お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月20日

何百万ものアメリカ人を家から投げ出すオバマ策略

何百万ものアメリカ人を家から投げ出すオバマ策略
http://www.whatdoesitmean.com/
by:ソルチャ・ファール
opu1.jpg
今日アメリカ合衆国から届いた新たなレポートは、米国民に対してこれまで行われた最も陰険な策略の1つを明らかにします。
オバマ大統領により率先してエリート銀行家に譲渡し、現在富裕階級が国民を支配して約3000万人をホームレスのままにします。

十分に、アメリカ合衆国の人が知らなければならない全中流階級を滅ぼすこの策略を理解する為、それを後ろ盾する銀行巨人に『ゴールドマン・サックス』という名をつけました。
その巨人は世界の全歴史上で最も大規模な強盗を犯す明確な目的のために、バラク・オバマをアメリカ大統領に据えました。
それらにタイトルをつけたローリング・ストーン・マガジンによって『巨大なアメリカン・バブル・マシンの内部で大恐慌からあらゆる大きな市場操作を企んだ』この銀行巨人に関する非常に興味深い記事が誰を非難しているのか、それは部分的に以下を述べます。:

『最初にあなたがゴールドマン・サックスについて知る必要があることは、それが至る所でそのような事をしているという事です。
世界で最も強力な投資銀行は人類の顔をまとった巨大な吸血鬼のヤリイカです。
そして、執拗にその吸血じょうごを金の臭いがする何にでも押し込もうとします。
多大な影響力のあるポジションで、全てが前Goldmanitesのまわりで物語を構成するあらゆる企てが、不条理で無意味(あらゆる全てのリストを作成しようとするその様な)な働きになります。
あなたが知る必要があるのは、壮大な映画です:
アメリカ合衆国が排水路と例えれば、ゴールドマン・サックスはその排水管―である西洋の民主主義と資本主義(それは自由市場と自由投票によって受動的に支配される社会システムにおいて、この事を決して予測しませんでした)システムーの極めて悲惨な抜け道で、常に貪欲を組織化する方法で無秩序状態が民主主義を破壊するとわかりました。
彼らは、何度も何度も同じ脚本を使いこれを達成します。
手法は比較的単純です:
ゴールドマンは投機的なバブルの最中に自らの身を置き、彼らがくだらないと知る投資対象を販売します。
そして、その銀行が政治的な後援で投じた相対的な金銭と引きかえに国家買収により規則の書き換えを行い、社会の低階層を麻痺させ、彼らは中央から莫大な金額の上に掃除機をかけます。
最後に一文無しで飢える何百万人もの一般市民のもとを去り、それがすべて破綻するとき、彼らはもう一度全プロセスを始動させます。
ー我々自身のお金の金利の利益から我々にお金を貸すことによって、我々みんなを救う際に乗る(ちょうど車輪にオイルを差す多くの本当に利口な人々)、貧欲により男として自身を売るその1920年代―から何度もこの同じスタントをしていました。
そして現在、彼らは再びそれをする準備をしています。
そして、これまでで最も大きく最も大胆なバブルを作りました。』
Goldman_Sachs_641713q.jpg
『ゴールドマンサックス&ゴールドマングループ:最高経営責任者(CEO)ロイド・ブランクフェイン』

ゴールドマン・サックス『帝国』(何兆ドルと評価される)グループとオバマのボスを統轄するのは最高経営責任者(CEO)の『太陽神』として知られるロイド・ブランクフェインである。
そして、ロンドン・タイムズ誌が誰に?
たとえ堂々と2007年(あらゆるウォール街CEO賞与記録よりも)彼自身に最高額6800万ドル(約77億4500万円)―かつて夢にも思わない多額を支払うーの年間ボーナスとゴールドマン株5億ドル以上を所有すると言い足し、自身がまだ『ブルーカラーの男(賃金労働者)』だと主張し発言する過去について、2009年11月にインタビューしましたか?

彼が『ブルーカラーの男(賃金労働者)』であるために自身の広告をするこのインタビューの殆どがアメリカ合衆国の全ての富の略奪においてロンドン・タイムズ誌で語る『ゴッド・ウォーク(神の仕事)』をしているとほざくブランクフェインであった。
そして我々は以下を読む事ができ、更に仰天させられます。:

『活気のないブロード・ストリート・ナンバー85(マンハッタンでは下級の色あせたオフィスビル)は、そこで働く人々が好む習慣で立ち止まり、眺めるような場所にはとても見えません。
水気が多い夜明けの日差しに照らされ並ぶ男と女は、(ウォール街で黒い服を着て)黒いビジネスカバンとBlackBerrysを握り、とてもプライベートには見えません。
彼らはブラック・リンカーン・タウンカーまで、本当に何もない平穏なロビーを過ぎて急いで歩きます。
ネームプレートが建物にはなく、外に配置されるサインINフロント・デスクと武装した警官は、誰がそこで働くかについて話します。
秘密性に関して正当な理由があります。
ブロード・ストリート・ナンバー85、ニューヨーク(NY10004)はお金がある場所です。
それはグローバル資本主義がこれまで生産した最高の現金を儲ける機械部位です。
そして何人かは言います。
政治権力が政府より強力だと。
真鍮製の整ったガラス・ドア越しで働く人々は、数カ国がそうするよりもより多くのお金を儲けます。
彼らは雨乞い師の雨乞い師(財政的ジャングルで最も大きく揺れるディック)です。
彼らの資産は1兆ドル(何十もの数10億ドルにのぼる彼らの歳入)となります。
彼らの利益は数10億ドルです。
それを彼らは自由に彼ら自身に分配します。
平均賃金は、この不況下の年で30,000人のスタッフのため最高記録の700,000ドルとなっています。
最高の稼ぎ手は数千万ドル(数百数千時間よりも)を得ます。
― 会社の清掃員よりも、彼らが『filthy rich by 40:不潔な金持ち40人』の称号を得終わったとき ―述べられる会社の行いが、これらアルファ・ドッグ(社会的に優位な雄共)は休む事なく、彼らは米国で最も上位の政治的ポストへ向け、いくつかを越えてパラシュートで降下します。
そして彼らが『世界を支配する』という告発を促します。
ブロード・ストリート・ナンバー85はゴールドマン・サックスの本場です。
【その全て(2009年11月8日の記事)】:file:///private/tmp/

ゴールドマン・サックスが世界をどれくらい所有しているのか、彼らの主な敵が誰であるか最初に理解しなければなりません。
ロスチャイルドによってコントロールされ等しく強力(まさに凶悪そのもの)なヨーロッパ銀行が一枚岩であり、誰にとっても陰で糸を引いている傀儡マスターとして君臨し、選挙に勝つ両方ともがアメリカ合衆国の力であるどんな公職をも決定できます。
そして、我々が洞察力に満ちたレポートから読み取ることができ、『オバマ対マケインまたはゴールドマン・サックス対ロスチャイルド』とタイトルをつけオバマ選挙勝利の前に公表されました。:

『おそらく、アメリカで起こるあらゆる全てが、より強力な源により組織化されているので、あなたの票が本当に重要でないことをあなたは思いつきましたか?
ほとんどの人々は、世界史で最も強力で国際的な財政的議事堂のうちの2つの力と財政的な影響力を理解していません。
それは彼らが我々の次期大統領をコントロールする事で啀み合い、首の締め合いでかなり熱中しているが、とても巧みに状況をコントロールする可能性があります。
それでも、メディアはこの国際的な銀行家の関係と大統領の、我々の候補者へ質問をしそうにすらありません。
巧みに、必要以上に遅れる事のないよう、彼らはそうしなければなりません。
一体全体どうして?民主党と共和党、自由党と保守党とこの国のメディアは、全てが不正行為をして、詐欺を犯して、規則を曲げて、政府と金融に関して最良の知性で裏をかいたまさしくその機関を救うそのような大きい約束を何故同意したのか?
どのように、恨み重なる政敵で対立する哲学(原理)をもつ者同士の人々は、歴史(ちょうど、劇的なクライマックスの2〜3週間前)で最も議論を呼ぶ大統領選挙戦の内の1つの最中に、手斧を埋め隠しましたか?
おそらくかなり前から、大部分の現代的政府が存在する前から、この全世界の原動力を政府とともにコントロールしていて、ゴールドマン・サックスとロスチャイルドの静かな関係を説明するかもしれません。
※ロスチャイルド※
アメリカ独立宣言より前の1750年〜26年で、ロスチャイルド・ファミリーは、世界史で最も強力な財政的ファミリーになるために世界旅行を開始しました。
そして、この日まで大多数の彼らの持ち株が個人的に持たれ、彼らファミリーの持ち株推計は脅威の167兆ドルです。
ロスチャイルドの継続発展が金、石油、ダイヤモンドと多くの他の資産の世界供給と多くの規制コントロールに至る、258年にわたる戦略的な行動をしています。
※ゴールドマン・サックス※
ゴールドマン・サックスに関しては、彼らは1869年に、米国南北戦争の終了直後(米国内戦の間、連合に属する関係を除いた業務が『ロスチャイルドがマネー』で『ロックフェラーがスタンダード・オイル』で帝国に融資する機会を含む、アメリカで増大する爆発的増加の間、それに『多くの特権をもたらしたJ.P.モーガン』)に、そしてさらにもう一つのファミリー企業が加わりアメリカでの産業革命の始まりに伴い創立されました。
それがゴールドマン・サックスの始まりです。

やがて3つの派閥は、これまで見られる世界的金融システムのコントロールのために、彼らの間で最も激しい競争をしている様に見えます。
しかし、結局は、全3つのグループがアメリカの影響力に関して今日たった1つが生存者のままとなるが、モーガンが、ロスチャイルドがアメリカで低姿勢で存在を保つためにロスチャイルドの見せかけとして用いられた事が明らかとなりました。
しかしロスチャイルドが低姿勢となうよう、それが起こるようコントロールしたのです。
なぜ、それがどのよにして起こったのか。
この選挙サイクルとの関係に関しては、ゴールドマン・サックスが始めからオバマ・キャンペーンに埋め込まれる間に、ゴールドマン・サックスとロスチャイルドはキャンペーンに遅れてマケイン・バンドワゴンに飛び乗りロスチャイルドとお互いに再び荷を積み込みました。
ロスチャイルドが表面上プレーする間、マケインの努力は非常により小さな役割で、ゴールドマンのオバマの役割はずっと明かされないままです。
これを大いに報告することができます。
後にオバマが上院議員のための新人候補であったとき、彼は2004年民主党全国大会のための基調演説者になるよう選ばれました。
シカゴから来る取るに足らない人は、上空からグイっと引き抜かれました。
そして、慣例の最も重要なスロットへキャストされました。
オバマについて上の方がそうする考えは明らかにされないままです。
下級上院議員に選ばれてからほんの少し、1年を越えた2006年に、オバマはシカゴのゴールドマン・サックス経営陣の個人的な集会に呼ばれ注目ゲストでした。
そして、誰に対しても聞いたことがない名誉が、あらゆる政治上で取るに足らないものであり、ウォール街と世界で最も強力な存在より、更に最も強力な金融企業の前で話をしました。

これはブルームバーグ・ニュースで静かに報告されました。
それはオバマの大統領選挙戦の開始でした。
そして、彼らの仲間のウォール街企業とクライアントから何百万ドルも得ることと一緒に、オバマ大統領選への出馬の為にゴールドマン経営陣はすぐに800,000ドルを躍動し開始するよう与えました。
images.jpeg
そうそう、ロバート・ルービンはオバマ経済専門家(ゴールドマン・サックス前CEO)になりました。
images-1.jpeg
億万長者ウォーレン・バフェットは、オバマに最も信用された経済アドバイザー(経済崩壊の頂点で50億ドルをゴールドマン・サックスに投資することになっていた男性)になりました。
それでも、ウォーレン・バフェットは彼の英国財産での個人的なカンファレンス会議、ロスチャイルド卿の個人的な客でもあります。
ストーリーは良くなるばかりです。

今日はここまで。
続きはいずれまた。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
『クリック』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 22:47 | Comment(0) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。