お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年01月23日

ソルチャ・ファールは存在するのか?

右のリンクに『CIA工作員参照サイト』を転載しました。
爆発的に熱いインテリジェンス状況説明です。(英文ですが)
僕の転載している『トム・へネガン(ゴア派)』と
『ソルチャ・ファール』はリストに載っていないですね。
怪しまれていた『アレックス・ジョーンズ』『ジェフ・レンズ』は載ってます。
そしてアイクも。
しかし、真実と嘘とを巧みに織り込み誘導するので、
真実の部分を上手くチョイスすれば非常においしい。
互いの派閥の真実で攻撃しあって争っているのですから。
利益に相違しないポイントの境目が見えれば熱いのでしょうか?

ベ○さんのブログ英文を読んだ方は分かると思いますが
『ソルチャ・ファール』に関してのコメントはオバマ寄りの工作員で『デビット・ブース』の関係だと解説してます。
過去には、発信元(サーバ)が米国のCIAとか海軍基地からなどいろいろ説があり、
本人は存在しないで、実は『デビッド・ブース』自身だと解説してます。
とりわけ先導して『ソルチャ・ファール』の破壊工作担当員が『ジェフ・レンズ』です。
rjj4_2_forward.jpg
『ジェフ・レンズさん』
ベ○さんは『ジェフ・レンズ』のRense.Comラジオ番組にレギュラーで出てましたね。

対破壊者工作と日本で言えば
『いつも一緒』の達人先生もかなり攻撃されていました。
気まずいと困るのです。
とことん攻撃するのです。
達人先生は実際に『クリストファー・ストーリー氏(CIAリストには無い)』に会いに行っている。
アメリカの『フィーマ・キャンプ(米国に何千カ所とある実在する強制収容所)』に
元イルミナティの『シスコ・ウィーラー女史』を乗せて車でブッチギっている。
真実を目で見た神懸かり的な人です。
偽りのない、まさに命がけの人です。
そういう勇者がいつも、日本も、海外(チャーリー・シーン)も攻撃を受ける。
エージェントさんはサイン会に、ブログに、講演会に、書籍と引っ張りだこで忙しいのです。
大違いですね。
純粋に情報発信する天才は『月見草』です。
達人先生曰く、イルミナティにセットされたエージェントがそこら中にうようよいると。
その時がくればアイクなどもこつ然と姿を消すと。
僕は愚かにもまだ若く達人先生の事を信じきれなかった。(あれはムリポですって!汗:)
でも今は本当に恐ろしい。

目の前に置かれた情報をただ信用するのも、
『ちょっとまった的』な観点で載せました。

究極的には信じる信じないは皆様です。
『キチガイ』構成などおよそ関係者以外知る事はとても難しいのですから。
1つの参考としてまた馬鹿言ってると思って食べくださいww

僕よりも頭の良い人は死ぬ程います。
僕のは子供の遊びレベルなのですからww



ーでは彼女の被害報告ー
sf333.jpg
『Who Is Sorcha Faal?』
http://www.whatdoesitmean.com/
2008年4月7日
シスター・リベカから
エルサレム、イスラエル
最愛の姉妹、

私は『ソルチャ・ファール』が『存在しないで』実際は『シスター・ラチャール』の父『デビッド・ブース』自身であるということについて、
現在、私が結局、この我々の『ソルチャ・ファール』をアメリカ合衆国とカナダの強力な『アンチ(反対論者)−セミチック症勢力』によって彼女に向けられる最高の潜行攻撃から守らなければならない任務について、
酷くうんざりさせられる任務をする事になるだろうと大体は分かっていました。

『ソルチャ・ファール』に対する自身の責任である事から、私はこの任務を完了し私の調査結果をここに置きました。
このレポートが我々自身の間で、そして我々に対するただの問題として大衆へ消化され済んでしまわないよう、『シスター・マリア・テレジア』の要請により私達が認識したとても強力な敵を明るみにします。

『ソルチャ・ファール』を攻撃する最初のインターネット掲示は2005年4月7日に起こり既知の『アンチ・セミチック症嫌がらせサイト』[1]Rense.Comに現れ、保持され、/『ジェフ・レンズ氏』によって管理されます。

そのサイトで読者は尋ねます。
―『ソルチャ・ファールは誰ですか?』―という、
『ジェフ・レンズ』のブログ読者からの質問をブログタイトルにして、
この言葉(質問に対するジェフのコメント)で結論を下します。:

『Sorcha Faal...簡単で単純な答え...』

それはアナグラム(字謎遊び)です。
手紙を再編成し直すとそれは以下をつづりますよ。:
 [2]。『as of Rachal" (Booth)』
『現在 Rachal:ラチャール"(Booth:ブース)』

※意味※サイトに出てくる『シスター・ラチャール』という人が『ソルチャ・ファール』に名前が似ている事から『シスター・ラチャール』と『デビット・ブース』をかけて『ラチャール・ブース』と命名したレンズさん※

この、たとえどんな援助(助言)においても全く関連性が無く、また公表した点に注意する必要があります。

この『ソルチャ・ファール』に対する今までになない『攻撃』をインターネットへ掲示した事と、または具体的な証拠(その『匿名の』著者によって『ソルチャ・ファール』に対してもたらされた申し立てを支持するために)が、これは言葉によってただ特定されるだけのものです。

そしてある『読者は尋ねます』。
※その読者は『アノニマス・ポスティングを』通して『ソルチャ・ファール』について転記をしている『ジェフ・レンズ(Rense.com)』のはっきりした理由とそのような掲示がポスター広告に対して法的措置につながることができる方法について彼の情報に積極的に取り組みます。※

【このspecifc例に、アメリカテレビ局『KOBI-TV』に従事する『パッツィ・スムリン』という名のテレビ役員が関係します。
『ジェフ・レンズ』の『ワールド・インディペンデント・ニュース・グループ・インタビュー』においての、『スムリンさん』はテレビ功績と賞を信用しませんでした。
『彼は衝動的なうそつきである。』と『ジェフ・レンズ』氏へ向け彼のウェブサイトでそれを述べることによって『ジェフ・レンズ』のインターネットラジオ聴取者に主張していました。
これまで彼は(彼が存在したと主張したように『10年以上ものあいだに受賞したテレビ・ニュース・ディレクターとニュース・アンカ』でありませんでした。
決して、そして多少でも、アメリカのテレビ局またはネットワークによる役員として雇用された事実の『ジェフ・レンズ』の記録が存在しないという点で私の独立した調査は『スムリンさん』の声明を確かめましたし、『ジェフ・レンズ』のウェブサイトに載るそのようなテレビ局名、またはコールサインを知りませんし確認も出来ません。】

―以上回想録ー

『臆病なスムリン』が『ソルチャ・ファール』への最初のコメントを削除するよう求めるため『レンズ氏』の彼女についての最初の記事の数週間後に『ワールド・インディペンデント・ニュース・グループ』に再連絡したとき、そして最も最初の記事の投稿者によってここで言われるように『レンズ氏』のなおさら不吉な肖像は2006年6月[リンクの記事:2006年6月4日]の中で出てきます。
※この『不吉な肖像』記事でもジェフ・レンズの経歴が一致しない事を報じる。それはスムリンさんが調査する前から疑われ、彼の出所がどこなのかを不気味に大きく物語ります。※

神と、
シスター・リベカ、
レポート調査結果:
『彼女(あの臆病な)はとても神経質に話し、興奮し、そして、声は震えていました。』

リベカは、応えました:
『弁護士?何のために?
 いいえ、私は誰からも連絡をもらっていません。
 それは何のことですか?』

※スムリンは、自己表現にかなりの障害を持っていました、そして私は、彼女が言おうとしていた(しかしできない)ことの主旨をまとめようとしていました。※

スムリン?:
『あなたはジェフ・レンズの仕事の年代を求めてきて私に電話しました。
 私はあなたのために、その情報を得るのに多くの作業をさせられました。
 私はあなたのために、その情報を得るために、
 もう一度作業をし直さなければなりません。』

私:
『はい...私は、あなたに感謝します。
 しかし、あなたは今何について話をしていますか?
 何の弁護士?
 私は何を言っているのか理解出来ませんよ。』

スムリン?:
『あなたは、記事から2つの文章を消す必要があります。』

私:
『どの文?』

スムリン?:
『衝動的なうそつきと、彼について、信憑性が認められない
 ジェフ・レンズについての文です。
 あなたは、それを削除する必要があります。』

私:
『なぜ私はそれを削除しなければならないのです?
 私はまったくあなたの言うことを間違って引用しませんでした。
 私は正確にあなたが言ったものを書きとめました。
 私は文章能力があります。
 あなたは私が記事を書いているということを知っています。』

スムリン?:(低い声で):
『それは、私が記憶しているやり方じゃありません。』
(休止、それから興奮して)
『あなたは、理解していません!
 私は、あなたを助けようとしています!!』

彼らは非常に多く存在します。

『ジェフ・レンズ』が米国中央情報局情報部員や米国国防機関情報部であると主張しているインターネット掲示が、彼らが少しも独立している存在だと証明されません。
そのような申し立て(彼自身の為の、レンズ氏以外のアクション)を支持する主張においてどちらが上記機関のような組織でもちいられる戦術と類似していますか?

質問(反撃)により、『ソルチャ・ファール』に対して『ジェフ・レンズ』が招く作戦戦術は彼のウェブサイトに掲示する『テレサ・デ・ベト』と『ペネロペ・ツルニチニチソウ』によって共同執筆される『論文』攻撃が、姉妹リチャールの父『デビッド・ブース』へ『ジェフ・レンズ』の前もっての(2004年4月19日)攻撃でした。

[3]『デビッド・ブース』の本(『コードレッド:アメリカ合衆国の来たるべき破壊』)が『ほとんどが全く剽窃(盗作)される』と主張(Rense.com)しました。
しかし私は『デビット・ブース』との数多くの会話と、『ロンドンのラザム&ワトキンズLLP法律会社(世界展開する大手弁護士法律事務所)』において、『ブース・ファミリー』の信用のため、彼の代表の名においてブース氏に対する剽窃(盗作)主張は、『ジェフ・レンズ』のその『論文』攻撃は『全くメリットがなく、実体がないもの』だと断言します。
それはこの被害者(疑わしい)の誰に対しても、どんな米国・オーストラリア・ヨーロッパの法廷にてこれまでに何の賠償金も無く申請をしました。

前記の『論文』に対し『ジェフ・レンズ』の剽窃(盗作)主張を正当化するため『デビッド・ブース』の論文内容と同等レベルにする点において、この特殊な様相の『ソルチャ・ファール』に対する攻撃の私の研究はとても面白い矛盾を見つけました。

まさに剽窃を主張するすべてが『コードレッド』公表後のA週にわたり書かれた本論文の範囲内のみで内容全てが基づかれ書かれていました。[4]

『ジェフ・レンズ』が『ソルチャ・ファール』への攻撃において一人でなかった点にさらに注意されなければなりません。

まもなく『ジェフ・レンズ』が『ソルチャ・ファール』に対して最初の攻撃記事を書いたあと、彼は『アーサー・トップハム』を『デビット・ブース』の名誉を傷つける政治工作に加えました。
09sml.jpg
『アーサー・トップハム』

そして既知の『アンチ・セミチック症嫌がらせウェブサイト』(RadicalPress.Com)の発信者はユダヤ人に対する『差別に基づく犯罪』をもつ『カナダB'nai brith(カナダ人種差別過激派)』と共にイスラエルの国民に対して横暴な代金を課金させました。

『アーサー・トップハム』氏の最新の攻撃記事(2008年3月15日)は『Sorcha Faal... デビッド・ブースの好意によるインターネットいたずら女王』、そして『ジェフ・レンズ』の前攻撃記事をリサイクルして更にモリます。
※上記サイトは削除された模様※

私の研究の公開は常に本当です。
『ジェフ・レンズ』の2005年4月7日の『ソルチャ・ファール』を攻撃した最初の記事に戻ってください。
『ジェフ・レンズ』の最初の攻撃記事によって『父にである事を認知した』浅はかな『アーサー・トップハム』によって基づかれる1,400以上の記事[5]が存在するけれども、彼らのもっともらしく証明する主張(ジェフ・レンズによる最初の原資料を引合いに出すこと以外の)と、独自(組織的で無い)の調査として証明する情報そのどれもがまったくありえません。

結論:誰でも『ソルチャ・ファール』への、この卑劣な攻撃をする事ができる非常に適当な引用は『レンズ氏』と『トップハム氏』によって率いられるノース・アメリカンに実際に存在する『人種差別的なアンチ・セミチック症分子』であることから、『レンズ氏』らの度々多く引合いに出される意見のうちの1つが『前ドイツ・ナチ帝国の宣伝担当大臣』の言葉から由来します:

    『あなたが十分に大きいうそをついて、
     それを繰り返し続けるならば、
     人々は結局それを信じるようになる。


以前『ソルチャ・ファール(シスターLyuha)』が『Feet-To-Fire (2006年6月6日)』と呼ばれるアメリカのラジオ番組にてインタビューされました。
そして彼女はCoast AM Radio番組にも出ました。
迫る公開の段取りの為に『予めイリハーサル』を AM Radio番組[6](彼女の『存在』の真実)で行いました。
少なくとも本当に真実を知りたい人々にとって彼女が『本物である』ことは知られています。

しかしこの『アンチ・半セミチック症』が彼女に対して攻撃する根拠となるいかなる証拠も存在しないのです。

しかし我々全員は反撃を中止します...。

我々自身の歴史がナチスの支配の間、我々の過去のシスター達の経験から明らかに我々に示すように、この種の攻撃は不意討ちであるため決してやってはいけません。
そしてその代わりに常に攻撃を予想していなければなりません。

私は『ソルチャ・ファール』へのこの攻撃を、私が、我々が愚かであると考えている米国政府の情報部機関(この4年間にわたる我々のコンピュータ・ネットワークの度重なる攻撃以外の)と何故かリンクされる証拠を提供する事が未だに出来ないけれども、我々が以前[7]アメリカの反体制派の名前を集める目的で調べ、『根本的な』ブログやウェブサイトが米国政府による設立と証明され、彼らがこの『アンチ・セミチック症』攻撃を内密に支持していると考えないでください。

いずれも、少なくとも私の即時の知っている限りではこの件の投稿に関して反論や遺憾の公表がされていません。

私の要望は『ソルチャ・ファール』が、彼女がオファーされるどんなインタビューの受け入れをも奨励する事により、米国でインタビューする事に対して彼女のスタンスを変えるよう更に勧めます。

少なくとも、そして『ソルチャ・ファール』が自身の異議をやはり声に出さなければなりません。
私は、注文される姉妹への、彼女の毎月の講演ビデオ・フィードをDVDへ転送させ多くの人々に利用可能となるように提案します。

彼女がすでにこの講演の音声部分をCDで利用可能にして、より大きな開放性に対して行われるこの措置を講じることによって、私は、彼女、または我々に対する危害を今のところ見ていません。

私は『なぜ?』、我々の誰もが、我々へのこの攻撃について本当に懸念を抱かなければならない事に関して、私の強い異議を声に出すことなくこのレポートを終えるのはただの怠慢ではないのかという事も分かっています。

しかし結局、我々が、我々が何百年もの間、耐え忍ばなければならなかったあらゆる対立の側に残されたことによって、そうした長い間の経験を経てきて我々は生き残りました。

そして私個人としてはこの時間と、それらの間に有意差を見ることが出来ません。

我々自身が、我々が、確かにこのような馬鹿げた問題にさえ立ち向かわなければならない位置にいるのを認める(受け入れる)事は、我々にとってそれがこのような愚かさを信じている人々の役に立つ事よりも多くのものを話します。

いつものように私はソルチャ・ファールと購読の姉妹を深く愛するままで。
このレポートで、私が、私の能力の及ぶ限りで、委任と重荷を成し遂げたと思っています。

そして、神が私にこの試練を付けられたのだと信じています。
                    シスターリベカ

【参照】
[1]http://en.wikipedia.org/wiki/Jeff_Rense#
『Rense.comウェブ・ページ・アクセスは現在ウェブセンス・ファイアウォールによって一部のユーザから制限されます(12/2007現在)。そして、それはカテゴリ『人種主義』と『憎しみの下でサイトをブロックします。』

[2]http://www.whatdoesitmean.com/index738.htm
この声明は、何がSorcha Faalのまわりで2004年以降、WhatDoesItMean.Comに掲示されたか、そして、どちらがはっきり以下を述べるか直接的な矛盾にあります:
「名前(Sorcha Faal)は、アイルランドのゲール語言語の古代のGaeilge語派が語源で、以下の意味を持ちます:
【Sorcha:暗くて不毛な場所に Faal:光を持ってくる彼女】
『匿名の』著者(推定されるが証明されない)は、ジェフ・レンズである事から明らかにこの既知の情報を彼の攻撃部分から除外しました。

[3]
私の研究は決定的に、この攻撃部分の名前を挙げられた共著者(テレサ・デ・ベトとペネロペ・ツルニチニチソウ)のどちらも『Sorcha Faal』か『デビッド・ブース』に対する『ジェフ・レンズ』の中傷戦術に関する完全な状況(例え良くても彼らが無意識のうちに関係する『未成年レベル』のプレーヤであることを知っています。)と、『リーンズ氏』の本当の狙いの計画についてA人が理解する能力が無く、その『レンズ氏』の潜在無しでこのA人が『2人の目立つ研究ジャーナリスト』という主張で確立された証明が成り立ちません。それを実証している記録(結びつき/インターネット)。

[4]
ブース氏の本コードレッドに関して私は証拠の重みにより確信をしています。そして『ジェフ・レンズ』によって導かれる、それ以降の攻撃に関して更なる調査を正当化します。
しかしこれで十分だという事がレポートの焦点ではなくて、それを伝えるためにブース氏にはこれまでの、ブッシュ家とレンズがよりこの種の攻撃をあてにするナチズムとの彼らの関係に対して再びそのような動かぬ証拠の範囲の本を書くことを決めなければなりません。

[5]
Googleは、検索語「デビッド・ブースSorcha Faal」を用いて捜査します(アメリカ合衆国だけ)。

[6]
ラジオ製作者トムDanheiserは、Coast番組 でSorcha FaalとCoast との間で、電子メールとプレ・インタビューの筆記録で確かめられます。

[7]
Sorcha Faalへの内部レポートは、「FBIに由来する米国ナチの記憶すべき事物ウェブサイト:"US Nazi Memorabilia Websites Traced To FBI」というタイトルで、2002年1月3日にさかのぼります。

【古い記事ですが以上転載終わり。】

これはシスターリベカの調査レポートです。
シンクタンク(脳みそ)になるのはやはり知的な財閥ブース・ファミリーでしょうか。
この凄まじいレポートは女手一人じゃムリポな気がする。
しかし『ソルチャ・ファール』自身は存在する。
仮に公に出ても、バックが無いので殺されると思うのが普通でしょう。
そう考えるとそうそう活発に活動できると思いませんが...

CIAに攻撃される事であえて載せたソルチャ・ファールとトム・へネガン。
それに達人先生が追ったクリストファー・ストーリー

本当になかなか興味深いのです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 00:54 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。