お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年03月30日

【再】オバマは、致命的な北朝鮮の攻撃の後『即時の一時休戦』を命じます

nku1.jpg
2010年3月28日
オバマは、致命的な北朝鮮の攻撃の後『即時の一時休戦』を命じます

http://www.whatdoesitmean.com
by:ソルチャ・ファール

今日クレムリンを循環しているロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)報告では、オバマ大統領が韓国海軍の約46名を死亡させたその軍艦1隻への致命的なミサイル攻撃のために北部に報復するという恐れについて『即時に一時休戦』を朝鮮半島ですべての国連軍隊に命じたとしています。そして、この警告から核兵器を取り交わしやすくするように緊張をさらに拡大しようとします。
nku2.jpgnku3.jpg
この最新の対立を起こさせたのは韓国海軍Cheonan(天安)軍艦[写真](哨戒艦『Pohang:1200トン級』-クラス・コルべット艦(PCC-772))への『いわれのない』攻撃でした。そして、それが北朝鮮の岸の砲台から発射された中国製のシルクワーム・ミサイルで攻撃されたとき、天安は黄海の中立不偏の領海でパトロールをしている最中でした。この攻撃で『Pohang(天安)』が半分に引き裂かれた結果から、生じた爆発は非常に強力なものでした。そして、その104人の軍乗員のうちの46人が絶命しました。
300px-Silkwormmissile.750pix.jpg
『シルクワーム・ミサイル』
[注:西欧のレポートでは、それが韓国海軍と取り交わされた北方限界線に沿って構築したシルクワーム・ミサイル部隊が、韓国海軍との協定から訓練し始めたとき、北朝鮮が昨夏からこの攻撃に備えていたことを示します

『Pohang(天安)』の沈没に応じて、この海域をパトロールしていた姉妹軍艦『大川:Daecheon(PCC-777)』へも継続してシルクワーム・ミサイルを発射して砲火をしてきた北朝鮮の岸の砲台を壊滅しました。そしてその後の、更なる交戦は報告されませんでした。
このすでに不安定な地域で緊張を拡大してはいけないというオバマの命令に従うことで韓国政府は、国民や世界への報道で、天安の沈没が『不可解な』ままであり、そして、大川によって発砲された大砲が北朝鮮に向けられないで、鳥の群れに『誤って』向けられたと報告しています。

日本の降伏(日本は、1910年以降韓国民族を統治していました)で帝国に、朝鮮半島が共産主義国である中国とロシアの力によって北部と、欧米によって後援されるその南半分との間で2つに裂かれた第二次世界大戦の余波からのその起源が、この対立に関して重要です。
200px-Douglas_MacArthur_smoking_his_corncob_pipe.jpg
『ダグラス・マッカーサー』
共産主義国に後援された北の軍隊が南に侵入して、ほとんど全国を占領することに成功したとき、朝鮮半島の西部と東部に広がる対立は1950年6月25日に始まりました
しかし、米国ダグラス・マッカーサー将軍によって導かれる国連軍隊(大部分はアメリカ人)が1950年9月15日に開始した、韓国の3番目に大きな都市Incheonの海へ侵入が成功したとき、北の計画は妨害されました。

マッカーサー将軍の戦争戦略は、1950年10月後半までに、彼の軍隊が敵対する北朝鮮軍隊を完膚なきまでに完敗させて、共産国中国と朝鮮半島の境界線にまで近づいていたように大成功でした。
200px-Mao_Zedong_portrait.jpg250px-Stalin_lg_zlx1.jpg200px-Kim_Il_Song_Portrait.jpg
『毛沢東』『ヨシフ・スターリン』『金日成』
200px-General_Peng_Dehuai.jpg200px-Zhou_Enlai.jpg200px-Harry_S_Truman,_bw_half-length_photo_portrait,_facing_front,_1945.jpg
『彭徳懐』『周恩来』『ハリー・トルーマン』
しかし、マッカーサーに対して気づかれずにその共産主義国中国は存在しました。そして、ソビエト連邦(現ロシア)はアメリカ人が北朝鮮人を鎮圧することへの成功を許し(認め)そうにありませんでした。そしてその実情を、我々が『中国共産党リーダー・毛沢東』と『ソビエト連邦リーダー・ヨシフ・スターリン』の間で取り交わされる最初の通信から読むことができてます。:

1950年10月1日に、金日成は軍事介入を求めている中国に電報を送りました。同じ日に、毛沢東はスターリンの電報を受け取りました。そして、中国が軍隊を韓国へ派遣することを示唆しました。

10月5日に、毛沢東と人民軍人の彭徳懐(ほうとくかい)からの圧力の下で、中国の共産中央委員会は、韓国への軍事介入の決定を終えました。

10月11日に、共同で送られたスターリンと周恩来は、毛沢東への電報に署名しました。そして、以下を述べました:

@.中国軍隊は準備が不十分で、戦車と大砲なしでいる:要請された上空援護は、到着するのに2ヵ月間かかる。

A.1ヵ月以内に、フル装備した軍隊が適所にいる必要がある:さもなければ、米軍は38度線をまたいで越えて北朝鮮を支配するだろう。

B.フル装備した軍隊が、6ヵ月間に渡り韓国にもたらされる可能性がある:その時までは、北朝鮮はアメリカ人によって占有されている状態だ。そして、どんな軍隊でも太刀打ち出来ないだろう。

10月15日12:30の北京時間(ロシア大使を通してスターリンへ電報を送る毛):『私は、あなたの(スターリンと周)決定に同意する。』

10月22日12:12の北京時間(もう一つ電報を送る毛沢東):『私は、10月10日の電報に同意する;私の軍隊はじっと滞在している;私は、韓国計画への先発隊に中断するよう命令を出した。』

10月12日に、スターリンは北朝鮮の金日成に電報を送りました。そして、彼に言いました:『ロシアと中国の軍隊は来ない』

10月13日に、北京のソビエト大使はスターリンに電報を送りました。そして、毛沢東が中国共産中央委員会が軍隊を韓国に派遣する決定を承認したことを彼に知らせたと言いました。

アメリカ人が北朝鮮に対する勝利を祝う準備をしていたので、それで、中国人はこの紛争に中国軍隊のうちの約500,000人を放つ準備をしていました。そして、それらが実際に1950年11月1日国連軍隊の惨敗につながった戦争後、欧米が半島の38度線へ退くことを引き起こして分断され、事実上手詰まり状態の後で北朝鮮に対する、アメリカ大統領ハリー・トルーマンは核兵器を使うことを求めるマッカーサーの訴えを拒否しました。

[注:噂によるとマッカーサーはトルーマン大統領に対し、第二次世界大戦の英雄の将軍がアメリカ大統領の命令に従わないで、いずれにしろ中国軍隊を核攻撃しそうだったほど激怒していたということです。そしてそれは彼に一発の発砲を生じさせたとトルーマンによって伝え聞くほど、おそらくアメリカ合衆国史上で最も有名な将軍です。]

欧米と東洋は、7月27日国連司令部総司令官、朝鮮人民軍最高司令官と中国義勇兵司令官との1953年夏までには、公式に戦闘行為を終えるよう署名されたように、休戦一致が核兵器を使わずに、この戦争がどちら側も制圧することができなかったということを理解しました。しかし、今日に至るまでも続く戦争であり、終わってはいません。
200px-Syngman_Rhee,_1951-May-1.jpgnku4.jpg
『李 承晩』
また、今の今まで韓国と共産主義体制の北の隣人との間の戦いで残る、欧米と東洋に仲介された休戦合意調印に対して拒絶したその当時の韓国の李 承晩(イ・スンマン)大統領がメモにとって重要です。

南へのこの最新の攻撃を開始した北朝鮮の理由は、アメリカ合衆国と韓国が彼らの共産主義政権を不安定にして、それから倒す準備をしていたためであり、そして、この週に急にアメリカ議会の席でウォルター将軍により証言されたそれが、韓国駐屯米軍司令官に北朝鮮政府の突然の政権崩壊のための『緊急の準備』が必要と、軍の構成について警告したレポートについてのそのふくらむ怒りであったと、このレポートは続けます。

北朝鮮は予想通り、シャープ将軍の証言を好みませんでした。そして、当局者を通して朝鮮中央通信(KCNA)はそれに対して警告しました。
『北の体制を倒そうとする人々に対し、あちらが主要的な役割、または、受動的な役割を演ずるかどうかにかかわらず、無敵の軍の意志による先例のない核攻撃の犠牲となるだろう。』
※最初の部分訳間違えました。スイマセン※

面白いことにオバマ政権と北朝鮮との関係に関して、それが自動的に制裁を押しつける包含のための『法令の基準を満たしていない』とオバマが述べる事により、テロ支援国家としてのアメリカのリストから北朝鮮を除外した先月の決定です。

例え、何十年も核兵器とミサイル技術を供給した世界で最も危険な国家体制で、この世で数ある最も危険な国家と呼ぶ事ができないとしても、主要なテロ国家としての疑問が拭えず、それではテロ国家とどうすれば示唆し呼ぶ事ができるのか?
400px-Axis_of_Evil_map.svg.png
『テロ指定国家世界地図』
一方では、前ブッシュ大統領は北朝鮮に対しそれが実際にそうであと、『テロ国家』と呼ぶことについてまったくの不安がありませんでした。そのとき2002年1月29日に、現在も『悪の枢軸』と呼ばれることの米国会議でのスピーチで、ブッシュはイラクとイランに加えて北朝鮮を地球上の3つの最も危険な国であると指名しました。
netanyahu-squeeze.jpg

     『イスラエル:ベンジャミン・ネタニヤフ首相』
しかしオバマが就任しているので、彼らが原子爆弾を造る間に、オバマがイランを保護し続けて、どんな人にもブッシュの『悪の枢軸』と新任のアメリカ大統領が『仲良しトリオ』であるように見え、イラクは、基本的にイランの保護領になったみたいです。
そして、現在、同時に北朝鮮は、米国(ネオコン派)の最も頑強な同盟国のうちの1国だったイスラエルにオバマが背を向けた(敵対)ことで生じる、全く…報復の恐れもなく自由に米国の同盟国(ネオコン派の影響力が強い韓国)を攻撃することに対して許されたという事です。

オバマ関係者を除いて、彼らの周囲すべてに作り出された容赦のない共産主義政権(アメリカで起こったことに対していかなる疑いも、もはやありません)の下で苦しんでいる自国民の人々の話を聞くことを拒否するように、かつてのアメリカの忠誠的な同盟国が、現在またもや退けられています。

そして、何が? アメリカの『change!』大統領の下で起こっているのかについて、信じていない、もしくは受け入れられないアメリカ人にとって、市民はより緊密に注意を払わなければなりません。

fidelcastrold4-1.jpgdr._obama-orig.jpg
          『オバマとカストロ』
obama-health-care-logo5.jpg

例えば先週、共産主義国の指導者である、キューバのフィデル・カストロはオバマ・ヘルスケア改革の可決が『a miracle!(軌跡だ!)』と言い、オバマ在任期間中の大きな勝利であると断言しました。

彼がただ1人を見つめるとき、少なくともフィデルは仲間の共産主義独裁者を知って行います。また、米国民がそれを見ることができないのが残念です。

【転載終わり】

putin_army.jpg
ロシアの地下鉄テロ攻撃もチェチェン独立を支援するネオコン派、もしくはブレジンスキーが戦略国際問題研究所顧問として関与した『チェチェンに平和をアメリカ委員会』とイスラエル・モサドの攻撃でしょう。
しかしながら勘違いしてはいけない...ネオコン派はチェチェンの独立など本音はどうでもいいのである。
map01_l.jpg
『この地図みるとグルジア紛争のアメリカネオコン派の介入の背景もよくわかる』

チェチェンはアニキ(プーチン)のロシアが中東諸国&トルコと自国を結ぶ石油&エネルギー・パイプラインの超重要拠点なのである。(地図参照)
つまりアニキにしては何としても死守(治安維持)しなければならない拠点なんです。
最近アニキへの攻撃がエスカレートしてる
オバマの顧問でもあるブレジンスキーの攻撃はしつこいですね(汗)
度々紹介しているがアニキはイルミナティに従順ではなく、やはり一線を置いていると僕は思う。
奴らにとって都合の悪い行いを実際に何度も行っている。
さらに独自に中東、東南アジア、南米と関係強化をしているのでかなり目をつけられているのだろう。
キチガイに抗う『ブラウァー』の実験も近いし今後もアニキへの攻撃はエスカレートすると思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
売国政党民主党や工作員を根絶しましょう!!
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 21:56 | Comment(7) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

共産主義の暗闇がアメリカに訪れ世界は嘆きますA

ogd1.jpg
2010年3月22日
共産主義の暗闇がアメリカに訪れ世界は嘆きます
by:ソルチャ・ファール

世界中の新聞の主な見出しにより、近代史上最も仰天するほどの力を手に入れたうちの1つとして記載されることは、オバマ大統領が無害にH.R.という名をつけた大規模なヘルスケア・プランを米国議会でかろうじて任期1年目で制定させた法律によって、完全に神を信じないよう育てる共産主義帝国にアメリカをリメイク(作り直す)させるこの大胆な計画に成功しました。

【H.R.3200-America's Affordable Health Choices Act of 2009(2009年の法令、米州の手頃なヘルス・チョイス(選択)】は、ロシア・クレムリンの法律専門家曰く『ヘルス(全てを支配する事以外の)を利用して、まったく無価値なモノをもたらすと言いました。』

米国民とこの新しい法律を可決することで達成された学生ローン・プログラムと米国全てのヘスルケア産業の国有化において完全な力をオバマは手に入れ、十分に完全で冷酷な含意をつかみました。
2009年1月20日に就任してから、オバマが次に(彼のサイトにおいて)インターネットにて述べた、必要以上に自動車産業住宅抵当権銀行業を引き継いだことをまずは思い出されなければなりません。
(国が支援する自動車ローンや住宅抵当権、銀行ローンや学生ローン、また、最新のヘスルケア登録の為に、全ての個人データ(預金口座・家族構成・仕事・ネットID・医療データなど、あらゆる全て)が国に管理され、ICチップ(衛生により何処に居るか完全に把握される)が入った国家身分証明書(体内チップ)で完全に監視管理される。

現在、自由に生きる運命にある民族を一度この新しい体制により、アメリカの強力な資本主義システムを一度破壊させるための潜行性の乗っ取りにより、彼らの新たなヘルスケア法案の下で、国家身分証明書(58ページ)を携帯させ、市民の預金口座と個人データ(159ページ)の全てに政府が無制限でアクセス出来る許可を全市民に義務づける新たな新体制です。
ogd2.jpg
そして、現実となった『獣の刻印』のこの時代に関する古代の予言の恐ろしい一節で、全米国民が現在携帯する(年齢に関係なく)ことを義務づけられた国家身分証明書は、市民に働くことを認可(就業許可書)する為の近々公開される新たな出入国管理法のもとでの新たな政府身分証明書と結合されることになっていて、市民の手の甲をスキャンで『読む』よう生物測定でデザインされています。

[注:キリスト教バイブルのヨハネの黙示録によると、誰でも、両双が、高額でも、小額でも、そして、富める者でも、貧しい者でも、自由であっても、奴隷であっても、彼らの右手、または、彼らの額に刻印を導入します。そしてそれ無しでは彼らは売り買いすることが出来ないと古代文明諸国は未来について警告しています。]

多くの人々に米国の計画について、オバマの支持した共産軍隊の手による米国の破壊の[『ロシアは、全世界を危険にさらす米国共産主義の脅威に警告します』という我々の3月2日の報告を含む]で、支配から後退させようとアメリカ人に警告したけれども、アメリカ合衆国の宣伝機関は彼らと連絡を取り合う間柄か、ほとんど全てが正反対で、意味が違う報道を密かにしました。そして、まもなく市民を襲うために、本当の脅威は息をひそめ眠ったままです。
ALeqM5im2A096PZEYKRm6ffYt_bEv4dhgQ.jpeg
『国連事務総長バン・ギムン』
しかし同じことで、この週の間に、単独でNATO軍隊を導いた((その人物は、彼らが膨大な石油と天然ガス・エネルギーの富を盗むために、現在、イスラム国家との戦いを拡大しています)ので米国の対抗勢力として、国連事務総長バン・ギムンは前ソビエト・ロシア率いるセキュリティー・グループとともに協力合意に調印しました)事により、一方の、世界の反応に関していうまでもありません。そして、中国将校の1人が、世界で最も強力な軍隊を築いたと誇った彼の国が、全世界の『チャンピオンとして早急にアメリカ合衆国を倒す動きを要求しました。』

米国民が、我々が警告するオバマの軍隊によって市民に押しつける共産主義の抑圧の束縛にどれほど無知になったか、今日のロサンゼルス・タイムズの報道からちらっと見ることができます。
『バラク・オバマ(彼は前任者を非難しました)の民主党政権は、ジョージ.W.ブッシュが歴史上最も秘密主義的なものだったとして、現在、ブッシュ共和党が行った多くの『Freedom of Information Act(情報の自由(情報公開請求権)法令)』の要請を拒んでいます。』

そして、オバマと彼の共産主義軍隊がなぜ?
米国民から彼らが実際にしていることを隠そうとするのか?
我々は、また、『「日の終わり」は我々に応じてあると、ロシア大司教は警告します』という我々の2月12日の報告で以下を述べ、その点について以前警告しました:
ogd3.jpg
『オバマのサタニックサイン』
ogd4.jpg
『古代神マルドゥック(アッカド語でのシュメール人のつづり:AMAR.UTU『太陽の子牛』を意味する)を礼拝している古代バビロニアの「ホーンのサイン」[親指で中央と薬指を抑えつけて、人差し指と小指を伸ばすことによってできるサイン、写真上]が国家リーダー、政治家、軍、銀行家、有名人、エリート・クラスの間で盛んに使用されることから明示されるように、シリル大司教は、欧米諸国の不信心(神を信じない)をやめさせる祖国の努力が「遅れる可能性がある」という彼のレポートで警告します。』

アメリカの教育は故意に聖書黙示録を削除している
参考:http://higasinoko-tan.seesaa.net/

今、我々の人類の敵について最も重要な事は、この古代の記憶と同調しているオバマと共産主義軍隊に関して、本当に予言でこの先の行いが予測できるということです。;
キリスト教フェスティバル(復活祭)に与えられた名前であり、『古代女神Eostre』への『祝賀』として2010の春の至点[昼と夜の時間の長さが等しいとき]の間、ヘルスケア法案を可決したアメリカ合衆国を含みます。しかし、誰?の起源に、かすみがかる時代にまでさかのぼり、謎の宗教派閥ローマ・キュベレ・カルトを予め形成し広がりをみせ、彼らが幼児をいけにえにする場所に関して、どんな人にもバチカン・ヒル(丘)として知られている事と同時に、今はローマ法王の自宅として知られています。

そして、彼ら破壊的な計画の最も安全な保護(保険)に関して、これらのモンスターの予言に関する古代の日付と昔の儀式に同調し、予言通り同様に起す事です:
例えば、テレビ番組『Lone Gunman(孤独なガンマン)-パイロット版-』でアメリカ合衆国の離れた場所からコントロールした飛行機を世界貿易センター・ビルに衝突させ、アメリカ政府の策略が発覚した2001年3月4日の放送から、実際の襲撃が起こった時、正確に6ヵ月と7日でありました。

もちろん、それは神を信じない共産主義マスターから恩顧を受けている宣伝メディア機関が自国の市民にこれらを決して知らせないことは言うまでもありません。そして無神を実行する我々にとって、常に大きな危険があります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
売国政党民主党や工作員を根絶しましょう!!
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 00:04 | Comment(4) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

共産主義の暗闇がアメリカに訪れ世界は嘆きます

日本もヤバいがアメリカはもう落ちた(汗)
あの国はクーデターしかないだろう。

世界は共産主義化へ向けパラダイムシフトのまっただ中だ。
キチガイは民主党・支那・在日・チョンという癌を使い日本を崩壊させ、手っ取り早くあらゆる国々の通貨と経済構造を崩壊させて世界をリメイクしたいんだろう。

円はやはり強すぎる。

日本は今の米国と同じ道を歩まないよう、断固民主党の友愛政策を阻止するしかない。

ogd1.jpg
2010年3月22日
共産主義の暗闇がアメリカに訪れ世界は嘆きます
by:ソルチャ・ファール

世界中の新聞の主な見出しにより、近代史上最も仰天するほどの力を手に入れたうちの1つとして記載されることは、オバマ大統領が無害にH.R.という名をつけた大規模なヘルスケア・プランを米国議会でかろうじて任期1年目で制定させた法律によって、完全に神を信じないよう育てる共産主義帝国にアメリカをリメイク(作り直す)させるこの大胆な計画に成功しました。

【H.R.3200-America's Affordable Health Choices Act of 2009(2009年の法令、米州の手頃なヘルス・チョイス(選択)】は、ロシア・クレムリンの法律専門家曰く『ヘルス(全てを支配する事以外の)を利用して、まったく無価値なモノをもたらすと言いました。』

米国民とこの新しい法律を可決することで達成された学生ローン・プログラムと米国全てのヘスルケア産業の国有化において完全な力をオバマは手に入れ、十分に完全で冷酷な含意をつかみました。
2009年1月20日に就任してから、オバマが次に(彼のサイトにおいて)インターネットにて述べた、必要以上に自動車産業住宅抵当権銀行業を引き継いだことをまずは思い出されなければなりません。

現在、自由に生きる運命にある民族を一度この新しい体制により、アメリカの強力な資本主義システムを一度破壊させるための潜行性の乗っ取りにより、彼らの新たなヘルスケア法案の下で、国家身分証明書(58ページ)を携帯させ、市民の預金口座と個人データ(159ページ)の全てに政府が無制限でアクセス出来る許可を全市民に義務づける新たな新体制です。
ogd2.jpg
そして、現実となった『獣の刻印』のこの時代に関する古代の予言の恐ろしい一節で、全米国民が現在携帯する(年齢に関係なく)ことを義務づけられた国家身分証明書は、市民に働くことを認可する為の近々公開される新たな出入国管理法のもとでの新たな政府身分証明書と結合されることになっていて、市民の手の甲をスキャンで『読む』よう生物測定でデザインされています。

[注:キリスト教バイブルのヨハネの黙示録によると、誰でも、両双が、高額でも、小額でも、そして、富める者でも、貧しい者でも、自由であっても、奴隷であっても、彼らの右手、または、彼らの額に刻印を導入します。そしてそれ無しでは彼らは売り買いすることが出来ないと古代文明諸国は未来について警告しています。]

【転載終わり】
※続きはすぐにアップします。

ps:今日は南京大虐殺があった記念日らしいですね。
真実を知らない人には良い歴史認識になります。

参考:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現【Yahoo!ブログ 】様より
http://deliciousicecoffee.blog

20100324015140c08.jpg
この南京の大暴状を見よ
我が同胞は斯くの如く凌辱された
南京事件の責を負ひ荒木大尉上海で自殺
などの見出しで1927年3月24日の南京事件を報じる朝日新聞夕刊


3月24日は、「南京事件」の日だ。

1937年12月の日本軍による南京占領時のいわゆる「南京事件」(南京大虐殺)は完全な嘘っぱちのでっち上げだが、1927年3月24日に支那軍が起こした「南京事件」は本当にあった歴史的事実だ。


1927年3月24日、支那の国民革命軍第6軍と第2軍が南京を占領した。

入城そのものは平和裏に行われたが、その後、軍人や民衆の一部が外国の領事館や居留地などを襲撃して暴行、掠奪、破壊など、悪逆暴虐の限りを尽くした。

そのため米英両軍は居留民保護を理由に南京に艦砲射撃を実施した。

その後、米英などは支那に対し暴動の鎮圧や賠償などを要求した。

一方、日本の幣原喜重郎外務大臣は英米からの共同軍事行動の要請を拒否し、蒋介石に対して宥和的な方針を貫いた。

なお、南京を占領した国民党軍は、政治部主任などに共産党員が就任していた。

蒋介石は1927年の南京事件の背後には共産党の扇動があったとみなし、4月には「四・一二」反共クーデターに踏み切った。



次に、1927年3月24日の「南京事件(南京虐殺)」に関する『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著(1938年)の記述を紹介しよう。

━━━━━━━━━━

しかしながらこの融和的な日本の政策にもかかわらず中国は、日本との通商条約を一方的に破棄すると日本に通告してきたのである。中国は日本と妥協しようとする望みはかけらも見せなかった。

 1925〜27年にかけて、暴力的な反外国(特に反英)暴動が揚子江南部のいくつかの省に広まった。これはついに1927年3月24日のあの恐ろしい南京暴動に発展し、この暴動で全ての外国領事館と多くの外国企業、住宅、キリスト教の施設などが略奪された。殺害された外国人の中には米人の南京大学副学長、二人の英人、仏人と伊人の司祭一人づつが含まれていた。多くの外国人の女性たちが筆舌に尽くしがたいほどの暴行を受けた。

 この全期間を通じて日本は融和的な態度をとり続けた。中国人の民族主義者の大群衆の前で逃げ惑っている外国人を保護するために、南京に停泊していた英米の戦艦が市街の幾つかの区域に砲身を向けたとき、日本の駆逐艦の砲身は沈黙したままだった。日本領事館が他国の領事館と同様に略奪され、女性も含めた領事館職員が筆舌に尽くし難いほどの虐待を受けたにもかかわらずである。

 南京事件の後で暴行を免れた日本人の一人は、当時南京に停泊していた我が日本の駆逐艦が彼らを「見捨てた」時、避難民たちがどんな心地であったかを語ってくれた。かれは次のように言っている。

 「我々は日本の汽船会社に所属する廃船に逃げ込んだ。二隻の日本の駆逐艦が我々からそれほど遠くない所に錨をおろしていた。それを見て我々は大丈夫だと思った。中国兵が廃船をよじ登ってきた我々から略奪を始めた時、我々は日本の駆逐艦に大声を上げて助けを求めた。だが何の反応も無かった。そうしている間に英米の戦艦の砲身が火を噴き、南京の城壁に囲まれた市街を砲撃し始めた。それで我々も、日本の駆逐艦がせめて我々を助けにくらいは来てくれるだろうと思った。ところが見ろ!日本の船は突然錨をあげて上流のほうへ去ってしまったではないか。」

P109−110
『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著(1938年)
━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━

1927年の南京事件では、南京の日本領事館にも50人程の支那兵士が乱入し、男女の別なく衣服を奪われ財布・時計・指環は例外なく奪取されたほか、次々に衣服をぬがされて身体検査をされた。
女性の場合は下着までぬがされて「忍ブベカラザル」検査さえされた。

森岡領事は荒木大尉を自室に呼び「気の毒ながら各兵の階級章及び帽子の如き標識を一時取り去られたし」と言った。
荒木大尉は血相を変えた。国民を外敵から守るのが軍人の本務、それを戦うなと言うだけでなく軍装まで解けと言う。

「度を過ごしたる無抵抗主義」は、却って相手の増長心を刺激し暴行を激化させる。
そう思ったが「在留民の生命が風前の灯だから」と病床に深々と頭を垂れる森岡領事を見て承知した。

(荒木大尉はその後自殺した)

『日中戦争』児島襄著より抜粋要約
━━━━━━━━━━

nanking203.gif
1927年3月27日付朝日新聞夕刊に掲載された南京領事館と森岡領事の写真



実際にそれまでは英国中心に行なわれていた支那の外国排斥運動(テロ)の矛先が、1927年頃から日本に向けられるように変わった。

1927年のこの南京事件をきっかけに、支那居住の日本人が支那人によってテロ攻撃されまくるようになってしまった。

支那人は泣き寝入りする相手を容赦せず、徹底的に虐め抜く。

これは普通の日本人には理解し難い支那人の普遍的習性だ。

支那人や朝鮮人というのは誠意が通じない相手なのだ。

支那人の反日活動や日本人虐めをやめさせるには、日本は武力・軍事力を持った上でやり返さなければならない。

幣原喜重郎の対支宥和政策は、戦後の日本と同じように、支那人のことを全く理解していない愚策だった。

南京事件を報じた1927年3月26日付夕刊


それでも当時の日本人には、支那人の特性を良く知った上で、武力・軍事力を駆使して支那人から信頼と尊敬を得ていた優秀な日本人も存在した。

━━━━━━━━━━

軍艦を盾に賠償金を取った田村総領事

 中国全土と同じで、福州でも収奪目的の学生秘密結社がいくつも存在していて日本人も被害に遭っていた。ある日本人教師夫妻が標的にされた。「殺す」と脅されていた。脅された教師には何の咎もなかった。ただ、家が中国人の家の近くにあり、警備が十分でないのでカモにされたのである。日本人子女の先生だから、中国人と接触し挑発することはない。日本総領事は、ばかばかしいことではあるが、主権国家に対する礼儀を重んじ、福州当局やら警察やらに状況を説明し、警備を要請した。日本側でできるのではあるが、そうすると主権国家間の慣行に反すると判断したのである。

 要請を受けた中国側は教師宅の前に中国兵を配置した。この中国兵は、数日間は交代で24時間警備に当たった。ところがある夜、何の前触れもなく、消えた。説明も何もなく突然いなくなったのである。策を講じるまもなく、夫妻は襲われ、殺されてしまった。信頼させておいて寝首を掻く中国の軍隊、警察のいつものやり口である。当局が秘密結社と組み、殺害させたのではないとしても、ぐるになって襲撃の時に警備を引き揚げさせたとしか思えない。

 日本人の怒りは頂点に達した。田村総領事は中国当局役人を呼び、こう述べた。「非難するつもりはないが、双方の同意に基づいた警備に落ち度があったから今回の事件が起きたのである。この重大な過失に対し、ご遺族に5万ドル賠償願いたい」。

 対する中国側は言を左右してまともな返事をしない。業を煮やした田村総領事が、「よろしい。これ以上申し上げることはない。後はそちらのご判断しだいである。一言申し添えるが、当方はすでにことの詳細を海軍に打電し、軍艦数隻がこちらに向かっている。おわかりかな。熟慮のほど、重ねてお願い申し上げる」と席を立とうとすると、中国側は「艦砲射撃を喰らっては職も失う」と思ったのか、「局に持ち帰って相談してみます」と持ちかけた。「5万ドル耳をそろえて持ってくるまでは面会無用」と席を立った。徹夜で相談した中国側は、明け方になってようやく5万ドルを現金で持ってきた。(略)


日本領台湾に憧れる中国人の行列

 中国人には田村式が一番である。私は実際、田村氏が中国人と対応している場面をこの目で見ているが、実に丁寧である。公平であり信念の人である。中国人に対してもこれは変わらない。愉快なことに、あの件があってから福州では日本人に対する態度が一変した。日本人殺害はもちろん、あらゆる反日行動がぴたっと止んだ。日本人は最高の扱いを受け、最も尊敬される外国人となった。アメリカ領事は軟弱政策ゆえに、反米運動の対処に忙殺されている。イギリスも似たりよったりだ。日本領事はどうだ。「いつでも軍艦を呼ぶぞ」という毅然とした田村総領事のおかげで、自国民を保護し、全世界の在中国領事が束にかかっても叶わない、いやその十倍の成果を上げている。

(略)

現実的政策に裏打ちされた断固たる態度でしか事件は解決できない。中国人にはそれ以外考えられないし、そういう人を尊敬する。ちゃんと証拠がある。しばらくして田村氏はシンガポール総領事に転任となり、送別会が設けられた。中国人役人にも尊敬され、好感を持たれているのである。稀に見る賛辞が寄せられた。市民は心から田村氏を讃えた。数ある領事の中で一番の人気者であった。

 田村氏が教師夫妻殺害事件を毅然とした態度で解決して以来、福州在住日本人3千人は何ら危害を加えられることなく、略奪されることなく、平穏に暮らすことができた。中国人だってその気になれば、日本人であろうと誰であろうと、危害を加えることを止めることができるということである。

(P273〜275)
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)
━━━━━━━━━━


【参考】
━━━━━━━━━━
ロドニー・ギルバート(支那長期滞在・作家)
「中国人は自分がトップに立って誰か他の者を押さえつけているか、または自分より強い者の前で屈辱を受け恐れおののいているか、のどちらかでなければ満足できない。対等の基盤に立って誰かと公平に公正に付き合うことに中国人は決して満足できないのだ」

エルギン卿(英外交官)
「武力を用いることを余儀なくされるような事態になることは自分としては不愉快だし気乗りもしないが、しかし中国人は武力に対しては常に屈するが理屈には決して従わない国民だ」

ハンフリー・マーシャル(元在中米高等弁務官)
「中国政府は武力及びそれを行使しようという意志の存在する場合に限ってのみ正義を認める」

ロバート・M・マクリーン(元在中米高等弁務官)
「中国との外交交渉はカノン砲を突きつけたときのみ行うことが出来る」

『シナ大陸の真相』 K・カール・カワカミ著
━━━━━━━━━━



南京は歴史的な大虐殺の地だった。

━━━━━━━━━━
中国では長年にわたり、王朝が変わるたびに、北京、西安、開封、揚州と大虐殺を繰返してきました。
南京では、東晋の時代に王敦という武将が行っている。
それ以降も大虐殺を繰り返し、近代最大のものは、曾国藩の弟で、曾国茎という武将によるものです。3ヶ月くらい略奪したり、火をつけたりしている。非常に詳しい記録が残っているのですが、それが「南京大虐殺」における今の政府の発表とそっくりなのです。つまり、中国の伝統に則っている。
中国の戦争には古来、「屠城」という伝統があります。普通軍隊は給料を払わないから、虐殺と略奪によってまかなうやり方が伝統としてある。
だから、以前大学で教鞭を執っていた南京出身の学者に聞いたら、「日本軍の大虐殺なんて嘘ですよ」とはっきりいっていました。

黄文雄拓植大学客員教授 「諸君8月号」平成16年
━━━━━━━━━━


―――――――――
4世紀 東晋の王敦が南京に首都建業する際に大虐殺

548年 東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的破壊され大虐殺

589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺

618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺

十国五代時代  戦乱で南京(金陵)大虐殺続発

1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺

1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺

1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺

1842年 英軍、南京突入、南京大混乱

1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪

1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺

1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺

1911年 辛亥革命、南京略奪

1927年 国民党軍、南京占領。南京事件。支那軍が日本等の公使館に乱入。日本人等に陵辱虐殺強奪。日本政府は隠忍自重したが、その後支那は日本を侮る。

(1937年 日本軍、南京占領。いわゆる「南京大虐殺」であり、日本ではこれが有名だが、完全な嘘っぱちのでっち上げと判明している。)

1949年 八路軍(共産党軍)、南京乱入。資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺
―――――――――

【転載終わり】
プロパガンダから覚めて、夢の国の住人から覚めて、日本をリメイクしないともう間に合わない(激汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
売国政党民主党や工作員を根絶しましょう!!
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 20:00 | Comment(10) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。