お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月06日

ワンタ資金の行方最新版。

進行中の最新の最新版
レオ・ワンタ大使
アメリカ合衆国−レオワンタ大使についての最新の最新版はここにあります。
2010年2月5日
byトムヘネガン

2009/12/8火曜日米運輸省リファレンスサービスに関して..以下を書きました:
投稿者:米国運輸省のリファレンスサービスの..
題目:連邦地裁の承認ワンタ大使に合法的に資金を提供する米4500000000000ドルの現金本国送還[事件:091208〜000032]
To:so※am@p※odi※y.net
2009年12月8日 (火曜日) 午後3時27分

親愛なるDOT(運輸省)顧客、米国運輸省リファレンスサービスにお問い合わせいただきありがとうございます。
この最初の応答は、お客様の質問を受け取った承認です。
ご質問の参照番号は下記のとおりです。
我々は適切なWebページに出版や主題の専門家を介して受信し各質問に答えるよう努めています。
我々は4営業日以内にすべての質問に応答します。  敬具

リファレンスサービス
国家運輸ライブラリ
交通局の統計
研究と革新的な技術管理
米国運輸省

質問リファレンス#091208-000032
回答の概要: 連邦地裁の承認ワンタ大使に合法的に資金を提供する米4500000000000ドルの現金本国送還
作成日:2009年12月8日 午後3時27分
状態:未解決

ディスカッションスレッド
顧客:(リー・エーミール・ワンタ大使)
日付:2009年12月8日 (火曜日) 午後2時19分
あなたの題目検討については以下に:
−L'ambassadeur Wanta、完全に基金の現金化とAmeriRail高速Railraod _ HSR_・交通プログラム建設、差し出されて2015年までに100万[1,000,000人]に即座に新たな求人案内を認可する。プラスAmeriRailのための永続的なキャリア求人情報_ HSR_鉄道_ 5万[50,000人](どんなアメリカ政府資金提供や補助金のない最小限の_でも)完全に支払われるヘルスケアの利点と共に、とりわけ/または助成金なしで....ありがとうございます。

ウェールズ・スネーク・ヒル
事務局担当:スネーク・ヒル中央銀行会長
リー.E.ワンタ大使
郵便ボックス488、Baulkhamヒルズ
NSW州 2153
USA_DC大使館電話:202 379 2904 ext 001
国名コード[3]:QS QSHそして、923
連絡先電話番号:61 404 352 010 and/or 61 2 4017 0293.ファクス:- 61 2 9899 6725
Amb Lee Wanta.jpg
投稿者:リー・エーミール・ワンタ大使..
To:
送信日:2010年2月3日水曜日午後6時07分49秒
題目:配送と新しい金融システム
私の民事/個人/本国送還現金資金が以下に全く関係する事が絶対に無いよう明確に知らせて下さい。
@ MaeHua信託
A 連邦準備制度_、単なる仕入れ先です。
B 世界遺産資産(遺産のように置いておかない事)
C また、他の状況:私の個人的資金での米国ダラー資金です。
個人的に関係しない、私以外の、どこかほかの金融取引/取引関係はしないこと。
そして名の知らないあなたに、ご親切な理解と他の事件に対する関心を感謝します。
【メール文引用終わり】
2.1.jpg
どこにもハイスピードレール(国家高速鉄道プロジェクト)がない!!
Marilyn_Barnewall_com_hdr.gif
マリリンM. バーニューウェルによって
2010年2月3日
オバマ当局筋は、今週(彼らが昨年1週間程アメリカ中を迂回して)さまざまな高速レール(HSR)のための資金調達を発表をする予定です。
計画(米国民の提案に基づいて計画し、質問する必要があります)について、オバマ大統領と副大統領バイデンは、HSRについて話していますか?
また彼らは財政難のアムトラック社(National Railroad Passenger Corporation)を支援することについて話していますか?
彼らが高速レール・システムを構築していると納税者に話しているが、
これは高速旅客輸送レール:ラピッドトランジットレール(RTR)の不採算の鉄道サービス便をただ作り直す試みではないですか?
HSR(高速新幹線)とRTR(特急ロマンスカー電車)とでは膨大な差があります。
メールで確認すれば管理側は、HSRが新しい仕事を創出すると言います。
彼らが提案しているものがHSRであるならば、彼らは正しいです。
彼らがHSRへの投資が経済を立て直すのを助けることができると言うとき彼らも正しいです。
オバマ政権は明らかに個人的に資本(それは、テーブルの上にあります)を使うことに、納税者ドルを使うのを好んでいます。
私はRTR鉄道計画が官僚にとってなじみの薄い領域であるということを知っています。巧に誤魔化そうとしています。
資金は専用の資本に移されるが、0からドルに課税し、0がドルに課税するのです。
現在アメリカ政府が国庫にして持つそのすべてについてでもあります。
私は、他の高速レール記事で、きちんと構築されたHSRシステムが仕事を創出することができて、経済を刺激することができると言いました。
高速旅客輸送レール(RTR)システムでは、はるかに効果が低く微々たる程度に↓を遺贈します。
HSRではより多くの仕事と支払いがありますが、RTRではよりはるかにほんの少しの仕事があり、そして多くの支払いはありません。
彼らは良い仕事の利点でない長期的でない仕事を提供します。
建築技術の高度な専門知識と同等レベルのHSRに関するアムトラック社の支援は必要はありません。
詳細:全記事を見ます:
http://www.newswithviews.com/Barnewall/marilyn127.htm

ブランド・オバマ:大君は金庫を荒らして、帝国戦争を始めます。
クリス・ヘッジスの本:ネーションブックスにより2010年1月25日に提示され2010年2月4日に印刷されます。
編集者注:以下のクリス・ヘッジスの本
『帝国イリュージョン』:リテラシーの終わりと凱旋 (ネーションブックス2009年)
最初のスペクタクルの構成から抜粋です。

バラク・オバマは、ブランドです。
そして、企業大君が金庫を荒らす間、オバマ・ブランドは我々に対し自身の政府について気分を良くするよう勤めます。会社ロビイストの軍隊は我々から選ばれた決定当局者に戦利品を賄賂します。我々の会社メディアはゴシップと雑学で我々の注意をそらします。そして我々の帝国の戦争は中東で拡大します。
ブランド・オバマは約束された幸せ者です。
我々は楽しんでます。
我々は希望に満ちていると感じています。
我々は我々の大統領が好きです。
我々は大統領が私たちのように考えていると感じています。
しかし、企業宣伝広告コントロールにより世界で持続されるすべてのブランド製品の様に、この製品は我々の関心にまったく関係のない多くの事をして支えるよう巧に我々をだましています。
いったい何を、我々の全ての信頼と希望のためにブランド・オバマは何を与えてくれましたか?
ブランド・オバマ政権は、バブル経済(せいぜい大災害の前に対処し、我々を深い危機のあいだ一文無しのままにしておく戦術)を再度膨らませる悲しい運命の努力において、ウォール街と支払い不能の銀行に納税者のドルで12兆8000億ドルを使ったか、貸したか、保証しました。
ブランド・オバマはイラクで防御関連の出費と我々の悲しい運命の帝国プロジェクト継続においてほぼ1兆ドルを割り当てました。
そこで軍のプランナーは現在70,000人の軍隊が次の15〜20年間もの間戦場に残ると見積もります。
ブランド・オバマはアフガニスタンで戦争を拡大しました。そして、パキスタン国境を越える爆撃航程に関して送られるただのごくつぶしの利用を増やしました。
そしてそれは過去3ヵ月の間に死ぬ一般人の数を二倍にしました。
ブランド・オバマは単一の支払者でなく労働者をしっかり管理することがでる、すべてのアメリカ人のための非営利健康管理:ヘルスケアについて懸念される規制の緩和を拒否しています。
そしてブランド・オバマはブッシュ政権の拷問使用を含む戦争犯罪で起訴しないで、ブッシュの秘密法を解体して、人身保護を復活させることを拒否しました。
全記事http://www.alternet.org/story/145358/

連邦大陪審は、政府第4支店です。
レオC. ドノフリオによって、J.D.。

2009年1月22日に我々全員はある日、連邦裁判所の大陪審員として勤めるかもしれません。
私としては憲法により与えられる本条において、本当の力を読者(彼/彼女)が勉強することを望みます。
その力があるにもかかわらず、立法詐欺ベールの背後で長年隠され未だにそのすべての栄光の米国修正第五条は憲法に存在します。
米国最高裁判所はその力を認識し更に強化しました。
どうぞこのレポートをコピーして広範囲に貼り付けて下さい。
これは転載ではありません。
これは嘘ではありません。
これは売りに出されていません。
これは私は著作権で保護していないので自由にこれをペーストして引合いに出してください。
このレポートは真実です。
そして現在ますます我々は真実を必要とします。
合法的な力で「我々一般庶民」が大陪審員となり裁判所で座ります。
犯罪的な処置に対処するよう連邦原則が法律化されてから1946年以降、あてにならないシャレによって裁判が破壊されています。
私があなたに説明しているこの大国は、気にせず未だに憲法の中に存在しており、我々の力を安い魔法のトリックで消滅させるという議会と他の法律関係学者の異議にもかかわらず、米国最高裁判所によって支えられています。
全記事:http://americangrandjury.org/

修正第5条 [編集]ウィキペディアより。
(大陪審の保障、二重の処罰の禁止、デュー・プロセス・オブ・ロー、財産権の保障)

何人も、大陪審の告発または起訴によらなければ、死刑を科せられる罪その他の破廉恥罪につき責を負わされることはない。ただし、陸海軍、または戦時、もしくは公共の危険に際して現に軍務に服している民兵において生じた事件については、この限りではない。
何人も、同一の犯罪について重ねて生命身体の危険にさらされることはない。
何人も、刑事事件において自己に不利な証人となることを強制されることはなく、また法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない。
何人も、正当な補償なしに、私有財産を公共の用のために徴収されることはない。

ウィキペディアの参照を読めば十分理解したと思いますが、
息のかかった人間を選出できます。
また訳の判らない人間を引っ張り出してきて、ブッシュがテロを裏で工作して偽りの戦争をしたとか言っても事実なんて知る人間はほとんど居ないでしょう?
逮捕もされず、身の危険を守られ、資産も守られ、聴取もされない何ともふざけた制度です。
悪党は絶対に逮捕できないと言うことです。
むしろ更に力が加わるのです。
日本も裁判員制度導入しましたね(汗)

【以上転載おわり。】

更新遅れてすいません。
忙しかったので(汗)

4兆5000億ドル…オバマは何に使うのか?
こんな天文学的お金を持ってネオコン派と再度結託なんてしたらソッコーでorzですよ。
最近アメリカがとても大胆ですし気になります。

戦費や次の通貨の準備資金になるのか?
いろいろ浮んできます。

ワンタは裁判で勝ち、ワンタ基金を米国民の手(中国・GEの手でなく)で国家高速鉄道プロジェクトを行い雇用を確保し経済を立て直すという取り決めのはずです。

今見れば鉄道計画は行うがただの特急列車を走らせるだけであり
裁判での協定通り執り行ったという詐欺行為です。

何ともまぁ…

日本も亀井がキチガイ発言ですね。
ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解

亀井静香金融・郵政改革相は3日、日本郵政グループのゆうちょ銀行の資金運用について、米国債や社債などに多様化していくべきだとの考え方を示した。郵政見直しではゆうちょの預け入れ限度額の引き上げも検討されており、亀井氏は資金の増加が見込まれるとして、運用先も広げるべきだとの立場だ。

 亀井氏は記者団に対し郵政見直しについて「手足を縛られて営業をしているわけだから、現実にあった形にしていく」と発言。昨年12月末で約180兆円のゆうちょ銀行の貯金残高の増加が見込めるとした上で、米国債など日本国債以外の運用が「もう少し増えると思う」と述べた。

 ゆうちょ銀行は昨年12月末で約180兆円を有価証券で運用しているが、9割近くは日本国債で米国債はほとんどなく、社債も約12兆円にとどまっている。

政治家なんて俗物は自己愛と権力愛と権益愛の固まりです。
応援する事自体が終わっている。
国民に対して命を掛けて守る政治家は本当に少ないでしょう。

やはり今年から動きそうです。

いつも一緒:http://angel.ap.teacup.com/
【転載すいません。】
※キチガイの犯行予告と見受けられる記事があります。キチガイは犯行前に仲間に事前に合図を送ると言います。それにしても『デービッドアイクの予想はあたる』リンクは世も末だと思わされました(汗)アクセス元からですか先生(笑)そのオチャメな所が素敵です。※

毎度爆発的に熱いインテリジェンス状況説明です。
洞察力がキレてる。
日本人はいつも事が起こってから気づくんです。昔も今も情報戦には滅法弱い。今度の戦争も負けるのか(汗)
初のご紹介ですがもっと上がるべきお方様です。
日本経済をボロボロにする人々様【転載すいません。】
陰謀論で小沢を擁護する森永卓郎
http://blog.livedoor.jp/

712202.jpg
専門家が100年に1度の大不況と発言するのであれば過去の1933年世界大恐慌を凌ぐと思います。
あの時よりも負債額の桁が違いますしね(汗)

先の大不況は上のグラフのように緩やかに10年間かけて回復しました。
しかもその背景は第2次世界大戦の戦争特需のおかげです。

過去に重ねれば恐ろしい事です。

皆さんも声を上げて抗わないと流されていきますよ(汗)

以後は時間も余り無いので重要な事だけ載せていきます。
今後とも応援よろしくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 13:52 | Comment(2) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。