お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年03月07日

ロシアは、全世界を危険にさらす米国共産主義の脅威を警告しますA

occ4.jpgocc3.gif

米国からの最新メモで興味深い事は、CNN/オピニオン・リサーチ社の調査でアメリカ人の56%が連邦政府に対し『市民の権利と自由性に対し差し迫った脅威をもたらす』ように大きく強大になったと思うと答え、そして、ワシントン・タイムズ通信社によって報告されるように、その『大恐慌以来初めてアメリカ人は政府より、市民が税金を払い込みより多くの援助を行った。』と、明確に報道する事実と対照的な番組を金曜日に公開したということです。

米国政府の共産主義乗っ取り計画の行いをアメリカ人が知り気づき始めた事に対して、ニューヨーク・タイムズにより報告されるものとしては、彼らが『Patriot dogma.愛国者教理』をほのめかし、米政治家により大体そう呼ばれる『ティーパーティー運動』の旗の下に、何を現在団結させているのか?

Joe_Heck.jpgrick-perry.jpg
『ジョー・ヘック』『リック・ペリー』

このニューヨーク・タイムズの記事ではこの運動についてさらに述べています ― ラスべガスでのティーパーティー抗議で、ジョー・ヘック(共和党主義者を立候補させる大会)は、『社会主義的専制政治の方へ国を動かした民主党と共和党を責めました。』、そして、テキサス州ではリック・ペリー知事(再選を志している共和主義者)が、テキサス州の主権運動を支援しました。
richard-behney.jpg16teaparty4-articleLarge.jpg
『リチャード・Behne』

そして、インディアナ州でリチャード・Behney(共和党の議会候補者)は、2010年の選挙が彼好みの結果をもたらさないならば、彼が何をするだろうかについて、ティーパーティー・サポーターに話しました:http://www.nytimes.com/

『私は自分の銃をきれいに手入れし、大きいショーに向け準備しています。真剣です。そしてまた、あなたが私とそこにいる事もまちがいありません。』

そして、この『大きいショー』がどれくらい危険か、候補者Behneyが仲間のアメリカの市民に警告していることは、先週、有名な経済学者によって、彼のクライアント全員に農地と金を買うよう現在言及し、財界関係者に避難の準備をするよう勧めているほど米国の状況がひどくなったと警告した東京で、この政府系投資ファンド・マネージャー集会の席でマーク・ファーバー博士もさらに同じ事を言いました。
20061108-4_p110806pm-0489-515h.jpg
『ロバート・ゲーツとジョージ・ブッシュ』

そして、オバマの共産軍隊がアメリカ合衆国を破壊するため、力の集結を続けているこの時点で理解されない事は、米軍が彼ら市民の防衛側にまわる事と値する、国防省長官ロバート・ゲーツ(その人は前ブッシュ大統領によって任命されました)により米州の軍事力が堅固な支配下にあり、その戦争で戦う為に戦略を変えるオバマの試みを絶えずはねつけた点に注意することです。
※注意:国防省長官ロバート・ゲーツはネオコン派のオバマ転覆派閥なので正義の味方ではありません。ですがネオコン派を裏切り、9.11で殺された愛国派米軍のように国民を守る米軍がいるのも確かです。※

また同じことで不運にも、オバマが先週夜中ごろに署名した、これらの人々がとても長くエンジョイできた権利章典(基本的人権権利に関する宣言)に対し、これらの人々に『Yes We Can』でののしり、米国の歴史上他のどの法律よりも多くの自由を破壊した法律で恐れられた愛国法の機能拡張に署名したとき、アメリカの800,000人以上の連邦当局の、国と地方の警察隊に新しい力を与えた事は言うまでもありません。

large_sonia-sotomayor-barack-obama-081209.jpg
『オバマとソーニャ・ソトマヨール』

更に悪いことに、これらのアメリカ人にとって、身を守る彼らの能力がまもなく失う事にあります。最高裁判所が米国市民があらゆる種類の銃を所持できる法を非合法化する2回目の改正(銃権利)判例で規定するようセットし、そして、司法省ソーニャ・ソトマヨール[オバマが『米国で「右翼の」テロリズムを終わらせる対処法』として彼女を任命して、共産党によって銃所有が撤回される](PS:その人物は銃権利に対し明確に反対派です)のそのオバマの最近の任命は、重要な『浮動票』をオンの状態に保ちます。

実質的に全ての米国民にとって未知数な事は晩年、ワシントンD.C.レジテントの第2の銃権利改正を保持している米国最高裁判所判決がそれら市民の、個々の州の住民に対してでなく、すべての市民を対象とし適応させる点です。そして、ニューヨークタイムズ通信社によって、法廷で今週聞こえた最新の判例について引合いを出します。:

『「選択的な社会」原理の下、最高裁判所はまさにこれまでにない、権利に関する宣言のほとんどを州と都市にあてはめるとケースバイケースで決定しました。裁判官は選択性を不要としなければならないのなら、州と都市が権利章典を守らなければならないことに関してはっきりと明示しなければなりません。』

米国民(オバマ共産主義へ司法省ソトマヨールはそれを必ず手に入れます)にとって不運にもこれまでに、建国の父祖によって与えられるはずの権利章典の全額保護を与えられていません。そして、今現在も適応される事無く暗闇へと米国民の降下は続きます。
Putin_788577c.jpg
前記のプーチン批判は、彼が決してアメリカ合衆国が荷造りをする様に破壊を手伝い、旧ソビエト連邦を囲む鉄のカーテンをとるとは思っていなかったと述べました。そして、再-建のまわりでアメリカがどれほどまで確実に果たせるのか。そして、アメリカの誰かが今日それを、ソビエト共産党の圧政の支配下で生きるという事がどういう事なのか本当に理解しているならば、必要とする国がただ国民を監視し見てまわるだけになるという事です。この到来することに対し万全の備えを準備していて下さい。

ランキングに参加しました。
応援して下さる方はポチッとヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 21:00 | Comment(5) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。