お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年01月28日

米国でふこん3

恐怖を煽るようですいません。
最近変に日本も海外も動いてますね(汗)
こんな事書きたくは無いのですが...

世界中で情報が漏れてます。
勇気ある関係者の、
命がけの努力でしょうか。

キチガイは確実に一枚岩じゃないんです。

なんでキチガイがブロガーを送り込んだ意味が分かった。
漏洩する情報を錯乱し、真実と嘘を巧みに織り込み惑わすのです。
たとえ宇宙人がいたとしても(僕はいると思ってます)タイムリーに都合良く助けてくれると思わない。
自分たちの問題を自分たちの手で片付ける事をしないで、居るか居ないか確証の無い物に全てを委ねる事自体キチガイの注文通りだと思う。
無気力になって何もしなくなったら思うつぼだと思ってます。
恐れず広め、阻止してやるのです。

トム・ヘネガンの爆発的なインテリジェンス状況説明

国際的なインテリジェンス専門家(トム・ヘネガン)は欧米の情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます。

* * *非常事態警報* * *
監禁下の連邦準備制度理事会
2010年1月22日金曜日
ATF-Logo2.jpg
ーアメリカ合衆国ー
米軍統合参謀本部との朝の会議の後、『バラク・オバマ大統領』が米国連邦準備制度理事会のロックを解除するよう注文したと現在報告することができます。
この動きは、緊急状況下で現在動いている米国財務省と同時です。
43605362.jpg
『ポール・ヴォルカー』と『バラク・オバマ』

『バラク・オバマ大統領』は現在の経済アドバイザー『元連邦準備制度理事会会長ポール・ヴォルカー』との朝の会談の後、連邦準備制度理事会のロックを外すよう注文しました。
そこにおいて、ヴォルカーはオバマに米国連邦準備制度理事会の新たな監査を示しました。
それは連邦準備制度理事会自体によって組織化され許可される、米国財務省直接の『ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー窃盗』を示します。

米国民に対する反逆罪
mb_economicswho-420x0.jpg
『バーナード・バーナンキ』、『ハンク・パールソン』、『アラン・グリーンスパン』
bush_clinton_070928_ms.jpgtimothy.jpg
『ジョージ・ブッシュ』、『ヒラリー・クリントン』、『ティモシー・ガートナー』

この米財務省への大規模な窃盗に参加するメジャーなアメリカン・ベースの罪人は
『現在の機能不全米国国務長官ヒラリー・クリントン』と一緒に、
『最新の監査密告流通連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキ』、
『元連邦準備制度理事会会長アラン・グリーンスパン』、
『元ブッシュ・FRAUD時代の米国財務長官ハンク・パールソン』、
『現在の米国財務長官ティモシー・ガートナー』、
『前ジョージ・ブッシュ・FRAUD大統領』は、
米国民に対し『別名:大きな財政的テロリズムに資金を供給します。』
0509_queen_elizabeth_getty.jpg
また、巨大な財政的ワイヤー(電信)詐欺の共謀加担者として英国君主エリザベス女王2世が密告の流通をしていると報告できます。

そしてそれは巨大なクーツ・イングランド銀行に盗まれた、米財務省資金から違法な電信送金(イングランド銀行へ)に対処しました。

注:エリザベス女王2世(ジョージ.W. ブッシュと元イラク–故サダム・フセイン–と同様に)イギリスのクーツ銀行で共同の預金口座を持ちました。

『エリザベス女王2世』は別名:現在イギリス王立委員会が調査中でいる4兆5000億ドルのポンジースキーム(ねずみ講)を女王が、ドイツの親類との間で調査を約束したためより多くの資金が行方不明で、英国財務省に女王はまだ説明をしていません。

質問:これは、別名ウィンザー家の終結により、現在のグレートブリテンを統治するのはハノーバー・ドイツ家と定めることができますか?
(トムの皮肉ですね。)

pa_queen_bush405x291.jpg
『共謀加担者ブッシュ・FRAUD&クイーンU』
eyes1-430.jpgOB-CR167_NSA110_G_20081113150541.jpg
『SMOKING GUN:動かぬ証拠』
6a00d83451586c69e20105370bd65b970b-800wi.jpg

『トニー・ブレア』ー『NSA』ー『NASA』は直接、操作と詐欺で投票を決めた『別名:電子選挙2000クーデター』と関連があります。
james-jones.jpg
『国家安全保障担当補佐官将軍ジェームズ・ジョーンズ』

『2000年正式にアルバート・ゴア大統領』を選んだ今、我々は『バラク・オバマ大統領』の『国家安全保障担当補佐官ジェームズ・ジョーンズ将軍』が、選挙でのNSA-NASA宇宙機関テストで2000年大統領選挙で当時の副大統領から票を盗むのに使われたイギリス国内での衛星テクノロジーを使いソフトウェア窃盗を許した、犯罪的な共謀に直接『動かぬ証拠』証拠で結ばれる『トニー・ブレア前英国首相』と一緒のオバマ大統領に『別名:Dunblaine小児※愛者』を贈ったと明かすことができます。
(アグネスに捕まるので※入れました。)

ジョーンズ将軍も、オバマ大統領にブレア政権がアメリカ合衆国への9/11『ブラック・オペレーション』攻撃について、この『プレ知識(予め精通している)』を関連づける証拠を提示しました。
それは英国政府の役割について、米国情報機関関係者から9/11脚本の証拠を隠そうとすることを含みます。
610x.jpg
HIGH Treason TRAITOR
Dysfunctional U.S. Secretary of State Hillary Clinton
注:ジョーンズは、オバマ大統領の前に機密扱いの英国諜報文書【WD-199】を示しました。
この文書によりオバマ大統領が、名の知られたブッシュ犯罪シンジケート・ファミリー・ビジネス・パートナー、現在の米国国務長官ヒラリー・クリントンを阻止しました。

関係があります:
公開される巨大なネズミ講詐欺
トム・ヘネガンによって
ーアメリカ合衆国−
連邦準備制度理事会の秘密の米財務省監査が完了したと現在報告できます。
それは、現在バラク・オバマ大統領の手です。

それをオバマの手中に納めない為、『現在死に体のホワイトハウス法律顧問「スカル&ボーンズ」グレッグ・クレイグ』と一緒に、『現在の大統領主席補佐官とイスラエルのモサド職員ラーム・エマニュエル』による努力にもかかわらずホワイトハウスで昨晩レポートをオバマは受け取りました。

注:オバマは、『彼の国家安全保障担当補佐官将軍ジェームズ・ジョーンズ』、『元連邦準備制度理事会会長ポール・ヴォルカー』、『前副大統領、2000年正式に選ばれた現在のアルバート・ゴア大統領』の全派閥だけでなく、『前米国ジーン・デイビッド・Levitteフランス大使』とホワイトハウスで昨晩夕食をとり、夕食でオバマと監査を概説しました。
米国財務省の大きい略奪に対処する為、軍の将軍に証拠を提示したあと、監査は1ヵ月前に米軍海軍将官によって命じられました。

注:ヴォルカー、ゴア、ジョンソン、ジーンは、米国財務省窃盗と9/11『ブラックオ・ペレーション』を含む、米国民に対して大罪を犯した『ブッシュ-クリントン-アラン・グリーンスパン-連邦準備制度理事会犯罪シンジケート・ファミリー』を裁判にかける為に、米軍海軍将官と連携として動きました。

アイテム:ゴア、ヴォルカー、ジョンソン、ジーンも、アメリカ合衆国で『事前に準備された9/11ブラックオペレーション攻撃』を組織化する際に『前違法なホワイトハウス居住者ジョージ.W. ブッシュFRAUD』との直接の共謀のため『米CIA遺産』と公務員『故ティム・オスマンは別名ウサマ・ビンラディン』による新たな『Smoking Gun:動かぬ証拠』証拠を密告し提示しました。

注:前ゴア副大統領は、コペンハーゲン(デンマーク)でのスピーチを【反逆罪の新しい『Smoking Gun:動かぬ証拠』証拠がオバマに提示されたとの事で、緊急でホワイトハウス・ディナーに出席するために】キャンセルしました。
続き:http://blogs.myspace.com/

我々は、オバマ大統領が『米国NSA(国家安全保障局)』全体を取り締まるよう命令したと報告することもできます。

英国情報部が『別名:アメリカ市民(愛国的な告発者)へのソナー・テクノロジー攻撃』を実行し許可した、現在の『別名:制御不能の英国の君主制』の脅威から国を解放するよう決心させました。

madoff_mugshot.jpgnm_stephen_friedman_090507_mn.jpg
『ねずみ講アーティスト・バーナード・マドフとスティーブン・フリードマン』

『有名な証券会社ゴールドマン・サックス』と『巨額のポンジー・スキームが置かれるイスラエル』に加え、我々は『連邦準備制度理事会に密告する、連邦準備制度理事会監査機関のポール・ヴォルカー監査』が、
『スティーブン・フリードマン』の為に『カバー・アップ(巨大な悪事を覆い隠す)』を行った『ニューヨーク連邦準備銀行』と、『違法なデリバティブ取引』、『バーナード・マドフ・ポンジー・スキーム』を結合した、巨額の資金洗浄を可能にしようとしている事を明らかにします。

最終的なメモ:最新の英国政府『FALSE FLAG(偽りの旗)』テロリスト警報に馬鹿にされないでください皆さん!
これは明らかに、世界銀行がすべての英国政府資産の凍結を防ぐ牽制(目くらまし)とごまかしです。

真実を言えば皆さん、最終的な、大規模な、財政的な対決が起ころうとしているならば、米国、フランス、イギリス軍隊は現在完全な核警報上に置かれています。
そしてそれは第三次世界大戦に至る可能性があります。

注:米軍は、『デフコン3』警報のままです。
zionist_bomb_art.jpg
『ベンジャミン・ネタニヤフ首相』のイスラエル政府が最高7つの(7)生物学的『最後の審判の日』爆弾を、アメリカ国内に密輸して米国NSAによりアメリカ政府と軍隊への恐喝のために使っています。
『国家安全保障担当補佐官ジェームズ・ジョーンズ将軍』がオバマ大統領に証拠『別名、イスラエルの不正行為の更なる財政的な暴露は、米国連邦準備制度に結びつきます。』を提示したとき、それは最初のトリガーを引く事になります。
Simulated_Bio_Attack.jpg
【以上転載終わり。】

何言っちゃってんのよトムさん(汗)
日本もアメリカも欧州もぐちゃぐちゃですね。

今回の難局も『フィーマ・キャンプ』を止めた愛国軍人により阻止出来るのか。

僕はゴア派でない愛国派を望みます。
だって温暖化詐欺をした『キチガイ』ロスチャイルド政権に変わるだけですから(汗)
ネオコン派がハード虐殺なら、
ロスチャ・欧州貴族はソフトランディング虐殺でしょうか?

アジアも自民・民主とキチガイ2択です。
それじゃいけない。

スズキ自動車のように、
インドを最大取引先として販売台数国内メーカー1位になったように、
日本国全てが取引先を変えないといけない時です。

じゃないとこのまま飲み込まれ共倒れになる気が....
アメリカも経済崩壊。
英国も経済崩壊。
中国も経済崩壊。

非常にマズイです....。

オバマの裁判も気になる....。
この記事見るとオバマはやはりゴアについたのかな。
暗殺の可能性も出てきました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 00:39 | Comment(2) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。