お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月13日

ウサビッチ

MTVの『ウサビッチ』です。

『プーチン』ブスカワユス....。

ハマってます。























以後は検索して見て下さい。
SEASONBまで出てます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 17:29 | Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済ハルマゲドンは近づきます、爆発するためにセットされるオーストラリアの『負債爆弾』として。

Economic Armageddon Nears As Australian “Debt Bomb” Set To Explode
経済ハルマゲドンは近づきます。
爆発するためにセットされるオーストラリアの『負債爆弾』として...
2010年2月10日
By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers
adb1.bmp
厳しいレポートがロシア連邦政府の副首相によって用意されます。
そしてメドヴェージェフ大統領の下の現在の蔵相アレクセイ・クドリンは今日、『負債爆弾』がその様に、オーストラリア政府が我々の世界を落ち込ませ『同類の、これまで誰一人として見た事が無い生活』に『爆発するようセットされ』突き進み、世界的な銀行システムが『経済ハルマゲドン』として近づいていると警告しています。
adb2.gif
オーストラリアの負債について重要なメモは、13.9%のそのGDPへの負債-比率が各国横並びの、他の西側が対応する比率より少ないが(米国:97.5%、英国:72.7%、ドイツ:86.6%、フランス:80.3%、イタリア:121.1%、そして227.4%の衝撃的な日本比率)[注:ロシアの負債-GDPへの比率は7.0%]、それは現在、すでに崩壊の間際で揺れる世界的な金融システムを支え続けることが出来ないとこのレポートにはあります。
Debt_gdp-ratio_US_China_UK_June112009.jpg
GDPへの負債比率:この処置はその負債の、今後支払いをする国の能力についてのアイデアを公表します。
国はその負債を払うことができないならばそれはデフォルトするでしょう。
そしてそれは国内・国際的な市場でパニックを引き起こすかもしれません。
GDPへの負債比率がより高いほど、よりその国はたぶんその負債の支払いをせず、より高いデフォルトの危険性があります。


ほとんど全ての、世界の中央銀行リーダーがオーストラリアの為に集まり、現在の世界的な銀行システムのために『最終的な碑銘を書くことになった』とレポートにあるように、この状況がどれくらい重大になったかこの週に明示されました。
オーストラリアのヘラルド・サン通信社によって報告されるように、この大部分の臨時会議を我々は読む事が出来ます。:

『世界的な景気回復能力に関して再び新たな恐れが世界株式市場を襲ったので、世界最高の中央銀行総裁は高官協議を始めるためオーストラリアに到着しました。
24の中央銀行と通貨当局(米国連邦準備制度理事会と欧州中央銀行を含む)の代表者は明日、明らかにされない場所で出会う為にシドニーに着陸しました。
昨年国際決済銀行によって組織され、2日間の会談は秘密に覆われました。
広範囲な安心感が法執行機関によってかき立てられたと信じられます。
イベントはアジアの代表団によって支配され、中国人民銀行、日本銀行とインド連邦準備銀行の総裁を含むことになっています。』


この経済危機が最初にヒットしたとき、この差し迫った世界的な銀行崩壊について世界中央銀行が死にもの狂いで食い止めようとする方法が、人々の知らぬ間であるという重要なポイントに注目し、オーストラリア政府は市民がお金を保護するために入れる場所の保証を取り除くことによって、自国市民の保護を終わらせる際にアメリカ合衆国と同じ道をたどりました。
【保証を取り除くのリンク先記事:訳】
オーストラリアは、銀行への資金提供担保を回収します。
AFP通信社
First Posted 13:40:00 02/07/2010
Filed Under:
オーストラリアは日曜日に、それが改善された為に銀行に保証として資金を供給する事をやめると言いました。
そして、世界的な財政危機の頂点で実施された経済対策を終えました。
会計係ウェイン・スワンは、財政的監査機関の議会がオーストラリアの銀行システム(財政が世界中で崩壊していた時)を安定させる為に必要不可欠だった処置を終わらせるよう勧めたと言いました。
『それは競争的な関係で我々の銀行に、世界的な資本マーケットへの連続的な接近を与えました。
そして、それはオーストラリアの経済を通して信用の流れを支える際に重要でした。』と、彼は言いました。
計画の下で ― 最初2008年10月12日に発表した ― 金融機関が手数料を払うならば、政府はオーストラリア銀行の卸売り負債義務を完全に保証しました。
スワンは保証(それは2010年3月31日に終了する)が世界的な財政危機の間、金融セクターにおいて競争を支援するのを助けたと言いました。
そして、それは著しく堅いより小さな貸手に打撃を与えます。
『国の保証なしでは、我々の銀行はより小額のお金も貸しませんでした。
そして借用者のための金利はとても高かったです。そしてより低級な発展と、より高い失業に至りました。』と、彼は声明で述べていました。
『それは地方銀行、住宅金融共済組合と信用組合を含む150以上のオーストラリアの認可された保証金=魅力あるある機関に、卸売り資金提供の確実性を提供しました。』
『保証は、非主要なオーストラリアの銀行が国際的なクレジット・マーケットから資金提供において320億ドル以上(米国の276億)を集めるのを許しました。』
財政的監査機関 ― それは中央銀行と財務省の長官を含みます ― の議会は、保証がもはや必要でないまでに状況が改善したと、その銀行資金提供の打ち切りに対して助言したとスワンは言いました。

【会見】つまりは国はもう保証はせず、潰れたら終わりです、倒産したら預金者のお金も返りません。FRBが見切りを付け、米国の銀行を捨てた政策と同じ道をオーストラリアも採用しました。期限は3月31日です。まさしく財政爆弾はセットされました。

adb3.jpg
更に悪いことにオーストラリア民族にとって、彼らの国の最大手金融業者(連邦バンク)は同様に彼らが、アメリカで対応する人に続いて愚かな預金者の卸売り窃盗から基本的に儲ける記録的な利益を報告することです。

オーストラリアの保守的な反対勢力金融スポークスマン:バーナビー・ジョイスが仲間のオーストラリア人に銀行システム崩壊について警告しようとしたけれども、彼の警告はケビン・ラッド首相によって早急に対処されました。
そしてロイター・ニュース・サービスによって報告されるように我々は以下を読むことができます。:

『オーストラリア政府は、同国が国債の近づく不履行のため反対勢力による、その論争の的となる金融スポークスマンの、それは自主評価の恐れがあるとしての告発から火曜日の選挙年告訴を拒絶しました。
『世界中の投資家はそのような意見が面白いとわからない。人々が冗談は抜きにして彼らをつまみ出す。』と凄まじくケビン・ラッド首相は議会で話しました。
『それはオーストラリアの、世界的な経済評判への危険度の高さです』』

adb4.jpg
しかしこのレポートはそれだけでなく、オーストラリアの『経済評判』が『完全に崩壊します』と全て警告されるように、その彼ら【その加盟国、ギリシャ、ポルトガル、スペインとアイルランドがある全欧州連合のもの】の国債にも不履行が近づいているほどです。
そして彼らのEU諸国により報告された、1760億ドルの露出をした米国の銀行とどちらがアメリカ合衆国の経済崩壊を加速させるのでしょうか?

[注:このような言及をすることが今のアメリカ合衆国でどれほど恐ろしい事になったかという例で、その市民が現在、政府『主人』に反対することに対して、よく考え直す為に拘束され、刑務所で最高10年を科せられる可能性があると報告されます。]

これらイベントの全てに関するメモで興味を持つ事は、影響力のあるアメリカの新聞『ウォール・ストリート・ジャーナル』が現在、読者にどのようにしてこの『世界的な-負債-爆弾の爆発』から身を守るのか?と警告しているということです。
そして我々は以下を読むことが出来ます。:

『投資家を起こしてください!世界的な負債時限爆弾が爆発したあと、あなたは訪れる経済無秩序状態の覚悟ができていますか?あなたは囲いの外で考えていませんか?間違った投資をしていない?明日ではあまりに遅いですーすぐに行ってください。
ハリー、ナンシー、ベンとバラクに対して、ラッシュ、グレン、ビルとショーンとの終りのないケーブル衝突を客観的に見ることから始めてください。
客観的に見るとロン・ポールの新Reaganiteイデオローグ、太ったキャット銀行家の反対政党とともに、サラ・ペイリンの保守党右派のティーパーティー革命家とともに、反政府運動を結束させ2010年の選挙(大統領を滅ぼすつもりでいる)に対する強力な前線攻撃をもくろむその全てが、そのようなもの全てがただのつけたし程度でしかありません。
2000年ドット・コム崩壊と、2008年サブプライム信用メルトダウンが組み合わさったものより大きい、巨大なものが間もなくやって来て、大規模な市場破裂を招きます。
そしてブルームバーグ-ビジネスウイークが以下を予測します。:
『結果は投資者あるいは選ばれた議員にとってきれいなものにはなりません。』


オーストラリアかアメリカの民族が、彼らの銀行システムの崩壊に気づいて、身を守り始めるはずならばそれが見受けられるはずだけれども、同じ身を守ることで過去3週の間『予想外に』辞任したという、世界的な大企業の50人以上のCEOとCFOに関しての報道がされているはずがありません。そして最も疑いなく、それが引き起こすこの先例のない財政的な嵐と荒廃のために彼ら自身と彼らの家族が準備をしています。
記事抜粋↓
!!! OVER 50 **UNEXPECTED** CEO & CFO resignations in the last 3 weeks!!!!!
Quote
I'm freaking. I can't remember this many heads resigning unexpectedly in such a short period.
Most notably are telecoms, banks and energy companies. People who would have insider knowledge if something huge were about to happen.
Please add any more you can find here. I stopped at 50 just to get it posted, but there are more, including lots of board members and other executives.
訳:私は麻薬使用で恍惚状態になっています。
私は、この多くの指導者がこのような短い期間に予想外に辞任するのを覚えていることができません。
ほとんどは、特にテレコミュニケーション、銀行とエネルギー会社です。
巨大な何かが起ころうとしているならば、インサイダー知識があるだろう人々です。
あなたがここで見つけるよりも、より多くの何でも知る事をここに加えてください。
私はちょうどこれを投稿するのにあえて50人で止めました。
しかし、たくさんの取締役と他の経営陣を含むより多くが実際にはあります。



1. Sun Microsystems
2. Royal Bank of Scotland
3. Bank Leumi of Israel
4. Lenovo
5. Wellpoint (on March 1)
6. Ingersoll-Rand
7. Gasco
8. Syntel
9. Motion Picture Television Fund
10. GrainCorp
11. Connaught Plc
12. Netplay TV
13. AgResearch
14. Zain Telecom
15. Ethan Allen Institute
16. Fahrney-Keedy Home & Village
17. Nordzucker
18. France Telecom
19. TransWorld Entertainment
20. Parlux
21. Medical Developments International Ltd
22. PBR (on March 1)
23. Aeropostale
24. Cook Islands Tourism
25. Uranium International Corp
26. San Francisco AIDS Foundation
27. Borders Books
28. YTB International
29. Western Australia Business News
30. Bergen Group Rosenberg
31. Phumelela
32. Bartow Regional Medical Center
33. NV Energy (CFO)
34. Shanda Interactive
35. NB Power
36. Empire Aero
37. Argentina Central Bank
38. Hong Kong Exchanges & Clearing (CFO)
39. Arbitron
40. Lihir Gold Ltd
41. Meredith Corp
42. Red Bull
43. Golden Harp
44. Endo Pharma
45. Nuplex
46. CLICO
47. Mirada (chairman)
48. Remedial Offshore
49. Abercrombie & Fitch Co
50. Commerce Resources (CFO)

【転載終わり。】

ふむむ...(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:21 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。