お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月09日

ジョージ・ソロスの市場崩壊計画とワンタ基金最新版

Wanta-Reagan-Mitterrand Protocols Blocked AGAIN
ワンタ-レーガン-ミッテラン協定再びブロックされる
George Soros Fingered
ジョージ・ソロスの手により

インターナショナル・インテリジェンス専門家トム・ヘネガンによって
2010年2月7日(日曜日)

leon-panetta.jpgx610.jpgGeorgeBushCrystalBeach.jpg
『CIA長官レオン・パネッタ』、『機能不全の米国ヒラリー・クリントン国務長官、大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル(AP)』、『反逆の共謀加担者ジョージ・ブッシュ』、


ーアメリカ合衆国−
有名なワンタ-レーガン-ミッテラン協定が別名:ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー・パパ・ブッシュ(ジョージ・ブッシュ)、機能不全の米国ヒラリー・クリントン国務長官、大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルと米国CIA長官レオン・パネッタによってブロックされ続けると現在報告できます。

2010年2月5日現在ワンタ協定資金を分散する準備ができている米国財務省に腰かけているあいだにこの最新の司法妨害が起こっています。

ブッシュ家とクリントン家は、彼らの2人の主要なイネーブラ:ラーム・エマニュエルとレオン・パネッタと一緒に、協定資金の支払を妨害するための述語として憲法に反する米国愛国法を発動し続けます。
そしてそれは6兆2000億ドルを米国財務省に返します。

注:一方オバマ大統領は、協定資金の支払を認可する大統領命令に署名したが、それは無力であるか、彼自身の部下を難詰することに興味がありません。
そしてその部下は彼自身の大統領の大統領命令を効果的にブロックしています。

もう一度皆さん、我々は問題を出します:誰がこの時点でアメリカ合衆国を担当していますか?

アメリカ政府により広がるこの最新の混乱は、世界中で米国の資産、財政的外貨、貴金属市場での最近の大暴落と崩壊に合致しています。

sorosbadhairday.jpggeorge_soros.jpeggeorge_soros.jpg
『財政的テロリストのジョージ・ソロス』

我々は現在、我々が見ているものが再び財政的な『ブラック・オペレーション』であり、別名:フィナンシャル攻撃だと明かすことができます。
それは名の知られた世界的外貨トレーダによってもう一度組織化されます。
別名:財政的なテロリストのジョージ・ソロスによって。

ソロスはブラジルの金融機関にある多数の隠されたサブ信託口座で、米国NSA(国家安全保障局)の助けを借りて、これらの攻撃を組織化しています。
nm_goldman_sachs_090713_mn.jpg
この活動による媒介担当員は別名:情報センター(手形交換所)は既知のアメリカ金融証券会社です。それはモノリス(一枚岩)・ゴールドマン・サックス銀行です。

これらのサブ信託アカウント(それは南アメリカとアジア全域に本部を置く)が、盗まれた米財務省資金を洗浄して、盗まれたワンタ-レーガン-ミッテラン協定資金を隠すために、長い間ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーによって使われました。

この最新の財政的な『ブラック・オペレーション』は効果的に欧州連合を破産させ、これを最後に全地域・地元の米金融機関を破壊して、命名されるだけのドルである偽のクレジット・デフォルト・スワップを利用して、ドル建てペニーですべての米ドル(命名されたるだけの資産)をデリバリーするよう、ニュー・ワールド・オーダー・ギャング(世界統一政府ギャング団)によって設計されました。

参照:ブラジルの銀行にもあるサブ信託アカウントのいくつかは、イングランド銀行とサブ信託アカウントとの繋がりを英国情報部だけでなく英国君主制にも繋げます。

britishintel.jpg610x.jpgBank-of-England-Logo.JPG.jpeg
British Queen Elizabeth Getty Images

英国君主制のように一つでなければならないと仮定し、彼女(女王)陛下が欧州連合のイタリア、スペイン、ルクセンブルクやアイルランドなどの国を破壊するのに全く躊躇などせず、破壊の為の取引プログラムをソロスが担当しています。
そして彼女自身の妄想の心(これらの国を台無しにして)から、英国の国を復活させるいくつかの方法だろうという疑いがあります。

Stocks-Market-Crash.jpg
そうです!これはゼロサム・ゲームになりました。
そしてそれは財政的な第三次世界大戦として正確に公認されました。

この後に続くこと(人々)は、30日以内に銀行が非常事態になり紙単位で出さず、電子ATMカードの形となる少なくとも3つの新しいNew World Order:ニュー・ワールド・オーダー・タイプ通貨を出すことです。

皆さん、私が信じられない事を言っていると分かっています。
ですが私を信じてください。
今の世界では紙幣がまったく何の価値もありません。
(前回、前々回の記事のコメントで勘の良い方はお金の価値が近いうちに無くなるのでは?と思っている。やはりそろそろ仕掛けるのでしょうか?僕も同じ様に2番底はあると思っています。それは人為的に起されるのです。戦争もです。必ず徴候がある。気を抜いてはいけません。)

2464.jpgwhite full.jpg
FBI Division 5 asset Jeffrey (Jeff) Fisher&FBI Division 5 asset Tim White

P.S.我々には米国民へのFBI第5事業部による攻撃に関して多くの詳細があり、このあとのインテリジェンス状況説明を楽しんでください。

ブラックウォーター/Xeヘリコプター傭兵(別名:レーザ技術の使用で米国衛星からその目標に向け、武器としての携帯電話の使用)の使用を含み、
そしてそれは両極性の徴候(精神分裂症と全体的な精神病)を引き起こす全体的な心理戦争計画の一部です。

これは、全体的なナチ・スタイルのプログラムの一部で別名:マインド・コントロールです。

このプログラムを監督するのは、既知のコロラド州デンバーに本部を置くFBI第5事業部ナチの手先と名付けられたマーク・ホルツラウです。

皆さん、ホルツラウの2つの主要な遺産が5年間以上誰であったかについて推測してください。

それはほかならぬ社会病質者、疑いのかかっている生まれ変わったキリスト教のティモシー・パトリック・ホワイト[別名:ティム・ホワイト、偽りで市民を気づかうリサーチャー(調査員)]、有名な社会病質者ジェフ・フィッシャー、別名:ジェフリー・フィッシャー。
(ジェフ・フィッシャーは自身から、トムのブログのコメント欄からトムに歩み寄り、トムとしきりに情報交換をしていた友人であったがFBI側の工作員だったようです。トムを恐怖に陥れ、脅していたグループ活動だったのでした。)

ホワイトとフィッシャーは、特定したアメリカの愛国者に対して向けられる嫌がらせ電話の別名:名の知られた密告者です。

P.P.S.会社コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディアが今週週末のトークショーでサラ・ペイリンと米国の国務長官(機能不全のヒラリー・クリントン)を困らせたことが面白いです。


SarahPalin.jpghillary-clinton-crazy-face-funny-293x300.jpg
ペイリンとヒラリーは、嫌疑のかかっている『テロとの戦い』を進めることに大部分の時間を費やしました。

現在あなたがひとしきりにこのインテリジェンス状況説明を見ているならば、皆さん、あなたはその様なテロとの戦ではなく、テロとの戦いが決してなく、そして全ての9/11の『ブラック・オペレーション』攻撃が危険なアメリカと結びつく犯罪分子で組織化される内部の犯行と、計画が米国憲法を完全に破壊することになっていて、米国財務省を完全に支配することになっていて、それから全てを略奪することになっていて、結局アメリカ合衆国を戒厳令の状況へ持っていくことになっていた外国の情報部であったということを知っています。

CIAニックネームが『メリジューヌ女王』であるヒラリーが、憲法に反する愛国法において違法なイラク戦争を投票で可決し、彼女の夫ビル・クリントンの下でファーストレディとして8年間費やしてすべてをすることは、当時の副大統領を弱らせるために彼女はメディア手先の助けを借りたり、ヒラリーはアルバート・ゴアから票を盗み、犯罪ビジネス共犯者(ジョージ.W. ブッシュFRAUD)に2000年大統領選挙を一人占めする方法を選びました。

ペイリンさんに関しては、我々には彼女のための新しいニックネームがあります。
彼女は現在『マスコミ・ゲシュタポ・バービー人形』と呼ぶことができます。

ペイリンは古い聖書の略称で「おばさんがエステル記」で語ったと伝えました...神は我々をイラクに行かせました...  ※以後『エステルおばさん』※

ペイリンは最近、慣例のティーパーティー(それは伝えられるところではアメリカ合衆国憲法への復帰を主唱します)のスポークで、それは誰(ヒラリー:アメリカ合衆国憲法の直接的な敵)のようでしたか?

サラ・ペイリン(その人はテロとの(偽の)戦いと聖書の旧約聖書に基づく外交政策を進めることをまだ唱道しています)は米国民に対してまだ違法なスパイを信じさせます。
そして、FBI第5事業部の『偽りの旗』テロ攻撃を企むのを許します。
そしてそれは今ワシントン・ポスト誌によると、米国民の基本的なプライバシー権利の侵害に至りました。

皆さん、この慣例ティーパーティー(それは彼らがアメリカ合衆国憲法を信じると言います)は、彼らがこの慣例(因習)の前に立ち、ほかならぬ国家破壊の方針を推進し、憲法破砕、米財務省着服、選挙泥棒、クロゼットin同性愛者、コカインで鼻を鳴らし、無断欠勤の戦争犯罪人ジョージ.W. ブッシュFRAUDを別名サラ・ペイリンの「エステルおばさん」により与えるただの道化芝居です。

ronpaul_constitution.jpg
皆さん、あなたが、あなたの憲法を返して欲しいならばあなたはロン・ポール・サポータとペイリン-ブッシュ・ギャングではなく、通されもしないティーパーティー(お茶党大会)に行った方がよいです。
(トムもロン・ポールはCIA直属の言論工作員だと言います。)

参照:社会コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国マスメディアがテロ攻撃をもう一度直ちに起すよう促進しています。
みなさんはまた起こる訳がないだろうと決して思わない事です。

CIA長官レオン・パネッタが主要なテロ脅威が現在一匹オオカミから別名:国内の米国テロリストと定義された国土安全保障省(DHS)だと信じている事が興味深いです。

質問:それが、この『国内のテロリスト』が米国民に対する脅威ではなくてアメリカ合衆国住民を現在脅迫している犯罪の占領政府に対抗する脅威であるということが証明されました。

DHSは、以下のように国内のテロリストと定義されます:

@. 9/11米国メディア・バージョン(見解)を信じない個人
A.ウサマ・ビンラディンが8年前に死んでいたと思っている個人
B米国民に向けられる国内スパイを信じない個人
C2000年アルバート・ゴアが正式に大統領に選ばれたと思っている個人
D連邦準備制度(FRB)を信じない個人
Eロン・ポール・バンパー・ステッカーをもつ個人
(最後落ちかい...笑い)

質問:米国民の60%が、9/11ストーリーに関する政府のカバー(悪事を覆い隠す)をもはや信じないならば、私はそれがアメリカ人の国内テロリストを60%にすると思います。

ThumbnailServer2.jpeg
『クリストファー・ストーリー氏』
最終的なメモ:インターネット・ゴシップ・コラムニスト・英国クリストファー・ストーリーのアメリカ愛国者・レオ・ワンタへのこのリポータ攻撃は続いています。
(トムは本当にストーリーが嫌いですね)

英国のクリストファー・ストーリーを騙し続けて操り、最近では米国運輸省とワンタ大使の私費による国家高速鉄道プログラムに関するビジネスを行う必要はないと言い出しました。

ohai.jpgamd_fitzgerald.jpgTrans+Secretary+Ray+LaHood+Discusses+Cash+rF-dfVb_9xDl.jpg
『大統領主席補佐官ラーム・エマニュエル』、『米連邦検事パトリック・フィッツジェラルド』、『米国運輸長官レイ・ラフッド』
※マクナミーの勝利によるラフッドの写真/ゲティーイメージ北アメリカ※

これはまた9/11の要素ですっかり覆うように、秘書部門のレイ・ラフッドが中西部でインサイダーするよう資産(土地)を買い占める際に、イリノイ州のパトリック・フィッツジェラルドと大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルの北地区のための米連邦検事と一緒に、ワンタの個人的な意向の融資をさせないよう巧みに高速レール・プログラムから利益を得て、米国納税者の資金によって資金を助成するよう同様に忙しかった米国運輸省によって行われます。
このトラップからマネーを盗んで、多くのものがゆがんだ米国バンクに『アウト委託されます』。

【転載終わり】
jeb_george_bush_122106_FRES.jpg1120330742_1738742326_hw-bush-3-wbp-broadband.jpg
ソルチャ・ファールもトムもホワイトハウスにパパ・ブッシュとジェブ・ブッシュが非公式に訪れオバマを激しく恐喝したとしているがやはり何か変な方向に動いている。
イラン戦争を起したくてしょうがないようです。
CIA&モサドが実行しようと何か企んでます。

財政的にはダボス会議からワンワールド計画が動き出したということでしょうか。

※オバマ裁判の件はDHSがFRB監査レポートを公開するとヒラリーを脅し抑止したようです。
DHS VS CIAも表立って来ました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ

posted by 東洸 at 02:54 | Comment(2) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。