お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月13日

経済ハルマゲドンは近づきます、爆発するためにセットされるオーストラリアの『負債爆弾』として。

Economic Armageddon Nears As Australian “Debt Bomb” Set To Explode
経済ハルマゲドンは近づきます。
爆発するためにセットされるオーストラリアの『負債爆弾』として...
2010年2月10日
By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers
adb1.bmp
厳しいレポートがロシア連邦政府の副首相によって用意されます。
そしてメドヴェージェフ大統領の下の現在の蔵相アレクセイ・クドリンは今日、『負債爆弾』がその様に、オーストラリア政府が我々の世界を落ち込ませ『同類の、これまで誰一人として見た事が無い生活』に『爆発するようセットされ』突き進み、世界的な銀行システムが『経済ハルマゲドン』として近づいていると警告しています。
adb2.gif
オーストラリアの負債について重要なメモは、13.9%のそのGDPへの負債-比率が各国横並びの、他の西側が対応する比率より少ないが(米国:97.5%、英国:72.7%、ドイツ:86.6%、フランス:80.3%、イタリア:121.1%、そして227.4%の衝撃的な日本比率)[注:ロシアの負債-GDPへの比率は7.0%]、それは現在、すでに崩壊の間際で揺れる世界的な金融システムを支え続けることが出来ないとこのレポートにはあります。
Debt_gdp-ratio_US_China_UK_June112009.jpg
GDPへの負債比率:この処置はその負債の、今後支払いをする国の能力についてのアイデアを公表します。
国はその負債を払うことができないならばそれはデフォルトするでしょう。
そしてそれは国内・国際的な市場でパニックを引き起こすかもしれません。
GDPへの負債比率がより高いほど、よりその国はたぶんその負債の支払いをせず、より高いデフォルトの危険性があります。


ほとんど全ての、世界の中央銀行リーダーがオーストラリアの為に集まり、現在の世界的な銀行システムのために『最終的な碑銘を書くことになった』とレポートにあるように、この状況がどれくらい重大になったかこの週に明示されました。
オーストラリアのヘラルド・サン通信社によって報告されるように、この大部分の臨時会議を我々は読む事が出来ます。:

『世界的な景気回復能力に関して再び新たな恐れが世界株式市場を襲ったので、世界最高の中央銀行総裁は高官協議を始めるためオーストラリアに到着しました。
24の中央銀行と通貨当局(米国連邦準備制度理事会と欧州中央銀行を含む)の代表者は明日、明らかにされない場所で出会う為にシドニーに着陸しました。
昨年国際決済銀行によって組織され、2日間の会談は秘密に覆われました。
広範囲な安心感が法執行機関によってかき立てられたと信じられます。
イベントはアジアの代表団によって支配され、中国人民銀行、日本銀行とインド連邦準備銀行の総裁を含むことになっています。』


この経済危機が最初にヒットしたとき、この差し迫った世界的な銀行崩壊について世界中央銀行が死にもの狂いで食い止めようとする方法が、人々の知らぬ間であるという重要なポイントに注目し、オーストラリア政府は市民がお金を保護するために入れる場所の保証を取り除くことによって、自国市民の保護を終わらせる際にアメリカ合衆国と同じ道をたどりました。
【保証を取り除くのリンク先記事:訳】
オーストラリアは、銀行への資金提供担保を回収します。
AFP通信社
First Posted 13:40:00 02/07/2010
Filed Under:
オーストラリアは日曜日に、それが改善された為に銀行に保証として資金を供給する事をやめると言いました。
そして、世界的な財政危機の頂点で実施された経済対策を終えました。
会計係ウェイン・スワンは、財政的監査機関の議会がオーストラリアの銀行システム(財政が世界中で崩壊していた時)を安定させる為に必要不可欠だった処置を終わらせるよう勧めたと言いました。
『それは競争的な関係で我々の銀行に、世界的な資本マーケットへの連続的な接近を与えました。
そして、それはオーストラリアの経済を通して信用の流れを支える際に重要でした。』と、彼は言いました。
計画の下で ― 最初2008年10月12日に発表した ― 金融機関が手数料を払うならば、政府はオーストラリア銀行の卸売り負債義務を完全に保証しました。
スワンは保証(それは2010年3月31日に終了する)が世界的な財政危機の間、金融セクターにおいて競争を支援するのを助けたと言いました。
そして、それは著しく堅いより小さな貸手に打撃を与えます。
『国の保証なしでは、我々の銀行はより小額のお金も貸しませんでした。
そして借用者のための金利はとても高かったです。そしてより低級な発展と、より高い失業に至りました。』と、彼は声明で述べていました。
『それは地方銀行、住宅金融共済組合と信用組合を含む150以上のオーストラリアの認可された保証金=魅力あるある機関に、卸売り資金提供の確実性を提供しました。』
『保証は、非主要なオーストラリアの銀行が国際的なクレジット・マーケットから資金提供において320億ドル以上(米国の276億)を集めるのを許しました。』
財政的監査機関 ― それは中央銀行と財務省の長官を含みます ― の議会は、保証がもはや必要でないまでに状況が改善したと、その銀行資金提供の打ち切りに対して助言したとスワンは言いました。

【会見】つまりは国はもう保証はせず、潰れたら終わりです、倒産したら預金者のお金も返りません。FRBが見切りを付け、米国の銀行を捨てた政策と同じ道をオーストラリアも採用しました。期限は3月31日です。まさしく財政爆弾はセットされました。

adb3.jpg
更に悪いことにオーストラリア民族にとって、彼らの国の最大手金融業者(連邦バンク)は同様に彼らが、アメリカで対応する人に続いて愚かな預金者の卸売り窃盗から基本的に儲ける記録的な利益を報告することです。

オーストラリアの保守的な反対勢力金融スポークスマン:バーナビー・ジョイスが仲間のオーストラリア人に銀行システム崩壊について警告しようとしたけれども、彼の警告はケビン・ラッド首相によって早急に対処されました。
そしてロイター・ニュース・サービスによって報告されるように我々は以下を読むことができます。:

『オーストラリア政府は、同国が国債の近づく不履行のため反対勢力による、その論争の的となる金融スポークスマンの、それは自主評価の恐れがあるとしての告発から火曜日の選挙年告訴を拒絶しました。
『世界中の投資家はそのような意見が面白いとわからない。人々が冗談は抜きにして彼らをつまみ出す。』と凄まじくケビン・ラッド首相は議会で話しました。
『それはオーストラリアの、世界的な経済評判への危険度の高さです』』

adb4.jpg
しかしこのレポートはそれだけでなく、オーストラリアの『経済評判』が『完全に崩壊します』と全て警告されるように、その彼ら【その加盟国、ギリシャ、ポルトガル、スペインとアイルランドがある全欧州連合のもの】の国債にも不履行が近づいているほどです。
そして彼らのEU諸国により報告された、1760億ドルの露出をした米国の銀行とどちらがアメリカ合衆国の経済崩壊を加速させるのでしょうか?

[注:このような言及をすることが今のアメリカ合衆国でどれほど恐ろしい事になったかという例で、その市民が現在、政府『主人』に反対することに対して、よく考え直す為に拘束され、刑務所で最高10年を科せられる可能性があると報告されます。]

これらイベントの全てに関するメモで興味を持つ事は、影響力のあるアメリカの新聞『ウォール・ストリート・ジャーナル』が現在、読者にどのようにしてこの『世界的な-負債-爆弾の爆発』から身を守るのか?と警告しているということです。
そして我々は以下を読むことが出来ます。:

『投資家を起こしてください!世界的な負債時限爆弾が爆発したあと、あなたは訪れる経済無秩序状態の覚悟ができていますか?あなたは囲いの外で考えていませんか?間違った投資をしていない?明日ではあまりに遅いですーすぐに行ってください。
ハリー、ナンシー、ベンとバラクに対して、ラッシュ、グレン、ビルとショーンとの終りのないケーブル衝突を客観的に見ることから始めてください。
客観的に見るとロン・ポールの新Reaganiteイデオローグ、太ったキャット銀行家の反対政党とともに、サラ・ペイリンの保守党右派のティーパーティー革命家とともに、反政府運動を結束させ2010年の選挙(大統領を滅ぼすつもりでいる)に対する強力な前線攻撃をもくろむその全てが、そのようなもの全てがただのつけたし程度でしかありません。
2000年ドット・コム崩壊と、2008年サブプライム信用メルトダウンが組み合わさったものより大きい、巨大なものが間もなくやって来て、大規模な市場破裂を招きます。
そしてブルームバーグ-ビジネスウイークが以下を予測します。:
『結果は投資者あるいは選ばれた議員にとってきれいなものにはなりません。』


オーストラリアかアメリカの民族が、彼らの銀行システムの崩壊に気づいて、身を守り始めるはずならばそれが見受けられるはずだけれども、同じ身を守ることで過去3週の間『予想外に』辞任したという、世界的な大企業の50人以上のCEOとCFOに関しての報道がされているはずがありません。そして最も疑いなく、それが引き起こすこの先例のない財政的な嵐と荒廃のために彼ら自身と彼らの家族が準備をしています。
記事抜粋↓
!!! OVER 50 **UNEXPECTED** CEO & CFO resignations in the last 3 weeks!!!!!
Quote
I'm freaking. I can't remember this many heads resigning unexpectedly in such a short period.
Most notably are telecoms, banks and energy companies. People who would have insider knowledge if something huge were about to happen.
Please add any more you can find here. I stopped at 50 just to get it posted, but there are more, including lots of board members and other executives.
訳:私は麻薬使用で恍惚状態になっています。
私は、この多くの指導者がこのような短い期間に予想外に辞任するのを覚えていることができません。
ほとんどは、特にテレコミュニケーション、銀行とエネルギー会社です。
巨大な何かが起ころうとしているならば、インサイダー知識があるだろう人々です。
あなたがここで見つけるよりも、より多くの何でも知る事をここに加えてください。
私はちょうどこれを投稿するのにあえて50人で止めました。
しかし、たくさんの取締役と他の経営陣を含むより多くが実際にはあります。



1. Sun Microsystems
2. Royal Bank of Scotland
3. Bank Leumi of Israel
4. Lenovo
5. Wellpoint (on March 1)
6. Ingersoll-Rand
7. Gasco
8. Syntel
9. Motion Picture Television Fund
10. GrainCorp
11. Connaught Plc
12. Netplay TV
13. AgResearch
14. Zain Telecom
15. Ethan Allen Institute
16. Fahrney-Keedy Home & Village
17. Nordzucker
18. France Telecom
19. TransWorld Entertainment
20. Parlux
21. Medical Developments International Ltd
22. PBR (on March 1)
23. Aeropostale
24. Cook Islands Tourism
25. Uranium International Corp
26. San Francisco AIDS Foundation
27. Borders Books
28. YTB International
29. Western Australia Business News
30. Bergen Group Rosenberg
31. Phumelela
32. Bartow Regional Medical Center
33. NV Energy (CFO)
34. Shanda Interactive
35. NB Power
36. Empire Aero
37. Argentina Central Bank
38. Hong Kong Exchanges & Clearing (CFO)
39. Arbitron
40. Lihir Gold Ltd
41. Meredith Corp
42. Red Bull
43. Golden Harp
44. Endo Pharma
45. Nuplex
46. CLICO
47. Mirada (chairman)
48. Remedial Offshore
49. Abercrombie & Fitch Co
50. Commerce Resources (CFO)

【転載終わり。】

ふむむ...(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:21 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

テクノ奴隷制度

2010年2月6日
警告される『テクノ奴隷制度』のアメリカの時代は始まりました。

BYソルチャ・ファール

levitskaya.jpg
『アリーナ・レビツカヤ』
アリーナ・レビツカヤ大臣(ロシア連邦文部科学省で青少年の教育と社会的保護に関する国務省政策の代表)によって書かれるとても興味をそそるレポートは、アメリカ合衆国で彼らが子供たちのコンピューター・デジタル教育に関する教育下で管理下に置くための新たな研究が、アメリカ人の若い青年男女と子供達が他人とのどんな『通常世界』の対話でも『完全に機能する』ことがすぐにできなくなる『テクノ奴隷』となる『重大な危険』の状態を示しており、祖国ロシアが教育政策で採用してはならない(どんな形でも)と警告します。

アメリカで、このエリートクラスによってもたらされる『テクノ奴隷』の最も大きな危険は彼らが故意に古代文明諸国についての知識から切り取ったもので、それは『獣の刻印』と一般的に呼ばれるものから言及されどんな時でも『この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることも出来ないようになった(黙示録13:16〜17)』と警告している地球上で最も古い宗教的な写本に含まれている事とレポートでは伝えます。

[注意:『刻印』(獣の刻印の場合のように)のために使われるギリシア語は、『charagma』で、皇帝の名前と日付を押される印章でローマ帝国によって使われる商業的な文書に付随されます。]

このシステムの『実物展示PR』期間のあいだ、息子の幼稚園のクラスで聖書韻文を母親が読むことを一ヶ月間禁じた米最高裁判所の判決を含み非常に陰険なこれらの『テクノ奴隷』の教化に、事実上そうなるよう過去30年間にも及びアメリカで古代文明諸国についての知識を全てメモリから一掃し、任意の宗教学においてそれら主題に関する教育が禁止されました。
usa4.jpg

中略

しかし、このレポートで最も驚くべき記述は今週インターネットの最大手Googleの発表で米国国家安全保障局(NSA)との『協力』について警告する記述『最悪のシナリオ』によって先行されるセクションに含まれます。

それはアメリカ市民のプライベート・データ(電子メール・電話(携帯含む)・ウェブサイト訪問(入/出)・インターネット購入品、その他)に『裏アクセス』を許す来たるべき米国警察の新しいインターネット・システムと結合されるとき、彼ら全集団はこの『テクノ奴隷』が行う事が出来る、どんなささいな新たな主人(テクノ奴隷)に対する批評からも逃がさないよう全面的な『ホワイト・スペース・デジタル・ブランケット(覆う・もみ消す)』を直ちに受ける事になります。
(その後はポアですかね(汗))

internet1.jpg
[注:『ホワイト・スペース』がアナログテレビ放送に取って代わるよう言及する期間(日本の地デジと同じです。2011年日本も獣の刻印の管理社会になります。SMAPと一緒にレッツ人体タグ♪なんてCMが出るのでしょうか?)、米国民はそれが彼らの国の隅々の地方にまで深く入りこむことができる高速無線インターネット信号を普及・飽和させ用いるためにアナログを捨てるよう政府によって強制されました。
そして『米国国防省の米国国防総省高等研究計画局(DARPA)』のためにIBMによって作製される世界最速の『グラフェン・トランジスタ』と結合されるとき、それ(このレポートによると)はタグ付け(人体もしくは身分証明カードにバーコードを付ける)とすべてのアメリカ市民のモニタリングを許します。]
usa2.jpgusa3.jpg
アメリカ合衆国のエリートクラスの必要な要求でこれらの『テクノ奴隷』をつくることは、その最終的な崩壊に近づく全国民の経済状態によって明示される新しいレポートが現在、家を失った2000万人の中流階級のアメリカ人を除いてもう1800万人が家を失うと警告されるように、年内にデフォルトが近いことを示しているように状況は更にひどくなりました。

更に悪いことにこれらのアメリカ人のために彼らはまたこの来たるべき年の間に、世界のいかなる国も買わない3兆5000億ドル以上もの短期政府債務(米国全ての国内総生産のほぼ30%に等しい)の資金を出さなければならない状況であり、完全な国家破産が彼らの頭上にあることを警告します。
そして破滅的に通貨の価値の下落を引き起こします。

番号管理は一度記事にしました
米国で早々実行に移す具体的な活動が活発です。
日本も菅直人が社会保障と税の共通番号制度と称して獣の刻印を押そうとしています。
http://news.goo.ne.jp/article/
「社会保障番号」議論を本格化…検討会が初会合
2010年2月8日(月)22:44
 政府は8日、社会保障と税の共通番号制度の導入に向けた検討会の初会合を開き、番号制度導入に向けた議論を本格化した。

 2010年内に基本方針を策定し、13年度の導入を目指す。社会保障と税を一体的に把握することで、社会保障給付や国民負担の公平性を高めるのが狙いだ。

 国家戦略室を中心に省庁横断的に検討を行う。検討会のメンバーは、平野官房長官、仙谷国家戦略相、原口総務相、長妻厚生労働相と関係各省の副大臣らで、菅副総理が会長を務める。

 菅副総理は初会合のあいさつで、「税金をとるためではなく、(社会保障などの)サービスを受ける立場から見て必要な制度だ」と述べ、具体化に意欲を示した。

 導入を急ぐ背景には、高所得者に有利な「控除」から低所得者に恩恵が大きい「手当」へ、という鳩山内閣が掲げる政策を進める上で早急な整備が必要な点がある。世帯ごとの収入などを把握できれば、社会保障給付や納税管理がしやすくなるからだ。

 政府は、低所得者対策として減税と社会保障給付を組み合わせる「給付付き税額控除」の導入を目指しており、所得を確実に把握するためにも、番号制度の整備は欠かせない。

 具体的には、〈1〉基礎年金番号の活用〈2〉住民基本台帳ネットワークの番号活用〈3〉新たな番号創設――の3パターンが想定されており、5月頃をメドに利点や欠点などを整理する方針だ。その後、11年に関連法案を国会提出し、13年中に番号制度を導入して番号を配布、14年1月からの利用開始という日程を描いている。

 政府税制調査会とも連携し、海外の事例や、税制の専門家などの意見を参考にする。

 ただ、プライバシー保護の観点から、個人情報の流出を懸念する声も根強く、議論は難航も予想される。

 民主党が政権公約で掲げた税と社会保険料を一体徴収する歳入庁構想については、「制度設計は別の形で検討する」(古川元久内閣府副大臣)とし、検討会のテーマとしない方針だ。
【転載終り】

カナダで何を話したのか気になる...

【2010年2月3日西海岸標準時午前4時00分:警察はウェブ・ユーザのプライベートデータに入り込む裏口を求めます。】
http://news.cnet.com/
電子メール・アカウントをもつ誰もがたぶん、彼らが捜索令状書類を持っているならば、警察がそれをこっそり見ることができるということを知っています。
しかし、サイバー犯罪捜査官はスピーディーにファックスする従来の方法、郵送または、これらの文書について会社に電子メールを送ることをしません。
要請が電子的に送受信されることができるように、彼らは警察コンピュータとインターネットと電子メール・プロバイダのそれらを関連づけている国家ウェブ・インターフェースの作成を促進しています。
CNETは木曜日に開かれる連邦タスクフォース・ミーティングで公表し、予定の調査を概説しました。そしてそれは法執行機関が作成するそのようなインターフェースを要求することに実質的に同意見であると言いました。
調査を受ける警察の89パーセントは、暗号化された警察のみの「全国的コンピュータ・ネットワーク」を通して「法的プロセス要請と法的プロセスに対するレスポンスを交換する」ことができることを望むとそれは言います。(See one excerpt and another.)

昨日のトムヘネガンの記事にあるティーパーティー・オバマ失脚工作ニュースも日本で報道されていたのですね。
ネオコン派に有利なニュースはタイムリーなんだね(汗)
国家と大企業と警察がグルになるIC管理のニュースなんて流しません。
http://www.tokyo-np.co.jp/
「反オバマ」初の全米集会 保守派がテネシー州で
2010年2月7日 15時01分
2010020701000161.jpg
 6日、米テネシー州ナッシュビルで開かれたティーパーティーの全米集会で、演説するペイリン前共和党副大統領候補(AP=共同)


 【ワシントン共同】米政府の歳出削減や減税などを訴え、反オバマ(大統領)色を強める保守派運動「ティーパーティー」の初の全米集会が6日、テネシー州ナッシュビルで開かれた。

 集会ではペイリン前共和党副大統領候補(前アラスカ州知事)が基調演説し、同運動を英国からの独立に次ぐ「もう一つの革命」と呼んだ。オバマ大統領とぺロシ下院議長に代表される民主党の政策は「大きな政府の下で(国民生活を)不安定にさせ(国家財政の)負債が増える」と批判。オバマ氏の外交政策も敵との対話が多すぎ「強い姿勢が必要」と述べた。

 集会が開かれたホテルの会場の参加者はほとんどが白人。ティーパーティーの主張は米社会が抱える人種や貧富の間の分裂を象徴している。

 昨年4月以降、本格的に各地で集会を開いてきたティーパーティーは、独立運動につながった1773年の「ボストン茶会事件」にちなみ名付けられた。昨年9月には首都ワシントンで大集会を開き、医療保険改革などに強い反対を表明し、団結の意思を示した。
【転載終り】

よほどヒラリーを大統領にしたいのか?

従順でないオバマは死ぬか、
ロスチャについて戦うか、
ブレジンスキーの戦略で愛国派を一網打尽にする真のペテン人形か…

うむむ…いよいよとはいえ心の準備が(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:32 | Comment(5) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ジョージ・ソロスの市場崩壊計画とワンタ基金最新版

Wanta-Reagan-Mitterrand Protocols Blocked AGAIN
ワンタ-レーガン-ミッテラン協定再びブロックされる
George Soros Fingered
ジョージ・ソロスの手により

インターナショナル・インテリジェンス専門家トム・ヘネガンによって
2010年2月7日(日曜日)

leon-panetta.jpgx610.jpgGeorgeBushCrystalBeach.jpg
『CIA長官レオン・パネッタ』、『機能不全の米国ヒラリー・クリントン国務長官、大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル(AP)』、『反逆の共謀加担者ジョージ・ブッシュ』、


ーアメリカ合衆国−
有名なワンタ-レーガン-ミッテラン協定が別名:ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー・パパ・ブッシュ(ジョージ・ブッシュ)、機能不全の米国ヒラリー・クリントン国務長官、大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルと米国CIA長官レオン・パネッタによってブロックされ続けると現在報告できます。

2010年2月5日現在ワンタ協定資金を分散する準備ができている米国財務省に腰かけているあいだにこの最新の司法妨害が起こっています。

ブッシュ家とクリントン家は、彼らの2人の主要なイネーブラ:ラーム・エマニュエルとレオン・パネッタと一緒に、協定資金の支払を妨害するための述語として憲法に反する米国愛国法を発動し続けます。
そしてそれは6兆2000億ドルを米国財務省に返します。

注:一方オバマ大統領は、協定資金の支払を認可する大統領命令に署名したが、それは無力であるか、彼自身の部下を難詰することに興味がありません。
そしてその部下は彼自身の大統領の大統領命令を効果的にブロックしています。

もう一度皆さん、我々は問題を出します:誰がこの時点でアメリカ合衆国を担当していますか?

アメリカ政府により広がるこの最新の混乱は、世界中で米国の資産、財政的外貨、貴金属市場での最近の大暴落と崩壊に合致しています。

sorosbadhairday.jpggeorge_soros.jpeggeorge_soros.jpg
『財政的テロリストのジョージ・ソロス』

我々は現在、我々が見ているものが再び財政的な『ブラック・オペレーション』であり、別名:フィナンシャル攻撃だと明かすことができます。
それは名の知られた世界的外貨トレーダによってもう一度組織化されます。
別名:財政的なテロリストのジョージ・ソロスによって。

ソロスはブラジルの金融機関にある多数の隠されたサブ信託口座で、米国NSA(国家安全保障局)の助けを借りて、これらの攻撃を組織化しています。
nm_goldman_sachs_090713_mn.jpg
この活動による媒介担当員は別名:情報センター(手形交換所)は既知のアメリカ金融証券会社です。それはモノリス(一枚岩)・ゴールドマン・サックス銀行です。

これらのサブ信託アカウント(それは南アメリカとアジア全域に本部を置く)が、盗まれた米財務省資金を洗浄して、盗まれたワンタ-レーガン-ミッテラン協定資金を隠すために、長い間ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーによって使われました。

この最新の財政的な『ブラック・オペレーション』は効果的に欧州連合を破産させ、これを最後に全地域・地元の米金融機関を破壊して、命名されるだけのドルである偽のクレジット・デフォルト・スワップを利用して、ドル建てペニーですべての米ドル(命名されたるだけの資産)をデリバリーするよう、ニュー・ワールド・オーダー・ギャング(世界統一政府ギャング団)によって設計されました。

参照:ブラジルの銀行にもあるサブ信託アカウントのいくつかは、イングランド銀行とサブ信託アカウントとの繋がりを英国情報部だけでなく英国君主制にも繋げます。

britishintel.jpg610x.jpgBank-of-England-Logo.JPG.jpeg
British Queen Elizabeth Getty Images

英国君主制のように一つでなければならないと仮定し、彼女(女王)陛下が欧州連合のイタリア、スペイン、ルクセンブルクやアイルランドなどの国を破壊するのに全く躊躇などせず、破壊の為の取引プログラムをソロスが担当しています。
そして彼女自身の妄想の心(これらの国を台無しにして)から、英国の国を復活させるいくつかの方法だろうという疑いがあります。

Stocks-Market-Crash.jpg
そうです!これはゼロサム・ゲームになりました。
そしてそれは財政的な第三次世界大戦として正確に公認されました。

この後に続くこと(人々)は、30日以内に銀行が非常事態になり紙単位で出さず、電子ATMカードの形となる少なくとも3つの新しいNew World Order:ニュー・ワールド・オーダー・タイプ通貨を出すことです。

皆さん、私が信じられない事を言っていると分かっています。
ですが私を信じてください。
今の世界では紙幣がまったく何の価値もありません。
(前回、前々回の記事のコメントで勘の良い方はお金の価値が近いうちに無くなるのでは?と思っている。やはりそろそろ仕掛けるのでしょうか?僕も同じ様に2番底はあると思っています。それは人為的に起されるのです。戦争もです。必ず徴候がある。気を抜いてはいけません。)

2464.jpgwhite full.jpg
FBI Division 5 asset Jeffrey (Jeff) Fisher&FBI Division 5 asset Tim White

P.S.我々には米国民へのFBI第5事業部による攻撃に関して多くの詳細があり、このあとのインテリジェンス状況説明を楽しんでください。

ブラックウォーター/Xeヘリコプター傭兵(別名:レーザ技術の使用で米国衛星からその目標に向け、武器としての携帯電話の使用)の使用を含み、
そしてそれは両極性の徴候(精神分裂症と全体的な精神病)を引き起こす全体的な心理戦争計画の一部です。

これは、全体的なナチ・スタイルのプログラムの一部で別名:マインド・コントロールです。

このプログラムを監督するのは、既知のコロラド州デンバーに本部を置くFBI第5事業部ナチの手先と名付けられたマーク・ホルツラウです。

皆さん、ホルツラウの2つの主要な遺産が5年間以上誰であったかについて推測してください。

それはほかならぬ社会病質者、疑いのかかっている生まれ変わったキリスト教のティモシー・パトリック・ホワイト[別名:ティム・ホワイト、偽りで市民を気づかうリサーチャー(調査員)]、有名な社会病質者ジェフ・フィッシャー、別名:ジェフリー・フィッシャー。
(ジェフ・フィッシャーは自身から、トムのブログのコメント欄からトムに歩み寄り、トムとしきりに情報交換をしていた友人であったがFBI側の工作員だったようです。トムを恐怖に陥れ、脅していたグループ活動だったのでした。)

ホワイトとフィッシャーは、特定したアメリカの愛国者に対して向けられる嫌がらせ電話の別名:名の知られた密告者です。

P.P.S.会社コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディアが今週週末のトークショーでサラ・ペイリンと米国の国務長官(機能不全のヒラリー・クリントン)を困らせたことが面白いです。


SarahPalin.jpghillary-clinton-crazy-face-funny-293x300.jpg
ペイリンとヒラリーは、嫌疑のかかっている『テロとの戦い』を進めることに大部分の時間を費やしました。

現在あなたがひとしきりにこのインテリジェンス状況説明を見ているならば、皆さん、あなたはその様なテロとの戦ではなく、テロとの戦いが決してなく、そして全ての9/11の『ブラック・オペレーション』攻撃が危険なアメリカと結びつく犯罪分子で組織化される内部の犯行と、計画が米国憲法を完全に破壊することになっていて、米国財務省を完全に支配することになっていて、それから全てを略奪することになっていて、結局アメリカ合衆国を戒厳令の状況へ持っていくことになっていた外国の情報部であったということを知っています。

CIAニックネームが『メリジューヌ女王』であるヒラリーが、憲法に反する愛国法において違法なイラク戦争を投票で可決し、彼女の夫ビル・クリントンの下でファーストレディとして8年間費やしてすべてをすることは、当時の副大統領を弱らせるために彼女はメディア手先の助けを借りたり、ヒラリーはアルバート・ゴアから票を盗み、犯罪ビジネス共犯者(ジョージ.W. ブッシュFRAUD)に2000年大統領選挙を一人占めする方法を選びました。

ペイリンさんに関しては、我々には彼女のための新しいニックネームがあります。
彼女は現在『マスコミ・ゲシュタポ・バービー人形』と呼ぶことができます。

ペイリンは古い聖書の略称で「おばさんがエステル記」で語ったと伝えました...神は我々をイラクに行かせました...  ※以後『エステルおばさん』※

ペイリンは最近、慣例のティーパーティー(それは伝えられるところではアメリカ合衆国憲法への復帰を主唱します)のスポークで、それは誰(ヒラリー:アメリカ合衆国憲法の直接的な敵)のようでしたか?

サラ・ペイリン(その人はテロとの(偽の)戦いと聖書の旧約聖書に基づく外交政策を進めることをまだ唱道しています)は米国民に対してまだ違法なスパイを信じさせます。
そして、FBI第5事業部の『偽りの旗』テロ攻撃を企むのを許します。
そしてそれは今ワシントン・ポスト誌によると、米国民の基本的なプライバシー権利の侵害に至りました。

皆さん、この慣例ティーパーティー(それは彼らがアメリカ合衆国憲法を信じると言います)は、彼らがこの慣例(因習)の前に立ち、ほかならぬ国家破壊の方針を推進し、憲法破砕、米財務省着服、選挙泥棒、クロゼットin同性愛者、コカインで鼻を鳴らし、無断欠勤の戦争犯罪人ジョージ.W. ブッシュFRAUDを別名サラ・ペイリンの「エステルおばさん」により与えるただの道化芝居です。

ronpaul_constitution.jpg
皆さん、あなたが、あなたの憲法を返して欲しいならばあなたはロン・ポール・サポータとペイリン-ブッシュ・ギャングではなく、通されもしないティーパーティー(お茶党大会)に行った方がよいです。
(トムもロン・ポールはCIA直属の言論工作員だと言います。)

参照:社会コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国マスメディアがテロ攻撃をもう一度直ちに起すよう促進しています。
みなさんはまた起こる訳がないだろうと決して思わない事です。

CIA長官レオン・パネッタが主要なテロ脅威が現在一匹オオカミから別名:国内の米国テロリストと定義された国土安全保障省(DHS)だと信じている事が興味深いです。

質問:それが、この『国内のテロリスト』が米国民に対する脅威ではなくてアメリカ合衆国住民を現在脅迫している犯罪の占領政府に対抗する脅威であるということが証明されました。

DHSは、以下のように国内のテロリストと定義されます:

@. 9/11米国メディア・バージョン(見解)を信じない個人
A.ウサマ・ビンラディンが8年前に死んでいたと思っている個人
B米国民に向けられる国内スパイを信じない個人
C2000年アルバート・ゴアが正式に大統領に選ばれたと思っている個人
D連邦準備制度(FRB)を信じない個人
Eロン・ポール・バンパー・ステッカーをもつ個人
(最後落ちかい...笑い)

質問:米国民の60%が、9/11ストーリーに関する政府のカバー(悪事を覆い隠す)をもはや信じないならば、私はそれがアメリカ人の国内テロリストを60%にすると思います。

ThumbnailServer2.jpeg
『クリストファー・ストーリー氏』
最終的なメモ:インターネット・ゴシップ・コラムニスト・英国クリストファー・ストーリーのアメリカ愛国者・レオ・ワンタへのこのリポータ攻撃は続いています。
(トムは本当にストーリーが嫌いですね)

英国のクリストファー・ストーリーを騙し続けて操り、最近では米国運輸省とワンタ大使の私費による国家高速鉄道プログラムに関するビジネスを行う必要はないと言い出しました。

ohai.jpgamd_fitzgerald.jpgTrans+Secretary+Ray+LaHood+Discusses+Cash+rF-dfVb_9xDl.jpg
『大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル』、『米連邦検事パトリック・フィッツジェラルド』、『米国運輸長官レイ・ラフッド』
※マクナミーの勝利によるラフッドの写真/ゲティーイメージ北アメリカ※

これはまた9/11の要素ですっかり覆うように、秘書部門のレイ・ラフッドが中西部でインサイダーするよう資産(土地)を買い占める際に、イリノイ州のパトリック・フィッツジェラルドと大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルの北地区のための米連邦検事と一緒に、ワンタの個人的な意向の融資をさせないよう巧みに高速レール・プログラムから利益を得て、米国納税者の資金によって資金を助成するよう同様に忙しかった米国運輸省によって行われます。
このトラップからマネーを盗んで、多くのものがゆがんだ米国バンクに『アウト委託されます』。

【転載終わり】
jeb_george_bush_122106_FRES.jpg1120330742_1738742326_hw-bush-3-wbp-broadband.jpg
ソルチャ・ファールもトムもホワイトハウスにパパ・ブッシュとジェブ・ブッシュが非公式に訪れオバマを激しく恐喝したとしているがやはり何か変な方向に動いている。
イラン戦争を起したくてしょうがないようです。
CIA&モサドが実行しようと何か企んでます。

財政的にはダボス会議からワンワールド計画が動き出したということでしょうか。

※オバマ裁判の件はDHSがFRB監査レポートを公開するとヒラリーを脅し抑止したようです。
DHS VS CIAも表立って来ました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ

posted by 東洸 at 02:54 | Comment(2) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。