お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月01日

オバマはタリバンに降伏したい。

いつものhttp://www.whatdoesitmean.com/より。
2010年1月28日
オバマは、アメリカ合衆国がアフガニスタンのタリバンに降伏するとプーチンに話します。
byソルチャ・ファール
osa1.jpg
今日クレムリンを循環している衝撃的なレポートでは、オバマ大統領がロシアの異論撤回の為に、アフガニスタンのタリバン指導者を除去する国連要請に対しロシアが『異論』した世界の最重要指名手配テロリストとその米国リスト【前ブッシュ大統領の下でこの第一リストを与え命令したアメリカ(2001年9月11日に攻撃される)】に関して『訴えた』プーチン首相へ火曜日に『緊急の』電話をかけたとしています。

(アメリカ合衆国の戦争方針でそのような劇的な反転を求めていたプーチンにより尋ねられる間に)― このレポートは続ける ―
オバマは完全なアメリカ軍の敗北を食い止め、彼の在任期間中はアルカイダを強制する『中央情報部(CIA)』から守るという命令において彼は、『タリバン』とともに即時の和平協定を求めること以外の『選択肢がない』、後の無い状況に置かれました。

即座に『ロシア参謀幕僚』と『メドヴェージェフ大統領』と共にオバマの『緊急の嘆願』についてプーチンと相談したとこのレポートにはあります。

osa2.bmp
テロリズム・リストに指定された『タリバン』に対し撤回をロシア国連大使に注文しました。
そしてワシントン・ポスト通信社によって確かめられるように我々は以下を読むことができます。:
osa3.jpg
『国連安保理事会委員会は火曜日に、それが5人の元タリバン当局に対する制裁を解いたと発表した。
そしてグループとの和平会談を続行するアフガニスタンで国連努力を強めると安全保障理事会外交官は言いました。
タリバン・メンバーの男をリストから除くという提案をアメリカに後援された後にロシアは妨害(異論)するのを止めると同意した後で決定は動きました。
行動はロシアによって劇的なシフト(転換)をマークします。
それは長い間、ロシアがアフガニスタンの『ハミド・カルザイ大統領』政府を支持する『前タリバン・メンバ』をリストから除くために、米国とヨーロッパ政府による要請に反対していました。
国連安全保障理事会が10年以上前、最初の制裁を各国グループに押しつけた時から『タリバン・メンバ』はリストから除かれませんでした。』


4_62_b320.jpg
『ハミド・カルザイ大統領』

プーチンはさらに『ロシアNATO使節ドミトリー・ロゴジン』にアフガニスタン(提供される)の再建を助ける為、西側に援助を提供するよう命令しました。
もちろん西側が資金を提供するよう中国新華社ネット通信社によって確かめられるように我々は以下を読むことが出来ます。:

『西側がお金を提供するならばロシアはアフガニスタンを再建する援助の準備ができていると『ロシアのビジネス日刊紙/コメルサント(Kommersant)・デイリー』は水曜日に伝えました。
そして国のNATO使節を特記しました。
ロシアが『ソビエト専門家(産業技術など)』によってアフガニスタンに建設する140以上の産業、及び基盤施設(インフラ)を復旧することが出来ると発言したように、
コメルサント誌は『ドミトリー・ロイジン』を提示しました。』


アフガニスタンの状況がアメリカ人のせいでどれくらいひどくなったのか言葉を確かめる事が出来ます。

『米国ジェン・スタンリー・マクリスタル将軍』は先週『十分(必要)な戦い』があったと英国ファイナンシャル・タイムズ紙に話しました。
マクリスタル将軍はすべての紛争の政治的解決は『回避不能である』とさらに述べました。
しかし8年間に及ぶ戦争と、何千名もの命の損失後に『米国国防長官ロバート・ゲーツ』はさらに以下を述べました:
『タリバン...この点でアフガニスタンの政治的な組織の一部です。』

オバマはタリバン(これらのレポート)への、アフガニスタンの米軍隊が降伏の準備をすると述べるけれども、『より本当の』原因について、アメリカの戦争の目の玉が飛び出すほどの費用は2001【現在、多くの財政的アナリストがアメリカ合衆国が今年内破する原因になると思っている債務負担(1兆ドル以上)の下ですでにぐらついている経済状況と報告される】年以降からあります。

オバマは一人ではありません。
米国の迅速な戦争終結を求める為に各自アフガニスタンで戦います。
それを米国FOXニュース通信社により報告されるように我々は以下を読むことができます。:

『軍事的手段によってアフガニスタンで勝利を勝ち取ることに見切りをつけた後、国際社会は出口を買い取る数世紀前の方法に訴えています。
今週ロンドンでは『ハミド・カルザイ:アフガニスタン大統領』はタリバン再建のため。
英国・アメリカに後援された計画を開始します。
そして寒さ(救助要請)から反乱軍(反対分子)を引き入れ、仕事と賄賂を提供するため国際的な資金提供を要求するでしょう。』


タリバンに対して、アフガニスタンでの米国の戦争について米国民に全く理解されないことは、彼ら(タリバン)がアメリカ合衆国への2001.9.11攻撃後の嫌疑のかかっている『テロリスト・ウサマ・ビンラディン(ブッシュはビンラディンを引き渡すタリバンのオファー(申し込み)を拒絶します)』が担ぎ出された証明があり、このオファーをした事実から根底からまったく回避できたということです。

osa4.jpg
今のアメリカの戦争に関して注意する点は『ウサマ・ビンラディン』を捕らえ、殺すのに等しく重要なアフガニスタンで、この戦争の正当化のためオバマ大統領やマククリスタル将軍が彼らのスピーチ、またはレポートでこれまでにビンラディンの名をあげなかったということです。

たとえFBIの10に及ぶ最も多くの指名手配リスト上に名が残るとしてもウサマ・ビンラディンは単なる9/11攻撃のために起訴されるだけのものでした。

米国とNATOの『事実上は降伏します』を受理するタリバンでの可能性に『唯一のチャンスも、悪魔共にはありません』とこのレポートで結論を下します。
【転載終わり】

ロシアあっぱれの内容ですね。
今回も参考になります。

アメリカが一枚岩ではないのも伺えます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 03:12 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。