お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月24日

戒厳令に備えた理由で逮捕された人inマサチューセッツ州

結構前になりましたが最近のアメリカ事情です。

2010年2月10日のニュース放映。
『グレゴリーD.のジラード(45)』は申し立てによると、いくつかの催涙ガス手榴弾および爆発性の胡椒ボール射弾を格納した罪で火曜の夜逮捕されました。
更に4本の警棒の違法所持により責任を負いました。
火曜日の午後11:30分前に、マンチェスター・海上警察が23番ブリッジ・ストリートで家宅捜索令状を実行したと警察側が声明で発表しました。
ジラードは数ある危険な武器所持の訴因に直面しており、この罰則金に関して未決であると警察側は言いました。
『彼はまもなく起こるハルマゲドンの幾つかの事態を予測して準備していた』と、警察に説明したと『警察署長グレン・マッキエール』が言いました。
手榴弾タイプの装置に加え、警察は強力なライフル、ショットガンとピストルを含む20種の武器を発見しました。
武器の全ては、過去10ヶ月以内に法律に則り購入され登録されたものだとマッキエール署長が伝えます。
ジラード(職業:コンピュータ・コンサルタント業)はAクラス・ライセンスを所持していました。
彼はラインセンスよって強力な武器を購入することができました。
警察によると、彼には犯罪歴がなく問題無く許可証を与えたと伝えます。
警察は、さらにジラードがカモフラージュ衣類、ナイフ、防弾チョッキ、ヘルメットおよび8ペアの手錠を家で見つけました。
更には医薬品および腐敗しない食糧の備蓄を発見しました。
更に違法な屋内のライフル射撃場が屋根裏でも見つかったと警察が伝えます。
警察はすべての武器と弾薬を押収して、ジラードの許可を取り消し、署に連行しました。

彼が今朝、無罪(罪状認否手続きで)を主張したあと、『セーレム地方裁判所判事リチャード・モリ』は保釈せず、ジラールを監禁するよう命じました。
モリは聴取を2月12日に予定します。
【内容転載終り】

アメリカは銃社会だから大変ですね(汗)
ここまで装備できるなんてsugo!!
ゲームのバイオハザード見たいです。
警察の行いも何か刀狩のようですね。

本当に事情を知り予測するのならば、核で荒廃するその土地に居ない方が得策では?
そんなに銃買うお金があるんなら引っ越た方が良いでしょう…英語圏なんて沢山あるんだし。
だって何の為にアメリカの地下にあんな施設を建造しているのか?
秘密裏にEUにも(怖)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 14:50 | Comment(1) | アメリカ経済・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。