お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年01月11日

中国工作員の拡散A

先ほどの続きです。
ctu1.jpg

これらの中国のレポートが、そして不気味に、アメリカ合衆国と中国が地球最後の残る天然資源を奪い合う為に『衝突は必須』であると警告します。

早速それはオバマ大統領(そして彼に忠実なそれらの軍隊)へ向け、数週後にとても危険展開を見せました。
中国最高の海軍士官がイエメンとソマリアの間にあるアデン近辺に位置する湾に中国海軍基地の建設を提案した後、世界中で軍事プレゼンスを拡大している共産主義国がアメリカ人の脅威となる、この新たな大きな計画に中東諸国の参入を呼びかけました。
yemen080110.gif
『アデン付近の基地の地図』

多くが起こるイエメンの背景で、我々の2009年12月29日『オバマはCIAテロ・ストライキに対しバンカーへ急行しました。(英語)』の報告を見てください。

今週このレポートで強大な中国へと変貌するのが確かめられます。
それは輸出世界トップになり、全世界で最も大きな自動車市場となる事はドイツを追い越こすだけでなく、アメリカ合衆国をも追い越します。

【中国はドイツを追い越す ― 世界最高の輸出者になるためにと、WSJは伝えていますビジネスExchangeTwitterFacebookより】
http://www.bloomberg.com/apps/
Jan. 5 (Bloomberg) -- China overtook Germany to become the world’s top exporter in 2009, the Wall Street Journal reported, citing data compiled by Global Trade Information Services.
1月5日(ブルームバーグ)−中国はドイツを追い越した ― 2009年の世界最高の輸出者に向けた、ウォールストリート・ジャーナルは世界貿易情報サービスによって編集されるデータを公開し報じました。
China exported goods worth $957 billion in the first 10 months of the year, while Germany exported $917 billion, the newspaper said. The rankings are not expected to change after including November and December data, trade experts say, according to the Journal.
中国はその年の最初の10ヵ月で9570億ドルの価値がある商品を輸出しました ― ドイツが9170億ドル(新聞が伝える)を輸出する間に。(ランキング変動は無し。ー変わるのは 11月と12月のデータを含んだ後にと、取引の専門家はジャーナルに向け言いますー)
Last Updated: January 5, 2010 18:13 EST
最終更新日:2010年1月5日東部標準時18:13


【中国の新車販売1364万台、米国抜き世界一】
http://headlines.yahoo.co.jp/
1月11日21時1分配信 読売新聞
 【北京=幸内康】中国汽車工業協会が11日発表した2009年の中国の自動車新車販売台数は、前年比46%増の1364万4800台となり、中国市場が米国(1043万台)を抜いて、初めて世界一となった。
 中国の09年の自動車生産台数も48%増の1379万1000台と過去最高を記録。08年にトップだった日本は09年1〜11月で約714万6000台にとどまっており、生産でも世界一になることが確実だ。
 協会によると、政府が取得税の半減措置の対象とした排気量1・6リットル以下の小型車の販売台数が、71%増の719万5500台と大きく伸びており、政府の購入支援策が販売台数を押し上げた。
 12月単月の新車販売台数は、前年同月比92%増の141万3600台で、月間で過去最高となった。協会は、小排気量車への減税措置が12月末までだったことなどで、駆け込み需要が発生したと分析している。
 中国政府は小型車の減税措置について、減税率は縮小するものの10年末まで延長すると09年末に決めており、協会は10年の市場も前年比で10%程度伸び、1500万台に達すると予想している。
 一方、日系メーカーが独自に発表した09年の販売台数は、日産自動車が前年比39%増の約75万6000台と、トヨタ自動車の約70万9000台(21%増)を抜いて、日系メーカーで初めてトップに立った。ホンダは23%増の約57万6000台、マツダは41%増の約18万台だった。小型車の品ぞろえが充実したメーカーの伸びが目立った。


【我々は中国との戦いの状態にあります。
アメリカ人は中国人がすべてにおいて正しい事をしているのかというひそかな疑いを持ちます。我々をピーチクパーチク混乱させる間に何をしているのか。という2010.1.8ニュース】
http://www.foxnews.com/opinion/2010/01/08/
アメリカ人は思います ― 中国が米国を経済低下に追いやっていると。
アメリカの経済力を吸収し巨大化していると。
米国工業が殆どを中国への外注化(労働者)により、空洞化から国が貧困化する問題を報じています。
(日本も同じ傾向に向かっています....。)


様々な警告で継続して中国とは共存出来ないとアメリカ人に向け警告し続けたが、米国民は耳を傾ける事をしない。

特に信じられないのは米国の銀行家によってニューヨークタイムズが今日報告しているように、米国が貧困と飢餓(全て米国自身で作り出した事)経済底なし沼の状態へ突入し続けている状況にも関わらず、米国の銀行家に残りのボーナス(最高記録の額)を支払う準備をしています。
【その2010.1.9のニュース】
g-cvr-100109-bank-bonusus-4p.hmedium.jpg
http://www.msnbc.msn.com/id/
Goldman Sachs is expected to pay its employees an average of about $595,000 apiece for 2009, one of the most profitable years in its 141-year history. Workers in the investment bank of JPMorgan Chase stand to collect about $463,000 on average.
ゴールドマンサックスは ― 各々2009年(その141年の歴史で最も有益)に対して、その従業員に平均およそ595,000ドルを支払うことに。JPモルガンの投資銀行労働者は、平均しておよそ463,000ドルを得るそうです。


アメリカ合衆国からのさらに悪いレポートは世界の2番目に金持ちの男性『ウォーレン・バフェット(2003年に彼は米国の人々、米国政府に『時限爆弾』が原因で、爆発したら世界的に経済を崩壊させると『メガ破滅的な危険』を世界にもたらすと警告しました。)』によって米国に与えられる警告が、同様に身内と議員によって現在も無視されていることを示します。

この出来事全てで最も仰天する事はそうだと信じる事と同じくらい固く、かつての大国アメリカ合衆国が『CNN解説者:ジャック・キャフェリティ』によって述べられる、実際にこの世紀でナチ・ドイツのファシストによって全世界にもたらされた凶悪な脅威にさらされた10億人以上の人々や、自由の為にと先導した共産ソビエト帝国に直面した人なら誰でもが今日を、米国が『ジャンク(無価値)』に達する為、数えきれないほどのドル、数10億ドルの巨額を中国共産主義政権へ流し出す事によって米国自身の破壊の為に必死に資金を投資しているということです。

さらに驚かせるのは、実際に米国兵士が着用する600,000人分の軍事ベレー帽が『9.11攻撃に先立って』共産主義の中国工場に注文している米陸軍でした。
(発見された後、早急に撤回された政策)
http://findarticles.com/p/articles/
米政府により作られた『9.11』前の、2001.5のニュース
エリック・シンセキ将軍(軍参謀長)はこの夜政策を撤回して、兵士が共産主義の中国の低賃金工場で作られているおよそ618,000の黒いベレー帽をかぶらないと言いました。ー直面した― 議会からの批評を受けて、ポール・ウォルフォウィッツ副防衛長官は言いました。 ― 彼が軍隊に命じていると ― 軍隊に我々のベレー帽を取り戻すように。


この2009年からのアメリカへ渡った中国軍隊の目的を私たちが知った事ではありません。
それについて思索もしません。
しかしながら最も論理的な結論で、どの家主も管理会社が管理を誤り、賃料の踏み倒し屋によって破壊(潜在的)される自身の財産(資産)を保護したいと誰も思わないのだろうか?
どうやって賃借人を破壊したか?
アメリカ人は思わないのでしょうか?
【転載終わり】
十分に理解してる事と思いますがアメリカはいろいろな意味で崩壊寸前です。

中国は国営企業でしたたかに米国資産を取り込もうと、
国力を上げてスパイ活動をしています。

日本ももちろん標的です。

何度も言いますが別に人種差別をするつもりではありません。
これが彼ら中国人の文化であり、普通の行いなのですから。

ただ、ロシア人の彼女が言う様に、ロシアも日本も中国の文化には合いません。
フランスも中国受け入れは批判ですね。
合う合わないがあるのです。

お互いに草木一本でも奪い合うような付き合い。
それでいいと思う国同士がくっつけばいいのです。
日本企業ではユニクロなどですね。

本当にえげつないのです。
共産主義の末路はまさしく『ジャンク』です。

関係ないですが
近いうちに大寒波が日本にも上陸するそうです。
キチガイHAARPにより被害は日に日に増しているようです。
日本も人ごとではないので皆さん気をつけてください。
備蓄もある程度は準備が必要と思われます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ



posted by 東洸 at 23:05 | Comment(2) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国工作員の拡散。@

2010年1月10日
ロシアは、アメリカで何千人もの中国軍隊が『消えて行方不明者』が居ると報告します
byソルチャ・ファール
ctu1.jpg
ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)は前年度末(進行中)の報告で、中華人民共和国(おそらく祖国ロシアを脅かす事になる将来の世界的な大国)が『4,500〜5,000人』の警察を武装させたと今日ショッキングな報告しています。

この第2第3の特別軍隊は2009年アメリカ合衆国への秘密の『知らされない目的』の為でした。

この中国軍隊は、人民(共産主義)の中華民国すべての陸・海・空軍の統一軍組織で、世界最大の軍隊である全中国人民解放軍(PLA)の一部です。
ctu3.jpg
人民の武装警察(CPAP)は、主に中華人民共和国の一般人に対して責任がある警察官と消防隊員のほぼ700,000人の軍隊(準軍事的な力)です。

CPAP国境治安部隊も中国の陸・海の境界線(港と空港だけでなく)を守り、2009年8月に中国で初の『暴動、テロ攻撃または他の非常事態に対応する法令の権限』を与えられました。

中国参謀幕僚本部の第3機関は外国軍のテレコミュニケーションをモニタ(監視・スパイ)する役割を担っています。
そして、軍事情報に基づき分析結果を提供する事はアメリカ合衆国とアジア太平洋地域を含む広範囲な秘密情報収集ネットワークを持ちます。(日本も含む)

洛陽(ルオヤン)の人民解放軍(PLA)外国語学院も参謀幕僚本部の第3機関の管轄に入り、幹部員(学生)の訓練(外国の軍事情報をモニタリングする)を行うスパイ養成機関の役割を果たします。

中国の参謀幕僚本部の第2機関は軍事情報を集める役割を果たします。
活動は、海外の中国大使館の防衛駐在官が軍事情報を集める為に外国に行き、秘密の特別捜査官(在中スパイ)と外国で一般公開される情報分析業務を含みます。
ctu2.jpg
GRUは、第2機関(大使館/防衛駐在官)が現在アメリカ合衆国で軍事行動をしているCPAP(民間部隊)と、第3機関(外国語学院出のスパイ)軍隊を『確実に』統率するとレポートで述べます。

2008summit.gif
この共産主義国(信じがたいほどに)が『中国海船会社:COSCO(コスコ)http://ja.wikipedia.org/』つまりは中国人民解放軍のための商船が『ロングビーチ』、『カリフォルニアとボストン』、『マサチューセッツ』にあり、COSCOを通してアメリカ最大の2つの港をコントロール(支配・占領)して、このレポートが述べる多数の秘密軍隊が文字通り『一塊に纏まり』アメリカ合衆国に在中しているということです。

重要なメモに祖国ロシアが以前、中国との安全協定が『相容れなく』、それはロシアのどの港をも支配する中国の概念を拒絶したためにあります。

そして『不倶載天の競争者(競合他社)を援助することは、意味をなさない。』という経済根拠で加えられます。
(※ユニクロやシャープ・ダイキンにも聞かせたいニュースです。ロシアは国民の為、モラルの無い外資(中国)企業参入を線引きしてるのに、日本の売国政党民主党は線引きをしない。移民法で逆に多くを誘地しようとしてる。日本国が見習う政策です。※)

しかしながらアメリカは、そのような事が共産主義の中国に対し支配力を与えるとは思いもしません。
ですがこのショッキングな行いが、可能にも見え、それでいて真実にも見えます。
それは中国人が米国議員を買収しているという事です。
これはワシントンポストによって確かめられます。
g-cvr-100109-pelosichina.widec.jpg
『握手をかわすお金をパクッてるキチガイ女、ナンシーペローシ』
参照:http://www.msnbc.msn.com/
【『Beijing’s multimillion-dollar image-and-influence campaign pays off』
北京の数百万ドル・イメージと影響キャンペーンは、成果をあげます。というタイトルの
2010.1.9のニュース】
『10年前米国議員は、公的な中国海輸送社がスパイ活動の見せかけであったとして訴え、中国スパイがアメリカ合衆国をスパイするために企業の利用を恐れ、中国海輸送社のロングビーチ、カリフォルニア港ターミナルを拡大する計画を妨害しました。
昨年までは議会は愛国的な眼差しで中国国営の巨獣を見ていました。
しかし....。
200px-John_Kerry_headshot_with_US_flag.jpg
『ブッシュクリントン犯罪シンジケートファミリー・ブッシュ家の親戚・スカル&ボーンズのジョン.F.ケリー上院議員(マサチューセッツ州・民主党):http://ja.wikipedia.org
中国企業が何千人ものアメリカ人を雇用し、アラスカの海をきれいにし、美しい状態を保つ事の助けを称賛し決議しました。
lynch.jpg
『ブッシュクリントン犯罪シンジケートファミリー手先のスティーブン.F.リンチ代表(マサチューセッツ州・民主党)http://www.house.gov/lynch/
中国企業の誘地(住宅・企業フロア)を歓迎しました。
ヨーロッパの海運会社が出て行った後の、その最高経営責任者をアメリカ合衆国の『人々の大使』と呼ぶことはボストンの港と何千もの仕事で人々を救いました。

この議会の急な方向転換は連邦議会議事堂(長い間力ずくで押し通すその議会工作が、世界情勢で浮き彫りになる重要性に対し決してマッチングしない)に対する中国の影響力の劇的な増加を実証します。』

※このメンツ見てるとトム・ヘネガン情報にある、ブッシュクリントン犯罪シンジケートファミリーがまた中国の借金返済をこの売国協定により猶予されたという事ですかね。オバマ派閥(欧州)はいい加減に黙ってはいないでしょう。それにロスチャ派工作員のトム・ヘネガンも....。※

さらに上記を続けるアメリカ人に対する大きな脅威は現在、
中国がメキシコの広大なラサロ・カルデナス海港をコントロールしていることです。

ロシアGRU報告は現在そのメキシコ湾と米国を直接結ぶ『Trans Texas(テキサスへの) Corridor(専用通路):(TTC)』建設に、このつながりを通して推測する事は、それは中国人に有利に事を運ぶ様に選択をするという事です。
それはこの通路で4週間以内に500,000人以上の陸軍軍隊を北アメリカへ流れ込む事を可能にするのです。
ctu4.jpg
これらの中国のレポートが、そして不気味にアメリカ合衆国と中国が地球最後の残る天然資源を奪い合う為に『衝突は必須』であると警告します。
早速それはオバマ大統領(そして彼に忠実なそれらの軍隊)へ向け数週後にとても危険展開を見せました。
中国最高の海軍士官がイエメンとソマリアの間にあるアデン近辺に位置する湾に中国海軍基地の建設を提案した後、世界中で軍事プレゼンスを拡大している共産主義国がアメリカ人の脅威となる、
この新たな大きな計画に中東諸国の参入を呼びかけました。


長くなるので続きは後ほど。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 05:04 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。