お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年01月06日

偽造クリスマス・テロ情報

It is All Unraveling

by Tom Heneghan
International Intelligence Expert
Tuesday December 29, 2009

* * * Late Breaking Report Below * * *
December 30, 2009 8:30 p.m.

2009年12月30日午後8時30分。
※もと※http://blogs.myspace.com/

umar-farouk-abdul-mutallab-alhaji-umaru-abdul-mutallabjpg-39c95081aecc18e9_medium.jpg6a00d8341c4df253ef00e54f7859508834-800wi.jpg
『CIA長官マイケル・ヘイデン(右)』+『アルハジ・ウマル・ムタラブ253便クリスマス・テロ容疑者の父親(左)』

アルハジ・ウマル・ムタラブ(NWA235便クリスマス・テロ容疑者ウマル・ファルーク・アブドルムタラブの父)が2008年前半、実際にCIAとその当時の長官『マイケル・ヘイデン』に会い始めたと現在報告できます。

会議の第1セットは2008年6月ごろ終わりました。
その席で『253便のクリスマス・テロ容疑者・ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』は当時の『ブッシュ・FRAUD運営の米国務省・ロンドン大使館』によって2008年6月16日〜2010年6月12日までの2年間有効のマルチ対応な入国観光ビザを交付されました。

注:『マイケル・ヘイデン(その人は以前反逆のNSA(国家安全保障局)を運営しました)』は、『ブッシュ・FRAUD』と同一で別個扱い出来ません。
そして、NSAが提案する憲法に反するPRE(プレ)9.11を開始しました。
それは2001年2月米国民への別名『恒星風』国内スパイ捜査網です。

我々は現在『マイケル・ヘイデン』が情報機関のレポートを『国土安全保障省(DHS)』と『連邦捜査局(FBI)』に渡す事を拒否したと明かすことができます。
それにおいてもテロリスト容疑者の父は『アルハジ・ウマル・ムタラブ』です。
自殺志願のイスラム過激派として彼の息子が選び出されたと考えられます。

image1897824g.jpg
『フランセス・タウンゼンド(左奥)』、『ジョージ.W. ブッシュ・FRAUD(中央)』、『マイケル・ヘイデン』、『カール・ローブ(右端)』
rove-bush-laughing-730589.jpg
『カール・ローブ(左)』と『ブッシュ・FRAUD』

我々は現在『マイケル・ヘイデン』がその時に、『違法なホワイトハウス居住者ジョージ.W. ブッシュ・FRAUD』、彼の『テロ権力者フランセス・タウンゼンド』と『次席補佐官カール・ローブ』が『ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』に関するこの情報を共有したと明らかにできます。

これは我々の前インテリジェンス状況説明で、クリスマス・テロリスト容疑者『ウマル・ファルーク・アブドルムタラブ』と『フランセス・タウンゼンド』を結ぶことを確認しています。

我々は更にナイジェリアのファーストバンクを運営していた、前会長『アルハジ・ウマル・ムタラブ(NWA253便クリスマステロ容疑者ウマール・ファルーク・アブドルムタラブの父)』が8年間以上CIAのフロントとして、そして中東とアフリカで様々なCIAの『ブラック・オペレーション』に融資をしていて、また直接的に、サウジアラビア王室とオイル利権の財政的な接点を持つと報告出来ます。
Map of the 2008 Mumbai attacks
250px-2008_Mumbai_attacks.svg.png
我々は現在、ナイジェリアのこのCIAフロントバンクがイエメンでのテロ活動において財政的な関連があったと明かします。
インド『False Flag(偽の旗)』テロリストは2008年11月にアフガニスタンとムンバイを攻撃します。
そして、それは少なくとも163名を殺して300人以上を傷つけました。

davidheadley_let3.jpg
『デイビッドC.ヘッドリー』は、別名『Daoo Gilani』であります。
http://online.wsj.com/シカゴ在住のアメリカ人(ミスター・ヘッドリーは『Lashkar-e-Taiba』と呼ばれているパキスタンに拠点を置くテロリストグループのターゲット特定を支援し非難される)...[]デイビッド・ヘッドリー(元パキスタン外交官と米国フィラデルフィアの名士の息子)パキスタンのエリート集団で栽培し、そしてワシントンに運び[] ...彼がヘロインをアメリカ合衆国へ密輸入して有罪判決を受けた1998年、しかし、当局と協力することによって長い懲役刑を避けました。
彼はパキスタンの為の『麻薬取締局(DEA)』後に秘密の事業を行いました。
http://topics.nytimes.com/

『デイビッド・コールマン・ヘッドリー』は、NWA253便クリスマステロ容疑者『ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』の『ハンドラ(取扱人)』として接触しました。

P.S:この重大なテロの時、『バラク・オバマ大統領』は『中央情報局(CIA)』と『米国国務省』の調査を命じました。

オバマ大統領は誰が4日間以上も、この情報機関のレポートを見せないようにしていたのか知りたい。

皆さん、我々はこの調査が完了されるより前に、誰がこのレポートをオバマ大統領から隠したかについて明かすことができます。

610x.jpg
『ヒラリー・クリントン』と『ラーム・エマニュエル』
610x.jpg
『レオン・パネッタ』と『ヒラリー・クリントン』
left pic Getty Images, right pic Reuters

それは、ほかならぬ
『現在の機能不全の米国の国務長官、敗者ヒラリー・クリントン』、『CIA長官レオン・パネッタ』、『FBI・ナチ・ディビジョン5・大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル』でした。

参照:それはワンタ-レーガン-ミッテラン協定の最終的な実現のオバマ大統領による大統領命令を施行させないよう、オバマ大統領をとても恐喝している『米国国務長官ヒラリー・クリントン』と『CIA長官パネッタ』、『大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル』と『パパ・ブッシュとジョージ・ブッシュ』と一緒にでした。

The_Great_Debate_Who_Was_Behind_the_Ruble_Follies_
June 17 1991Part 1a.pdf
http://stewwebb.com/

The_Great_Debate_Who_Was_Behind_the_Ruble_Follies_
17June1991Part 1b.pdf
http://stewwebb.com/

500x500_US%20Treasury%20Check.jpg
3024481318_78dae58961.jpg
米財務省U.S. Treasury DepartmentMark Wilson/Getty Images

注:我々は今夜あなたに報告したいです。
皆さん、その米国財務省は今日『LOCK DOWN:厳重監禁』下にありました。

我々は身近な米国マーシャル・サービス情報筋から『LOCK DOWN:厳重監禁』する事が、この重大な容疑者の存在により消えた米財務省資金に関係がある事を確認しました。
我々が昨晩あなたに報告したように、『米国国務長官ヒラリー・クリントン』と彼女のビジネス・パートナー『7.7ロンドン爆破テロリスト容疑者、阻止したとほら吹き偽造者:エヴァ・テレガ』は、『別名:テレギ』であり『別名:テレキ』であります。
Chris Matthews.jpg
今夜MSNBCは『Hardball(ニュース番組)』で『司会者:クリシー・プー・マシューズ』が再び、アメリカ合衆国で戒厳令を宣言しようと試みて、これまで存在しなかったテロに関して、奇妙な戦争を先導し続け、彼の社会病質人格が部族民的政治観を推進し続けました。
sean_hannity.jpg
pd_Hardball.jpg
『クリシー・プー・マシューズ(FOXニュースFBI情報提供者ショーン・ハニティの友人)』は、幾分取り乱すふりをし、危機感を煽り、憂き身をやつすことの演技を費やしました。

『クリシー・プー』が前回の報告で『国家破壊』、『選挙泥棒』、『コカインで鼻を鳴らし』、『米財務省資金着服』、『ヒラリは同性愛をクロゼットに隠し』、『無断欠勤の戦争犯罪人ジョージ.W. ブッシュ.FRAUD』に投票することについて2000年に公然と自慢した事を思い出すことが重要です。

※トムからクリシー・プー・マシューズへのメッセージ

大多数は大きな嘘である『9.11テロ』をもはや信じません。
米国の人々が不法にスパイされる事を望まない事と、『クリシー・プー・マシューズ』と共に最終的に米国民は、『ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー』も望んではいません。

米国民は誰が米国金庫を荒らしたか?
そして、誰がそれを可能にしたかわかっています!
                        以上。

我々の次のインテリジェンス状況説明(それはバーナード・マドフ・ポンジー・スキーム最新版で新たな観点の南アフリカを含みます。)をこの後も楽しんでください。
それは、現金賄賂を利用している『大学教授』から、『ナイキ&リーボック社』、大学フットボールを行う為に学生スポーツマンを招き入れる目的での『保険代理店形式のヘットハンティング現金賄賂』、『司法妨害』、『消失する電子メール』、警察『Red Squads:レッド艦隊』の使用と、『学校の格付け評価購入』を含む全体的なスポーツ・スキャンダル(それを、我々は以前報道しました)につながります。

これは結局『全米大学協議協会:NCAA』が調査中であり、現在主要な大学が税免除された状態から『国税庁(IRS)』とカリフォルニア州を巻き込むかもしれません。
我々は彼らが現金賄賂の受取人であったと想定すれば、報酬でピンチに立たされるNCAA調査者と一緒に、ABC系列会社の『ESPN』がこのスキャンダルを5年以上もかばって隠していたと報告することもできます。

その後のトムのレポート

2009年12月30日午後7時30分。

ヨーロッパのインターポールは現在、NWA253便クリスマス・テロ容疑者『ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』が実はケニヤで取り消された2つのパスポート『イギリス連邦パスポート』と『他のパスポート』を所有していたので、『ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』は当初の、
オランダアムステルダムからデトロイトへのNWA253便のフライトに乗り込むことができなかったのでは?
と報告しています。
capt.photo_1262039177399-1-0.jpg
クリスマステロ容疑者アブドルムタラブはチケット・カウンターにインド人の友人と荷物を預けました。

そして、アブドルムタラブとチケット・カウンタまで一緒に行った人物と空港ラウンジで1時間以上を過ごしました。

およそ1時間後に、クリスマステロ容疑者アブドルムタラブはイタリアのパスポートでNWA253便に乗り込みました。

ウマール・ファルーク・アブドルムタラブは実際にオランダ人の税関職員からパスポートを受け取りました。

注:アムステルダムのスキポール空港で、『同じ日』に諜報部らしい人物と疑いのあるテロリストによってパスポート作戦の実行がしやすい様に、オランダは長い間秘密の闇市場がうわさされました。

mi5.jpgmi61.jpg
我々は現在、253便のクリスマステロ容疑者『ウマール・ファルーク・アブドルムタラブ』が5カ国語を話し、流暢なイスラエル語を話すと明かすことができます。

アブドルムタラブがイギリスで通う学校は、伝えられるところ表向きは工学技術を学ぶという学校だが、本当の学校の顔は、心理学的な研究とマインド・コントロールを結ぶ英国の『MI5』と『MI6』でした。

最後に皆さん、我々はあなたに『前違法なホワイトハウス居住者ジョージW. ブッシュ.FRAUD』がグアンタナモ抑留者をイエメンに送り返した理由が、これらの『Yemenese:イエメニーズ』が実際にイスラエルのモサド資産であったからと知らせたいです。
これは9.11の日にニュージャージーで逮捕された件の、有名な『イスラエル人に踊らされる』『アーバン・ムービング・システム』そのものと関係があります。

bush-wanted.png
明らかに『ブッシュ.FRAUD』は彼らに、アメリカ裁判所ルームに出て欲しくありません。

これは、我々が『テロリストのメリーゴーランド」』と呼ぶものです。
obama22_14.jpg
5dancingisraeli.jpg

Israeli20connection20to20911.jpg

record_9-11.jpg
...情報源が、まるで彼らが爆薬を見つけたかのように、爆弾のにおいを嗅いでいる犬が反応したと言いました。
しかし、警官は何も見つけることができませんでした。
FBIは更なる検証のためにバン(ワゴン車)を押収したと、当局は言いました。

午後10時、爆弾処理班のメンバーはバンの中を採集して見つかった包装袋のX線写真を撮ったとSchmidigは言い、FBI関係者は警報を発表しました。

それは『大型ナイフ』及び『見張り番』と午後3時31分外部に伝えられました。


It read:『ニューヨーク....テロ攻撃....おそらく関連するものであるようにされる車両。』

世界貿易センターへのジェット旅客機の最初の衝撃の時に、『アーバン・ムービング・システム』によりニュージャージー登録による2000台の白いシボレー・バンはリバティ州立公園/ジャージーシティ/ニュージャージー州で後方で合図.....

『バンをもつ3人の人物は、最初の衝撃と以降の爆発の後祝っているのを見られました。
FBIニューアーク・フィールド事務所はそれを要請します、痕跡を握るため、バンの場所を突き止められるならば人物を拘留してください。』
galloway_article.gif

まぁ長くなりましたがこんな落ちですね。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 20:03 | Comment(0) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。