドロウ・ウィルソン』
かつて『ウッドロー・ウィルソン:アメリカ合衆国の第28代大統領』は彼の身内に話す事により警告しました。:

『私が政界に入ったので、私は主に男性の意見を個人的に私に打ち明けてもらいました。米国で最も有力な男の何人かは、商業と製造の分野で、誰かが怖くて、何かを恐れています。彼らは力が非常に組織化され、どこかにあるということを知っています。そして、非常に巧妙で、非常に用心深く、非常に連結されています。そして、彼らがそれの非難において話すとき、彼らの息を超え上に話さない方がよいように、徹底して全面的です。』

klausschwab.jpg
『クラウス・シュワッブ博士』

そして誰の言葉が最大の注意であり、常に聞き耳をたてなければならないか?
『クラウス・シュワッブ博士』はウィルソンが警告したこの『力』のうちの1つです。

シュワップ博士がロンドン・ガーディアン通信社に向け先週書いたそれが物語っています。
そして我々は以下を読むことができます。:

『財政的な経済危機が社会的危機に発展するという恐れがあります。大変な時期が待ち受けています。我々は共に社会を保ちたいのならば、共同体意識と団結は以前にも増して重要です。この共産社会主義者(一員及び支持者を示す)の勇気は、投資家原則の基礎であります。我々は、その投資家原則を受け入れる必要があります。まさしく狭い社会の範囲ではなく、ましてや国家や世界的なレベルでもなく。』
(ワン・ワールドの実行宣言ですね。)
もちろん、いつものように米国民がこのような警告を無視し続けることは言うまでもありません。
_46837027_mcchrystalap226b.jpg
『ジェン・スタンリー・マクリスタル将軍』
しかしながら、彼らの宣伝メディアが何も知らせさえしないで、誰が彼らを非難することができますか?
例えば今週、アフガニスタンでの戦争がほとんどロスト(迷い・無駄になり・目的を失う)だと認めてた、米国の将軍のうちの1人がBBC通信社によって報告されたように、我々は以下を読む事ができてます:
http://news.bbc.co.uk/
『米ジェン・スタンリー・マクリスタル将軍』は『十分(必要)な戦い』があったと英国のファイナンシャル・タイムズ紙に話しました。
彼は全ての紛争の政治的解決が『回避不能である』と言いました。
カブール最高国連特使が闘士(好戦的な人物)だと発言したように、彼に批評が向けられました。』
悲しくもマクリスタル将軍は米国民のために、ちょうど今戦いを始めました.....。

米国民は全く、依然としてそれを理解しません。

【転載終わり】
忙しくて遅れました。

その他の参考:銀行ギャングたちは、如何にしてアメリカに第二次世界大戦参戦を強いたか  By Henry Makow Ph.D.【さてはてメモ帳さまより:転載すいません。】

それにしても
『ワン・ワールド宣言』はされましたね(汗)

武器商人の会議『ダボス会議』の決定により
世界はこれから共産化する。
一国一党制になる。
今度は世界全体が共産化する。
国も宗教も関係なくなる。

今の日本はワンワールドの為、
どちらかに組して戦争に参加しなければならない。
大局を見みれば中国にマネーを握らせたのも戦争軍備の為ですね。(大量のゴイム処分)
ガチンコで良い勝負をしなければ戦争で莫大に稼げないですから、
第2次大戦の日本に近い立ち位置でしょうか中国は....。
(この前の様に密告者(山本五十六)が中国内部にも居る事を忘れずに)
人民元切り上げも本当にいつでも出来るような気がする。(時が来れば)
自国の為にと知らずに乗せられて戦争したらまさに『ジ・エンド』です。
『キチガイ』は今回の戦争で最後にするようです。

はたして日本は小沢提督になるのか?
はたまた他の誰かが提督になるのか?
まさに、キチガイが作り出した世界の中で
利権争いの為、右も左も金と権力に溺れた俗物ばかりです。
政治家に潔白を求めるのは意味の無い事ですが、
ここまで落ちるとは....。
会社の派閥争いと同じようなものという事です。
今の愚行も知らないで関わっている人間が大半でしょう。
上司の命令と自身の食扶持(くいぶち)が無くなるんですから。
作られた道をただただ歩くだけ...

参考@:5年後【主要な連山改より。】

参考A:小沢一郎問題で思う:儒教的倫理観が日本のデモクラシーの成熟を妨げている。 (阿修羅投稿版)爆発的に熱いインテリジェンス状況説明です。【Ddog様:最高です!応援してます!!】

皆さんにも『戦争はペテン』を読んで真実に気づいてほしい。

どうすれば良いですか?
とありますが真実を多くの人に広めて下さい。

この世界に興味を持っても真実9割・嘘1割で騙す『キチガイ』工作員が
いるので気をつけてください。

真実だけチョイスして利用する程になれば最高です。

全部丸ごと信じて流されてないように気をつけて下さい。
工作員が言う様にして、
行き着く先がどうなるのかよくよくシュミレーションする事です。
本当にまじめな国民が皆、
安全で、幸せな生活が保障されるのかどうかを。

仮に戦争になって犬死にするよりは
『キチガイ』の頭を取る戦いなら僕は喜んで行きますよ。

皆さんは『マスゴミ』と支配ツールの『お金』と『株式市場』・国の『政府機関』を信じない事です。

参考:お金からの脱却:ドゥ・ナッシング! by 為清勝彦【さてはてメモ帳さまより】

参考:全て読むべし!!:いつも一緒(達人さま)

参考:秋月便り(誰でも勇気と行動力があれば参加出来ます。キチガイ工作員はいませんので安心して下さい。)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 23:55 | Comment(7) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

世界的銀行崩壊と世界大戦を知り、警備責任者が自殺しました。

2010年1月27日
世界的な銀行崩壊が近づき、ダボス会議のセキュリティ責任者が『自殺しました』
byソルチャ・ファール
gbc4.jpg
今日クレムリンで広まるFSB報告ではスイス世界経済フォーラムで警備責任者の『スイス警察司令官マーカス・ラインハルト』が、『ダボス会議』が総力戦に備え世界的な銀行システムの『最終的な崩壊』の計画を立てていたという事実を発見した後に自殺したとしています。
gbc1.jpg
『マーカス・ラインハルト(61)』はスイス・グラウビュンデン州で警察隊を率いており、火曜日の死の前の1984年から『ダボス会議』を警備してました。
gbc2.jpg
『世界経済フォーラム(WEF)』は健康と環境問題を含む重要な世界問題に取り組み、議論をするため、財界のトップ、国際的な政治指導者、選ばれた知識人とジャーナリストを一堂に介した、スイス・ダボスでの年次総会を確立した、最も有名な『ドイツ経済学者クラウス.M.シュワッブ博士』によって1971年に設立されたスイス・ジュネーブに拠点を置く非営利公益法人です。
250px-Klaus_Schwab_-_World_Economic_Forum_on_the_Middle_East_Dead_Sea_Jordan_2007_%281%29.jpg
『ドイツ経済学者クラウス.M.シュワッブ博士』
80px-Wappen_Ravensburg.svg.png
シュワップ博士を知る重要な手がかりは『FSB:連邦保安院(現在のロシア)』と『KGB:国家保安委員会(旧ソビエト共和国)』のファイルで彼にコード・ネーム『The Czar Maker:Maker(メーカー)皇帝』と名づけたように、彼が神聖ローマ帝国の自由主義帝国都市の最初の1つであるドイツの重要都市『Ravensburg:ラーベンスブルグ』で1938年に生まれてから『全世界の首脳部(リーダーシップ)』のために『用意された』西欧世界で最も強力な男の1人だということです。

全世界の首脳部のためにシュワッブ博士が得た『トレーニング(養成)』プロセスにおいて、フリブール(スイス連邦工科大学・エンジニアリング博士号取得含む)大学から経済学(最優等)で博士号を取得し、ハーバード大学とジョン・F・ケネディ政治学大学院の行政学修士で7つの名誉博士号レシピエントであり、名誉教授職はイスラエル・ベングリオン大学と中国・北京大学(中国の外交問題)です。

ドイツ・ラーベンスブルグに関する重要なメモは、他の『現代的な』自由主義帝国都市である『アムステルダム』、『ロンドン』、『ニューヨーク』、『香港』が今日の、総力戦の奈落に向け世界を暴落させるために使われる金融市場決定通貨と呼ばれるものの操作を通して人間社会を支配するために造られたモデルでありその中心的な役割を担っているということです。

またナチスドイツが第一次世界大戦の結末で連合国への降伏後に強要された『破滅的なハイパーインフレ』から国の再建を可能にする西洋マネーの『主要なパイプ』であった為、全く破壊せずに都市を残す必要があったため、第二次世界大戦での連合国による爆撃、または攻撃がラーベンスブルグに対しては『厳しい命令』で無かった事実が重要なポイントです。

150px-SmedleyButler.jpeg
『米国海兵隊少将スメドレー・ダーリントン・バトラー(真の愛国者)』
注:いいえ、あなたは戦争が如何なるものか分かっていない。
如何なる世界的な出来事において全く理解が及ぶものではありません。
誰が『フランクリン・D・ルーズベルト大統領』を、1933年の『ビジネス・プロット・クーデター(右翼アメリカ軍隊とナチスドイツが『同盟を結ぶ』ことを目的とする)』で転覆(打倒)することから救ったのか?
おそらくそれは『米国海兵隊少将スメドレー・ダーリントン・バトラー(真の愛国者)』によってベストに、明瞭に表現されています。

それは彼の本において『戦争は、ペテンです』で述べられます。↓
http://en.wikipedia.org/wiki/
『それは常にありました。
 おそらくそれはとても古くからあり、それは簡単に莫大な利益をもたらし、それは疑いなく最もきたない行為です。
 それはわずか1国家の範囲内で、それは利益をドルと命の損失で計算する唯一の人間です。
 それはわずかな『内部』グループだけが、それが何たるかを理解しています。
 まさしくその大衆の費用で、まさしくその少数派のために行われます。
 戦争から2、3人は、莫大な財産を儲けます。』

【ご参考に】:国家破綻研究ブログ様:http://gijutsu.exblog.jp/
【以下抜粋】
この年表は、とある帝国の簡単な近代史です。

1941-45 第二次世界大戦
1950-53 朝鮮戦争
1960-75 ベトナム戦争
(1979-89 アフガニスタン危機)
1991- 湾岸戦争(イラク)
2001-03 同時多発テロ・イラク侵攻

このように、この帝国にとっては「だいたい10年に一度は戦争をしないと国が持たない」であるかのように、戦争をする(させる)ことが運命付けられているのが印象的です。

では、なぜ戦争をする(させる)ことがこの帝国にとって必須なのでしょうか?

それは、「戦争」は、「財政政策(減税、財政支出)」「金融政策(金融緩和、金利低下)」に続く、最後の不況対策だからです。戦争は、単なる消費で、生産的な設備投資を伴わないので、景気対策・デフレ対策にはもってこいだと指摘する意見もあります。

1991年、2001年と来て、帝国が次の戦争の舞台として選ぶのはどこでしょうか?そして、いつでしょうか?

よく、考えてみてください。思い当たるフシは、ありませんか?

ナチスのヒトラーは、最初は民主的な通常選挙で選ばれたのです。その支持が当初あまりに大きかったため、憲法を改正させ、そして結果的に独裁を許してしまったのです。それは昔の話かもしれません。でも、歴史は繰り返すという観点から見て、「カリスマ的な指導者が、民主的な選挙で圧倒的な支持を受けて、憲法を改正しようとする」、そんな国が、最近、世界のどこかにありませんでしたか?

---

日本は、戦争をすべきではありません。なぜなら、戦場に行くのは、「これを読んでいるあなた」であり、「あなたの家族」であり、「あなたの大事な人」だからです。そして、前線の兵隊は、必ず、何割かは死にます。

大事なことなので、もう一度書きます。

戦争になれば、徴兵されます。徴兵されるのは、あなたであり、あなたの兄弟であり、あなたの子供です。そして、前線で命の危機にさらされるのは、「一番安い歩兵」と相場が決まっています。イラク戦争でも、最前線に送り込まれて、よく分からない方角から飛んできたロケット弾に被弾して死ぬのは、一番安い歩兵(州兵)なのです。この構造は、ベトナム戦争当時から変わっていません。

まだ理解されない方の為に、もう一度書きます。

もし、日本が戦争する(させられる)ことになれば、戦争に借り出されるのは、自衛隊だけでは済みません。必ず一般市民が徴兵されます。そして、あなたの財産はすべて召し上げられるだけではなく、命まで取られます。

そして、その戦争でトクをするのは、誰ですか?「あなた」でないことだけは、確かです。

ー以上抜粋おわりー

ラインハルトを自殺させた理由について、このレポートは続きます。

モニタリングによってダボス会議に出席する人々を保護する通称『全受動音響防御システム』が配備され、未確認の者によるものだと認識した音、またはドキュメンタリー【攻撃(銃のショット、カチカチいう音、爆弾、未許可地域での足音、その他の音)】を感知しました。

しかしそれは全てを計画している『全世界の政策立案者』の(誤って?)録音された『非常に機密な』会話であり、世界の銀行システムを崩壊させるというものでした。

gbc3.jpg
新型聴取システムでピックアップされた『機密に関わる会話(彼らの話を聞いたと推定される)』のラインハルトの検索と同時に、頭を後ろから2発の弾丸で撃たれ『自殺しました』
そして彼が得た記録の全てが『消されました』。
※あなたは自分の頭を後ろから2発もぶち抜くことが出来ますか?※

世界的な銀行システムの来たるべき崩壊にとって、それは『最大手評価機関スタンダード&プアーズ』と同様の、その加速的な動きで見えます。

『火曜日、日本の公的債務によりその信用格付けランクを下げる可能性があると警告し、財政を整えると発表する努力が新たな政府の下で減速していました。』
そしてアメリカ人が日本の公的債務以外で驚かされたことは、努力を怠る政府の、その新任の首相によって、鳩山由起夫は完全に『人々の意志』の存在でありながら、国から米軍を投げ出すという脅迫を続けました。

世界的な銀行システムに関して更に悪いことは、アメリカ合衆国が世界に対し急増する負債を処分することができなくて、昨年、その連邦準備制度理事会を通して自身の負債の80%以上を(米国民の税金)買っている事を示す新たなレポートがあります。

更にオバマ大統領に関して、非常に悪化したと警告された状況は、新たな武器セールスを台湾に発表することによって昨日、アメリカ最大の負債保有者である中国に逆らったことです。


仕事が多忙の為続きは後ほど。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆様コメントもありがとうございます。
勉強になりますww
時間が許す限りお返事いたします。(すいません)
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 12:52 | Comment(4) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

米国でふこん3

恐怖を煽るようですいません。
最近変に日本も海外も動いてますね(汗)
こんな事書きたくは無いのですが...

世界中で情報が漏れてます。
勇気ある関係者の、
命がけの努力でしょうか。

キチガイは確実に一枚岩じゃないんです。

なんでキチガイがブロガーを送り込んだ意味が分かった。
漏洩する情報を錯乱し、真実と嘘を巧みに織り込み惑わすのです。
たとえ宇宙人がいたとしても(僕はいると思ってます)タイムリーに都合良く助けてくれると思わない。
自分たちの問題を自分たちの手で片付ける事をしないで、居るか居ないか確証の無い物に全てを委ねる事自体キチガイの注文通りだと思う。
無気力になって何もしなくなったら思うつぼだと思ってます。
恐れず広め、阻止してやるのです。

トム・ヘネガンの爆発的なインテリジェンス状況説明

国際的なインテリジェンス専門家(トム・ヘネガン)は欧米の情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます。

* * *非常事態警報* * *
監禁下の連邦準備制度理事会
2010年1月22日金曜日
ATF-Logo2.jpg
ーアメリカ合衆国ー
米軍統合参謀本部との朝の会議の後、『バラク・オバマ大統領』が米国連邦準備制度理事会のロックを解除するよう注文したと現在報告することができます。
この動きは、緊急状況下で現在動いている米国財務省と同時です。
43605362.jpg
『ポール・ヴォルカー』と『バラク・オバマ』

『バラク・オバマ大統領』は現在の経済アドバイザー『元連邦準備制度理事会会長ポール・ヴォルカー』との朝の会談の後、連邦準備制度理事会のロックを外すよう注文しました。
そこにおいて、ヴォルカーはオバマに米国連邦準備制度理事会の新たな監査を示しました。
それは連邦準備制度理事会自体によって組織化され許可される、米国財務省直接の『ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー窃盗』を示します。

米国民に対する反逆罪
mb_economicswho-420x0.jpg
『バーナード・バーナンキ』、『ハンク・パールソン』、『アラン・グリーンスパン』
bush_clinton_070928_ms.jpgtimothy.jpg
『ジョージ・ブッシュ』、『ヒラリー・クリントン』、『ティモシー・ガートナー』

この米財務省への大規模な窃盗に参加するメジャーなアメリカン・ベースの罪人は
『現在の機能不全米国国務長官ヒラリー・クリントン』と一緒に、
『最新の監査密告流通連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキ』、
『元連邦準備制度理事会会長アラン・グリーンスパン』、
『元ブッシュ・FRAUD時代の米国財務長官ハンク・パールソン』、
『現在の米国財務長官ティモシー・ガートナー』、
『前ジョージ・ブッシュ・FRAUD大統領』は、
米国民に対し『別名:大きな財政的テロリズムに資金を供給します。』
0509_queen_elizabeth_getty.jpg
また、巨大な財政的ワイヤー(電信)詐欺の共謀加担者として英国君主エリザベス女王2世が密告の流通をしていると報告できます。

そしてそれは巨大なクーツ・イングランド銀行に盗まれた、米財務省資金から違法な電信送金(イングランド銀行へ)に対処しました。

注:エリザベス女王2世(ジョージ.W. ブッシュと元イラク–故サダム・フセイン–と同様に)イギリスのクーツ銀行で共同の預金口座を持ちました。

『エリザベス女王2世』は別名:現在イギリス王立委員会が調査中でいる4兆5000億ドルのポンジースキーム(ねずみ講)を女王が、ドイツの親類との間で調査を約束したためより多くの資金が行方不明で、英国財務省に女王はまだ説明をしていません。

質問:これは、別名ウィンザー家の終結により、現在のグレートブリテンを統治するのはハノーバー・ドイツ家と定めることができますか?
(トムの皮肉ですね。)

pa_queen_bush405x291.jpg
『共謀加担者ブッシュ・FRAUD&クイーンU』
eyes1-430.jpgOB-CR167_NSA110_G_20081113150541.jpg
『SMOKING GUN:動かぬ証拠』
6a00d83451586c69e20105370bd65b970b-800wi.jpg

『トニー・ブレア』ー『NSA』ー『NASA』は直接、操作と詐欺で投票を決めた『別名:電子選挙2000クーデター』と関連があります。
james-jones.jpg
『国家安全保障担当補佐官将軍ジェームズ・ジョーンズ』

『2000年正式にアルバート・ゴア大統領』を選んだ今、我々は『バラク・オバマ大統領』の『国家安全保障担当補佐官ジェームズ・ジョーンズ将軍』が、選挙でのNSA-NASA宇宙機関テストで2000年大統領選挙で当時の副大統領から票を盗むのに使われたイギリス国内での衛星テクノロジーを使いソフトウェア窃盗を許した、犯罪的な共謀に直接『動かぬ証拠』証拠で結ばれる『トニー・ブレア前英国首相』と一緒のオバマ大統領に『別名:Dunblaine小児※愛者』を贈ったと明かすことができます。
(アグネスに捕まるので※入れました。)

ジョーンズ将軍も、オバマ大統領にブレア政権がアメリカ合衆国への9/11『ブラック・オペレーション』攻撃について、この『プレ知識(予め精通している)』を関連づける証拠を提示しました。
それは英国政府の役割について、米国情報機関関係者から9/11脚本の証拠を隠そうとすることを含みます。
610x.jpg
HIGH Treason TRAITOR
Dysfunctional U.S. Secretary of State Hillary Clinton
注:ジョーンズは、オバマ大統領の前に機密扱いの英国諜報文書【WD-199】を示しました。
この文書によりオバマ大統領が、名の知られたブッシュ犯罪シンジケート・ファミリー・ビジネス・パートナー、現在の米国国務長官ヒラリー・クリントンを阻止しました。

関係があります:
公開される巨大なネズミ講詐欺
トム・ヘネガンによって
ーアメリカ合衆国−
連邦準備制度理事会の秘密の米財務省監査が完了したと現在報告できます。
それは、現在バラク・オバマ大統領の手です。

それをオバマの手中に納めない為、『現在死に体のホワイトハウス法律顧問「スカル&ボーンズ」グレッグ・クレイグ』と一緒に、『現在の大統領主席補佐官とイスラエルのモサド職員ラーム・エマニュエル』による努力にもかかわらずホワイトハウスで昨晩レポートをオバマは受け取りました。

注:オバマは、『彼の国家安全保障担当補佐官将軍ジェームズ・ジョーンズ』、『元連邦準備制度理事会会長ポール・ヴォルカー』、『前副大統領、2000年正式に選ばれた現在のアルバート・ゴア大統領』の全派閥だけでなく、『前米国ジーン・デイビッド・Levitteフランス大使』とホワイトハウスで昨晩夕食をとり、夕食でオバマと監査を概説しました。
米国財務省の大きい略奪に対処する為、軍の将軍に証拠を提示したあと、監査は1ヵ月前に米軍海軍将官によって命じられました。

注:ヴォルカー、ゴア、ジョンソン、ジーンは、米国財務省窃盗と9/11『ブラックオ・ペレーション』を含む、米国民に対して大罪を犯した『ブッシュ-クリントン-アラン・グリーンスパン-連邦準備制度理事会犯罪シンジケート・ファミリー』を裁判にかける為に、米軍海軍将官と連携として動きました。

アイテム:ゴア、ヴォルカー、ジョンソン、ジーンも、アメリカ合衆国で『事前に準備された9/11ブラックオペレーション攻撃』を組織化する際に『前違法なホワイトハウス居住者ジョージ.W. ブッシュFRAUD』との直接の共謀のため『米CIA遺産』と公務員『故ティム・オスマンは別名ウサマ・ビンラディン』による新たな『Smoking Gun:動かぬ証拠』証拠を密告し提示しました。

注:前ゴア副大統領は、コペンハーゲン(デンマーク)でのスピーチを【反逆罪の新しい『Smoking Gun:動かぬ証拠』証拠がオバマに提示されたとの事で、緊急でホワイトハウス・ディナーに出席するために】キャンセルしました。
続き:http://blogs.myspace.com/

我々は、オバマ大統領が『米国NSA(国家安全保障局)』全体を取り締まるよう命令したと報告することもできます。

英国情報部が『別名:アメリカ市民(愛国的な告発者)へのソナー・テクノロジー攻撃』を実行し許可した、現在の『別名:制御不能の英国の君主制』の脅威から国を解放するよう決心させました。

madoff_mugshot.jpgnm_stephen_friedman_090507_mn.jpg
『ねずみ講アーティスト・バーナード・マドフとスティーブン・フリードマン』

『有名な証券会社ゴールドマン・サックス』と『巨額のポンジー・スキームが置かれるイスラエル』に加え、我々は『連邦準備制度理事会に密告する、連邦準備制度理事会監査機関のポール・ヴォルカー監査』が、
『スティーブン・フリードマン』の為に『カバー・アップ(巨大な悪事を覆い隠す)』を行った『ニューヨーク連邦準備銀行』と、『違法なデリバティブ取引』、『バーナード・マドフ・ポンジー・スキーム』を結合した、巨額の資金洗浄を可能にしようとしている事を明らかにします。

最終的なメモ:最新の英国政府『FALSE FLAG(偽りの旗)』テロリスト警報に馬鹿にされないでください皆さん!
これは明らかに、世界銀行がすべての英国政府資産の凍結を防ぐ牽制(目くらまし)とごまかしです。

真実を言えば皆さん、最終的な、大規模な、財政的な対決が起ころうとしているならば、米国、フランス、イギリス軍隊は現在完全な核警報上に置かれています。
そしてそれは第三次世界大戦に至る可能性があります。

注:米軍は、『デフコン3』警報のままです。
zionist_bomb_art.jpg
『ベンジャミン・ネタニヤフ首相』のイスラエル政府が最高7つの(7)生物学的『最後の審判の日』爆弾を、アメリカ国内に密輸して米国NSAによりアメリカ政府と軍隊への恐喝のために使っています。
『国家安全保障担当補佐官ジェームズ・ジョーンズ将軍』がオバマ大統領に証拠『別名、イスラエルの不正行為の更なる財政的な暴露は、米国連邦準備制度に結びつきます。』を提示したとき、それは最初のトリガーを引く事になります。
Simulated_Bio_Attack.jpg
【以上転載終わり。】

何言っちゃってんのよトムさん(汗)
日本もアメリカも欧州もぐちゃぐちゃですね。

今回の難局も『フィーマ・キャンプ』を止めた愛国軍人により阻止出来るのか。

僕はゴア派でない愛国派を望みます。
だって温暖化詐欺をした『キチガイ』ロスチャイルド政権に変わるだけですから(汗)
ネオコン派がハード虐殺なら、
ロスチャ・欧州貴族はソフトランディング虐殺でしょうか?

アジアも自民・民主とキチガイ2択です。
それじゃいけない。

スズキ自動車のように、
インドを最大取引先として販売台数国内メーカー1位になったように、
日本国全てが取引先を変えないといけない時です。

じゃないとこのまま飲み込まれ共倒れになる気が....
アメリカも経済崩壊。
英国も経済崩壊。
中国も経済崩壊。

非常にマズイです....。

オバマの裁判も気になる....。
この記事見るとオバマはやはりゴアについたのかな。
暗殺の可能性も出てきました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 00:39 | Comment(2) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。