お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年04月30日

それは、(バカバカしい)ヘッジファンドです! 革命モードを続行してください!!

それは、(バカバカしい)ヘッジファンドです!
革命モードを続行してください!!

Saturday 4. 24. 2010
by:国際的インテリジェンス専門家:トム・ヘネガン
GoldmanSachs1A1.pngBLANKFEINPOUTS-2-1.jpg
−アメリカ合衆国−
有名な証券バンク企業に対して起された民事チャージの前に、3週間にわたって現在のゴールドマン・サックスCEOロイド・ブランクフェインとホワイトハウスで怪しいバラク・オバマ大統領が4度に渡ってミーティングをしたと現在報告出来ます。

ゴールドマン・サックスCEOは未確定の民事チャージvsゴールドマン・サックスとの、この民事訴訟を利用してより重い犯罪行為をカバー・アップ(悪事を覆い隠す)するための方法を大統領と協議しました。そして、ゴールドマン・オフショア・ヘッジファンドのパールソンと同僚もその会議に参加しました。
bailout.pngabc_rich_080418_mn.jpg
参考:以前のインテリジェンス状況説明:ゴールドマン・サックス・ボックス・ダンス&国内テロリストの定義とは?

匿名の条件で暴露している証券取引委員会(SEC)内部告発の源は、証券取引委員会(SEC)とオバマ司法省が『ゴールドマン・ヘッジファンド・パールソン』と仲間の『ドイツ銀行』、『ニューヨーク連邦準備銀行』、『AIG』、『ガリオン・グループ・ヘッジファンド』とともに、『ウォーレン・バフェットのバークシア・ハサウェイ社ロンドン事務所』がバーナード・マドフ・ポンジースキーム以外の何ものでもなく、この企業群の悪事に結びつく証拠を持っていると公表します。
ナンシー.jpg
参照:この証拠は、ゴールドマン・サックスが『ブッシュFRAUD=ナンシー・ペローシ』が米国金庫を荒らすのを助けた、犯罪のブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー・バンクを『救済する』ため2日前にゴールドマン・サックス株をウォーレン・バフェットのバークシア・ハサウェイ社が購入するとガリオン・グループ・ヘッジファンドにリークさせたことで結ばれた関係の、最近表面化したインサイダー事実からです。

言い換えると皆さん、ゴールドマン・サックスは莫大な利益からひそかに救済することに有能なんです。それは隠した秘密のヘッジファンドで彼ら自身の株を膨大に購入をすることによって『救済するのです!』
queen-elizabeth-unhappy.jpg
あなたは手段を選ばない、共謀している暴君の王と著名な女王です!

関連記事:今の中国と米国情報センタ−のブッシュ・クリントン犯罪シンジケート・ファミリーは制御不能なままです。

関連記事:壊れているウェルズ・ファーゴ–Bank of Americaと豚インフルエンザ・カクテル

我々がここでトレードしているもの(人々が)は、世界的な通貨(保険ポンジースキーム(ねずみ講)デリバティブ)です。

我々は、ムンバイ(インドのタジマハール・ホテル)にある『秘密のオフショア・インド・取引プラットホーム』がポンジースキームの収入を資金洗浄するために、『ゴールドマン・サックス-NSA-ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー』によるパイプ役として使われたと明かすことができます。

参照:インド・タージマハール・ホテルで行われた『偽りの旗』テロ攻撃は、ゴールドマン・サックス・ヘッジファンドとバーナード・マドフ・ポンジースキームが関与した取引記録の破壊と破砕を覆い隠すのに使われました。

参考記事:緊急事態の最新版:ムンバイ偽の旗ブラック・オペレーション攻撃

注:この大規模な犯罪に関わる米財務省資金は何兆ドルにもなります。

P.S.我々はこの時間で、怪しいCIA遺産のバラク・オバマ大統領が、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのパパ・ブッシュ、機能不全の国務長官敗者ヒラリー・クリントン、米国財務長官ティモシー・ガイトナー、米国の国防長官ロバート・ゲーツ、米国CIA長官レオン・パネッタ、元連邦準備制度理事会会長アラン・グリーンスパンから直接注文を受け続けていると明かします。
09-05-22_greenspan_geithner.jpg
ガイトナーとグリーンスパンは直接ワンタ-レーガン-ミッテラン協定の最終的な実現を妨害し続けて、偽のデリバティブ取引をする目的で協定に関する23兆5000億ドルを利用するため、憲法に反する反逆の愛国法を行使し続けます。そして、それは破産した米国の銀行システムと壊れた米国経済を支えるように設計されています。

参照:共謀の[私有の]連邦リザーブ(FRB)は、米国のGDPに対して100-1の比率でデリバティブを出し続けます。

現在連邦準備制度理事会は、日本円先物で莫大な空売りをする立場に関与していて、Yenとユーロ通貨との間にデリバティブで即座に差異を書いています。

P.P.S.米国メディアは放送で、いわゆる『国内テロリスト脅迫』で攻撃し続けています。
我々がそれを明白にしましょう:

国内テロリスト脅迫など存在しません!そして、テロとの戦いも決して存在しませんでした!

この愛国派米国民との戦いで企業コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディアの悪事を可能にしているのは、不正な連邦準備制度理事会とその銀行屋の手先によってテレビ局が買収され、所有され、お給料が支払われているその憲法によって存在しています。

参考記事:9.11の真実を暴露 Part @AB

現在、我々の国を占領する汚物は焦りを米国民に向けます。

奴らは我々を見張り続けたくて、不法に我々に課税をしたくて、我々を悩ましたくて、結局、我々を投獄したくていてもたってもいられないように見えます。

注:FEMAは、米国をその憲法と『法の支配』に置いておきたい願いから、愛国者であるアメリカ市民を収容するようになっているアメリカ合衆国中で、何百もの強制収容所を造りました。

したがって皆さん、我々は革命を必要としますか?
『YES!』今すぐに!

この共和国を破壊した犯罪・反逆の要素と戦う必要があります。我々はアメリカ合衆国のブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー強奪を可能にしたロイヤル・コート劇場メッセンジャーをシャットダウンすることからまずスタートしなければなりません。
そうです!!我々は企業コントロールされた、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディア汚物をシャットダウンすることによって、この革命を始めることができるのです!
01125104.Par.89380.ImageFile.jpghalperin_160.gif
Joe Klein and Mark Halperin
参照:『有名なシオン主義者(シオニスト)で、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーの手先のような人物、TIME誌のジョー・クライン』と『MSNBCのマーク・ハルパリン』と彼の番組にレギュラー出演しているフリーランサー・ジャーナリストが、米国民寄りの扇動的な活動を怒鳴りちらしていました。

クラインとハルパリンへの直接のメッセージがここにあります:
我々は、2000年の大統領選挙の転覆と反カトリックで名誉を傷つける政治工作のカバーアップであなた方二人がグルになってる関係を良く知っています。それは彼女が次期ニューヨーク市の民主党米国上院議員の指名を住民に求めていたとき、ニューヨーク米国上院議員(シオンニストのチャールズ・シューマー)と一緒に故ジョン・F・ケネディ大統領(キャロライン・ケネディ)の娘に向けたことです。
caroline_kennedy.jpgエリオット.gif
『キャロライン・ケネディ』『エリオット・シュピッツァー』
彼女の亡父ジョン・F・ケネディ大統領のように、彼女が反逆で共謀の連邦準備制度理事会に反対で、前ニューヨーク・エリオット・シュピッツァー知事のように、ニューヨーク州から正式に指示されバーナード・マドフ・ポンジースキームを懸命に追跡調査していたので、この名誉を傷つける政治工作をキャロライン・ケネディに対して監督しました。

革命を始めてください!

これがこの問題を処理する唯一の方法だと思います。

我々の最も偉大なアメリカの....我々の権利に関する宣言と独立宣言の著者の父であるトーマス・ジェファーソンの言葉を我々のガイドとしてください。:
jefferson.jpg
トーマス・ジェファーソン(このアメリカ合衆国の最も偉大な建国者)

『民衆が政府を恐れるとき、そこに専制政治があります:政府が民衆を恐れるとき、そこに自由があります。』
『私は...たとえ敵に包囲されても、私は専制君主を目の前にして決して身を引くことはしない...』

今日まで続く、米国民に対する憲法に反する違法な国内スパイの手段を再びあばくために調査したジャーナリストのウェイン・マドセンに祝辞!!
Cyber_Security.gif705995.jpgCellPhonesCanCauseBrainCancer.jpg
反逆のNSA(国家安全保障局)–フィート・ミード(メリーランド州)–米国民に対する違法なスパイ行為
–NSA(国家安全保障局)の電子機器による秘密情報収集は、国内全ての住民を対象としました–by Wayne Madsen(ウェイン・マドセン)【color enhanced excerpts
WMRは、司法省によるテロリスト監視プログラム(TSP)(主に国家安全保障局(NSA)によって行われる令状のない国内盗聴プログラム)が、米国民に対して完全な監視に達したことについてデータ通信顧客による法律訴訟行為と議会の憲法管理審理から法的にNSAを守るために、司法省によって作成された上辺だけの官僚的(TSPが手続きや内情を複雑に不透明にするカバー・アップ)な仕組みであったと米国情報筋から聞きました。NSA活動(STELLAR WIND:恒星風というコードネームの下での諜報活動)は、ブッシュ政権下で2、3の当局トップにだけ知られ、電話、電子メール、ファックス、文書と他のデジタル通信で莫大に収集したデジタル・データベースを対象としました。データ(メタデータとして知られている)は、NSA信号情報分析者によって『Google』のような検索エンジンを使用してキー(反政府的な語句)となる語句から捜索されました。
この『NSA:STELLAR WIND(恒星風プログラム)』は、ディック・チェイニー副大統領の顧問チーフであるデイビッド・アディントンによって監督されました。この新たにぶっ飛んだ事実で、情報筋は『STELLAR WIND(恒星風)プロジェクト』が9.11テロ攻撃のずっと前にきちんと説明されたと報告しました。Qwest社会長Joseph Nacchio(ジョセフ)は、彼とQwest社が9.11テロ攻撃の6ヵ月前にNSAによって『Qwest社の顧客に対して令状のない監視を行う計画に参加するよう圧力をかけられた』と公言(暴露)しました。ジョセフとQwest社は、NSAのこの計画が違法で法廷令状は絶対に必要だと考えていました。ジョセフは後に身に覚えの無いインサイダー取引の容疑でとがめられ起訴されました。この動きは、Qwest筋によると盗聴プログラムに参加することをジョセフと会社が拒否したために政府による報復だと主張しました。それは現在も同じ状況です。実際に問題のプログラムが『STELLAR WIND:恒星風』であったとWMRが明確に明かします。[一部抜粋終わり:インテリジェンスな見解で満ちた爆発的なレポート....以後本文で]

今日のインテリジェンス状況説明を終らせる前に、必ず我々のために戦っているこの『フリーダム・テロリスト』のために、そして我々の合衆国憲法制定者たちを招集するために、FEMA官僚を暴露するこのyoutubeビデオをクリックしてください!
この社会病質者に加担する人物は特定され、すぐにアメリカ国内から除去する必要があります。

–パトリオッツのためのボウリング–by:K・ジョンソン
April 23, 2010 [color enhanced excerpt]

2001年....世界貿易センタービルへのテロ攻撃の数ヵ月前に、FEMA(連邦緊急管理庁)代表は、学校のセッティングで一団が地元オクラホマ州警察で講演していて、私は彼らに尋ねました『アメリカ合衆国の最初のテロ集団は誰ですか?』
講演会場の人々の何人かが『建国の父』で反応しました。
FEMA役員:『建国の父?あなたトーマス・ジェファーソンのつもり?あなたジョージ・ワシントンのつもり?あなたはポール・リビアのつもり?』
私:『Oh, yes!…Oh, yes!…Oh, yes!』
おのおのの名前が大声で呼ばれたので、返答が役員からでました。
FEMA代表は創設者を狂暴な過激派テロリスト及び暗殺者として描写し続けて言いました。
『我々が、建国の父祖ジョージ・ワシントンと呼ぶ人物は、桜の木を切り落としたMr.信用できる人物であり、英国政府(英国クラウン)の死刑執行令状に署名した同じ人物でもある。彼らはアメリカ合衆国(その時の13に及ぶ植民地)である程度ポケット(富・資力)に影響力があり、彼らは征服したかったので分裂し邪魔をする誰でも排除したかったのだ』

そのFEMA会議からこのビデオを見てください:我が国土の保安組織−FEMAは、建国の父祖を米国第1テロ集団と呼びます!これは見なければなりません:http://www.learn2organize.com/

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

I participated in blog ranking.
I click a mark below to spread information, and please support him,Thanking you in advance.↓

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 20:29 | Comment(0) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ナチス司令官は、『オリンピック』で重要環境問題を世界に放ちます

2010年4月26日
ナチス司令官は、『オリンピック』で重要環境問題を世界に放ちます
f766f0e2.bmp340x.jpg
ロシアGRU軍参謀幕僚の対外軍事情報理事会によってプーチン首相に用意された恐ろしいレポートでは、西欧のレポートでは現在、死んだと主張されているナチス司令官ポール・シェファー[写真左]の『忠実な支持者』によって、最近終了したばかりのバンクーバー冬季オリンピック大会の間に『破滅的な規模』の『重要環境問題』が我々の世界に向け放たれたとしています。
psn1.jpgpsn2.jpg

シェファーはナチス司令官であり、世界中で最も悪名高いと評される関連メモから重要な、彼がヒトラー・ユーゲント組織のメンバーであり、それから、本当に彼が衛生兵だと真実かどうかわからないのと同じくらい、彼がドイツ軍服役中は伍長であったということが、第二次世界大戦後にアメリカ人が一方的に報道した彼に対するただのカバー・アップ(覆い隠す)の『分類』でしかありません。
Wernher_von_Braun.jpgmengele.jpg
実際、ソビエトKGBアーカイブでは、シェファーを『ヴェルンヘア・マグヌス・マクシミリアン・フライヘール・フォン・ブラウン 男爵[写真左](ナチスドイツとアメリカ・ロケット・プログラムの『父』と呼ばれる)』『ヨーゼフ・メンゲレ博士[写真右](ナチス体制によって人々を収監し、生きたまま人体実験を行い『死の天使』として有名)』に次ぐ、戦略的なサービス(OSS)Office of Strategic Services(通称:OSS)とは、第二次世界大戦中のアメリカ軍の戦略諜報局】軍隊に所属するためにアメリカン・オフィスによって戦争後にドイツからさらわれた『ナチスで最も重要な人物である3人』のうちの1人として名が挙っています。

シェファーへのアメリカ人の『重大な重要性』は、彼がヒトラーの命令により、世界から『劣った種族』と呼ばれるこの怪物全てを除去するために、征服したそれらの国々に放つ予定だった、開発途上の『種族 − 種に特有の細菌兵器』で仕事を課されたナチスドイツ最高の生化学者のうちの1人であったとこのレポートでは伝えています。

その『オペレーション・クリップ』について理解するために重要な、シェファー(そして、ナチスドイツの他の科学者)を招集するために使われたOSSプログラム(第二次世界大戦直後にアメリカ合衆国による雇用のために)であり、それは、国防省統合諜報目的局(JIOA)によって実行されました。そして、急に発展したソビエト・アメリカによる冷戦の前後関係で、ソビエト連邦と英国に対してドイツの科学的な情報と専門知識を与えないことが『オペレーション・クリップ』の1つの目的だが、事実はそうではありませんでした。

1945年5月8日のヨーロッパ同盟国の勝利後で始まったドイツ人科学者のJIOAによる補充が、実はハリー・トルーマン米大統領は1945年8月までこの『オペレーション・クリップ』の遂行を正式に命じてはいませんでした。
トルーマンの命令は、はっきりと、『ナチス党、そして、その活動の名目上の参加者、またはナチス軍国主義の活発な支持者だけでなくメンバーだと』わかる者全てを除外していました。

トルーマン大統領の反ナチス命令と関連するポツダム及びヤルタ協定を回避するために、JIOAは科学者のために偽の仕事と政治的な伝記を作成するために独立して動き出しました。
大衆から消し去られたJIOAはさらに、シェファーと他のドイツ人科学者ナチス党メンバーシップとの体制の提携を登録するため、一旦、このナチズムを『漂白する』ために、アメリカ政府がアメリカ合衆国で働くために科学者を秘密事項扱いにする許可を与えたのです。
psn3.jpg
この『クリップ(作戦上のプロジェクト・ネーム)』とは、『アメリカ政府科学者』がJIOA人員をファイルするために、新しい政治的な人物や科学者を配属するのに使われたクリップから由来しています。

しかしシェファーは、アメリカ人によってアメリカ合衆国で許されるにはあまりに『放射性がある(毒性が強すぎる)』と考えられ、その代わりに中央情報局(CIA)によって、CIAによる資金提供でシェファーが今の今まで、米国とチリの秘密警官隊によって現在も『保護されている:Colonia Dignidadコローニャ・ディグニダード』として知られている秘密主義の住居区域を確立して、南米国チリに『置かれ』生活していました。

約50年の過去の間に ― このレポートが続ける ― 『チリの秘密警察(DINA)でCIA職員の工作員:マイケル・タウンリー(現在、証人保護プログラムの下で米国で保護される)』がインターポールに細菌戦争に関して、チリ軍の研究所とともに『コローニャ・ディグニダードのもの』による『共同の人体実験』を知らせたとき、シェファーと他のナチ・ドイツ人科学者(『死の天使』ジョセフ・メンゲル博士を含む)は、2005年に唯一発見された子供たち[伝えられるところでは米国から誘拐された大衆]への、彼らによる恐ろしい実験の報告があり、ナチによる『細菌兵器』の研究が現在まで続けられていたということです。
pinochet_2.jpg1.2.jpg
『アウグスト・ピノチェト』『ヘンリー・キッシンジャー』
アメリカ合衆国のための研究が極めて重要で、1973年にチリで新たに民主主義的に選ばれた社会主義政府からシェファーを悪魔のようにみなす『細菌兵器』研究が脅威の部類に入ったとき、それが当時の『米国国務長官で熱心なNew World Order世界主義者のヘンリー・キッシンジャー』が『チリ軍:アウグスト・ピノチェト将軍』に命令し、右翼独裁をこの南米国に押しつけ、その民主主義的に選ばれた政権の即時打倒クーデターと、その後の後任を命じました。
704-bachelet-standalone-prod-affiliate-84.jpg
『ミシェル・バチェレ』
シェファーとコローニャ・ディグニダード・ナチ居住地区に対するCIA職員タウンリーの2005年の告訴の後、そして、それからミシェル・バチェレ大統領(誰の父が拷問されて、ピノチェトに殺されましたか?[参考])によって統治されているチリで、チリ軍隊は子供たちへの性的虐待による犯罪の容疑と、2006年以降に確信してシェファーの逮捕に至った、大規模な武器貯蔵所を発見したこのナチ要塞を急襲しました。
しかしながらバチェレは、アメリカ合衆国からの非常に強力な『圧力』の下でも、このナチ要塞の鎮圧を許可しました。あるいは、彼らによる『進行中の研究』(このレポートの状態)に対して『他のいかなる方法も妨害しました。』

そして、コローニャ・ティグニダードが現在、シェファーの『副司令官:ピーター・マラー』に運営されると言われているが、このロシアGRU報告では『本当の力』がシェファーの養女(長い間『死の天使』ジョセフ・メンゲレ博士の後継者として育てられた生物学的な娘であると噂されるレベッカ・シェファー[彼女が唯一写っている写真へのリンク:父の棺につきそう写真])が責任者であるとしています。
psn4.gif
養子関係の娘レベッカがシェファーに関してのメモで最も重要だとこのレポートは続けます。それはレベッカが熱帯真菌『Cryptococcus gattii:クリプトコッカス・ガッティ(特に『兵器形式』のその生物工学)』への世界でも主要な研究者の1人だからです。そして、それがバンクーバー冬季オリンピック大会の間にこの最も危険な『ナチス細菌兵器』を北アメリカに放つ際に、彼女のために『主要な容疑者』を作りました。そして、それが現在までに23人以上(何千もの動物)を殺して、カナダのブリティッシュ・コロンビア[写真の図]で、その『リリース・ポイント』から広がりました。そして、現在、米国最大の州カリフォルニアに押し寄せていると報告します。

レベッカ・シェファーが冬季オリンピック(このレポートが述べるには)の間に、カナダでこの致命的な『細菌兵器』を放つことを選んだ重要な理由は、過去1936年ナチスドイツでのオリンピック開催を通して開始する予定の、ナチスへの『新しい時代』を『炎を通しての出生』を意味した、『トーチを通した』ナチス誕生式典でした。そして、その後に彼女の『本当の』父ジョセフ・メレンゲが恐ろしい人体実験を開始したのです。

このナチス『細菌兵器』が実際にどれくらい致命的か、西欧のニュースソースで報告されるように、我々は読むことができます:

『致命的な新しいスーパー真菌は、アメリカを侵略します。
急速に広がると知られる空中スーパー真菌は、太平洋北西部へとカナダの国境地帯を横切りました。
科学的にクリプトコックス・ガッティとして知られ、真菌は熱帯地方の原産で、パプアニューギニア、オーストラリア、南アメリカ地域固有のものです。
専門家は、最悪の方法でオレゴン州でその出現を発見しました:真菌は、6人を殺しました。
増加する死亡率:真菌の新しい種は、1999年にブリティッシュ・コロンビアで発見(それは、菌にさらされた人々のおよそ9%を殺しました)されるものよりも致命的です。:オレゴン州での多様変化は25%の死亡率を持ちます。そして、そのパーセンテージは上昇するかもしれません。』


この怪物による、人類へ対するどの程度でどれくらい致命的な最新の攻撃なのか、それは我々の知ったことではありません:実際このレポートでは、シェファーが死んだとみせかけて覆い隠すのに使われた可能性のあるチリ刑務所独房から、この『細菌攻撃』でシェファーの釈放を手に入れるために行われたとしています。
しかし場合によっては、我々が生きる世界が時間が経つごとに危険が増しているという疑いしかありません。本当に起こっていることの真実を話されていない住民によって、更に悪い状況が作られます。
【転載終わり】

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

I participated in blog ranking.
I click a mark below to spread information, and please support him,Thanking you in advance.↓

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 14:43 | Comment(4) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

完全に米国(次は秋にセットされるイスラエル)に対するウォール街クーデター

2010年4月23日
完全に米国(次は秋にセットされるイスラエル)に対するウォール街クーデター
原文:http://www.whatdoesitmean.com/
BY:ソルチャ・ファール
Goldman_Sachs_641713q.jpgnm_goldman_sachs_090713_mn.jpg
プーチン首相に用意された、今日クレムリン中を循環している新しいGRU報告書では、オバマ大統領がもう一度アメリカ政府のコントロールを、投資銀行ゴールドマン・サックスCEO(最高経営責任者)である個人のロイド・ブランクファイン[写真上]がトップに立ち、現代の我々の世界で最も成功したcoup d'etats(クーデターズ)の1つでコンプリートさせてウォール街銀行家の秘密グループに譲ったあと、アメリカ合衆国が昨日『存在するのをやめた』としています。

その選ばれた議員からこのエリート銀行家を代表するブランクファインへと、アメリカ合衆国を飛び越えて支配力の移動をコンプリートするために、オバマはこのレポートによると副大統領(ジョセフ・バイデン)と昨日ウォール街へ旅立ちました。そして、昨年の間にその人物は我々に対して世界初の金権政治の創作とアメリカの破壊を終えているホワイトハウス会議のトップにたちました。
imf-advice-wide.jpg

GeorgeBushCrystalBeach.jpgbusheyesmanhohor.jpg
彼らにより『一度偉大な国を終焉させる』ことを米国民には全く知らせないで、それが『ビジネス・プロット』として知られるアメリカで最も金持ちのビジネスマンがトップに立ち先導してフランクリン・ルーズベルト大統領への攻撃に失敗した、1933年のクーデターの企て以来、ずっと計画が立てられていたということでした;プレスコット・ブッシュ【1人の大統領(ジョージ.H.W.ブッシュ)の父)、もう一人の大統領(ジョージ.W.ブッシュ)の祖父】を含め、そして、誰が?これら右翼の銀行エリート集団が全世界に対する支配のために、米国=ドイツ金権政治の体制を構築する試みにおいて、1933年に同様にナチスドイツに力を与えた、あのアドルフ・ヒトラーの主要な融資者でもありましたか?
240707bushes.jpg
『プレスコット・ブッシュとジョージ.H.W.ブッシュ』最初誤りました(汗)
usm1.jpgusm2.jpg
しかし、この銀行家達がアメリカ合衆国の破壊を1933年に成功することができなかった一方で、銀行家により監督された世界的な銀行崩壊を別の人物を通じて行うように、銀行家達はなんとか米国民の上にインストールすることができた2008年のその時、銀行屋の思い通りに動く専用の大統領(バラク・オバマ)を『買って、代金を払った』と十二分に思いこみました。そして、就任してから誰が?政府の多くのポストの中に、多くのゴールドマン・サックス出身者を据えましたか?

そして、国際通貨基金(IMF)の前チーフ・エコノミストが『米国が企業体の資金を調達する』と警告した、先立ってのウォール街銀行エリート集団による『静かなクーデター』でアメリカ政府を効果的に捕えたのです。

もっとも、このレポート(IMFによって警告されるこの「静かなクーデター」)によって、オバマの新たな金融改革法として、文字通り非常に拡大して行くことは、どんな人にも最大の詐欺と呼ばれているこのウォール街に米国財務省のキーを手渡し、あらゆる現代の西洋社会に対して行われるそれは、米国民が新しい銀行主人の手によりはっきりとした奴隷制度になるのを見ることです。

これらの出来事の全てにおいて理解する最も重要なことは、アメリカ合衆国を破壊するこの銀行エリート集団の計画が秘密にされなかったということです。そして2005年以降からの、この衝撃的なシティグループ・メモで漏れた『経済学:贅沢を買うこと(世界的なアンバランスを説明する)』が、米国民に対して何が彼らによって行われているのか?という完全なロードマップを与えていたということです。

この秘密のメモが米国宣伝メディア機関によってアメリカ合衆国の人々から隠されたけれども、同じことが我々に対して行われたのは言うまでもありません。あるいは、『他のも:アザーズ』が我々を好んでいるからでしょう。そして、その人物は『他のもの:アザーズ』によってされていることについて、長い間アメリカの人々への(聞こえない耳への、秋までに彼らほぼ全員に向けた)警告として叫びました。

この警告を聞いたわずかな人々と、人々を奴隷にするためのマスタープランに今気づいた人々を除いて、人々の回りに展開されているこの潜行性の計画全てが何たるかについて、我々が人々に対して再び述べることは我慢します。しかし、おまけとして、それは以下のように伝えられる、この悪魔のようなシティグループ・メモについての要約で始まることです:
『世界は、2つのブロック ― 経済学とその他 ― に分かれています。米国、英国、カナダは、富裕層がキー(鍵)となって推進される経済学-経済です。ヨーロッパ大陸のヨーロッパ(前イタリア)と日本は、平等主義のブロックにあります。
『世界的なアンバランス』に組み込まれている資産リスク・プレミアムは保証されていません。
意図的に『富ノー・マイク(財・富の独占反対)』で経済的に不相応なチャック(調整弁)を富裕層が奪い対処して、貯蓄率、経常赤字、消費レベル、その他報告され集められたそのような数字に対して広範囲に影響を及ぼして、不平等なこのアンバランスが恐ろしいスタンダードとして、『世界的なアンバランス』として自己表現されています。
我々は、株価がより少額になれば不思議と心配をします。
『一般消費者』が経済学というのは間違っています。
『一般』消費者に重点を置くコンセンサス分析は最初から欠陥があるのです。
経済学の株式バスケットは1985年以降1年間につき6.8%で、早々にMSCI広告業界の利率を上回りました。普通株が住宅を打てば、より利益を多くします。』
タイトル『危険を冒すこと:うまくいかなくてもよいこと?』の、このメモのセクションに同様に驚かされ、それは以下のように伝えます:
『我々の全ての経済学の命題は、金持ちがより裕福になり続けるという考えに基づきます。この命題は、そのリスクなしでは成り立ちません。
たとえば、資産デフレにつながる方針のエラーは、経済学にたぶん打撃を与えるでしょう。
さらにまた、富める者と貧しい者の間で広がる富のギャップが大体の要点で、おおかた政治的な反発を招くでしょう。
金持ちが膨大な富により巨額の株式利益と貧しい者のおかげでより小額な株式利益を得ている間に、政治的なenfrachisementは存在しているかのように残存します−1人1票(経済学においての議決権)−。
若干の要点で、労働組合が金持ちの増大する利益割当てに反撃することがあるかもしれません。そして、金持ちの増大する富に対する政治的な反発があかもしれません。
国際化 ー アンチ・出入国管理(移民)または保護貿易主義のとぢらでも ー に関するプッシュバックにおいて、これは金持ち(または、間接的なより高額な法人税/規制でも)による高額な課税を通して、また労働者[従来から住まう住民(徹底的に成長するよう促進させる)]を保護しようとすることを通して感じることができました。
この増大する全てに政治的な緊張(摩擦)の徴候があるけれども、我々はまだその出来事を見ていません。
しかし、我々は現在、これを『開発』することに近い目線を保っています。』

そして、数十年とまではいかないが、『開発』に関して『近い目線』を保つことは、正確にこれら銀行屋がアメリカ合衆国を支配して、それから彼らにそれがバック(富・支配権)するよう、これらトップの1%が長い間他の99%を支配し続けると保証している『株とバレルにロック(安全の鍵をかける)、』を与えるために、彼ら自身により選ばれた男(オバマ)を組織化するために行ったことです。

この新たな金権政治がどれぐらい恐ろしく不当になったか、我々はカリフォルニア大学が応じて作成した統計レポートで見ることができ、以下を示しています:
Figure 1: Net worth and financial wealth distribution in the U.S. in 2007
Figure_1.gif
Figure_5.gif
『アメリカ合衆国では富が手の幅程度で、比較的少なく、非常に一点に集中しています。2007年現在、上流階級世帯のトップ1%は、全個人資産の34.6%を所有していました。そして、次の19%(経営者、専門家(スポーツ・芸術)、僅かなビジネス社会層)の世帯は50.5%を所有しました。それは、ちょうど全米国民の内の20%が85%の富を、わずか底に15%(賃金・給料労働者)しか垂れ流さず、注目に値する85%を所有したことを意味しています。
また、財政的な豊富(総自己資本にカウントされないその人の家の資産価値など)に関して、上流階級世帯のトップ1%は、さらに巨額の価値ある膨大な株式を所有していました:全体の42.7%。
表1と図1は、ニューヨーク大学(2009)で経済学者エドワード.N.ウルフにより慎重な調査業務から得られた詳細を公表しています。』


最も重要で、これらの出来事の全てについてよく知っていることは、アメリカ合衆国で大多数の市民が永久の奴隷制度に落ちて、常に選ばれたエリート・クラスが恩恵を受けるのを許すために『マスタープラン』に乗り出したという最も一つの重要な事実です。

この米国化け物に対して、市民が抵抗するようなことをあえてしているそれらにとって、我々の世界がこれまでに遭遇した中で最も警備された、軍国主義化された社会になるよう乗り出した、10年にも及ぶ長い計画です。そして、どちらが?今でもそれを人類の歴史で最も大きな看守にしましたか?そして、アメリカ人がベストな状態で眠っていて、何が自身されているか?という最悪の事態で、無知なままの状態で目覚め、全てが起こります。

しかし同じことが、世界のユダヤ人民族に対して言われないわけがありません。これら右翼銀行屋がアドルフ・ヒトラーを据え、ナチスに力を与え、その後で誰が?その次に1933(同時に『新しいドイツ』との戦いを宣言したその時の米国政府)年にルーズベルト大統領を倒すことを試みましたか?そして、ドイツのユダヤ人リーダーでさえ、新しいヒトラー政権と取引する際に警戒を強く訴えていました。

残りの、その他の世界各国が1933年にユダヤ人民族の話を聞いて、この怪物を止めるために動いたのならば、1億以上の人間の命が救われていたかもしれません。しかし、彼らはそうはしませんでした。そして、誰もが苦しみました。

そして今日が、1930年の事実上の繰り返しであることが分かっていても、決してユダヤ人民族は、より強烈になったこの西洋怪物の高まりを再び警告してはいません。そして、銀行屋はオバマをコントロールして、そして、ちょうどこの『ことば』が記されたとき、その者は地上からユダヤ人民族を皆殺しにしたいという願望の秘密をあからさまに作成せずに、そのイスラムの隣人に対して無防備のままにするようイスラエルのその核兵器をはぎとる 計画を法律にしました。
usm3.jpgisrael_mossad_false_flag.jpg
たとえアメリカのイスラエル公共問題委員会(親イスラエル団体組織が働きかける)が、それが『拡大された大衆向けレトリック』と呼ばれるもので、今週オバマを酷評したとしても、アメリカ合衆国からのレポートでは、本質的にはオバマのそれが、その最も堅固な同盟国の1国への返答が『くたばれ』と吐き捨て、明らかにそれに銀行屋が関与し、2010年にとても明確におこなっている、1933年に達成することができなかったものを示しています。
usm4.jpg
特に彼らの米国兵士が現在、オバマ政権の下で間に合うように、米陸軍スペシャリストで現在彼の戦友が歌っているこれらの『ことば』で連想される、イラク戦争のベテラン・ジョシュ・スタイバーが関与したトレーニングから、この人間性を奪うことに照らし合わせて見るとき、米国民の目ざめつつある『新しいアメリカ合衆国』にとって、それは彼らの背筋を伝って身震いを送らなければなりません:(イラクで多くの民間人(女・子供)を殺害するよう強いられた、人間性の喪失が基本的な米陸軍トレーニングの一部だと気づいたジョシュ・スタイバーは陸軍を除隊しました。)
(歌の内容)
『私は、すべてのレディースショップで…私は私のなたを取り出して、そして、私がチョップ(ぶった切る)し始めた市場に行きました。
私は、すべての子供たちが遊ぶ…私は私の機関銃を引き抜いて、そして、私がスプレー(乱射)し始めた公園に行きました。』

そして、そうしなければならない銀行屋唯一のセコンドのために、彼らの為に作られた正気でない兵士が米民を殺すために訓練されていて(外国人…でない…)、これらアメリカ人は、自身を殺すためにまさか訓練されているとは思いもしないでしょう。新任の銀行屋リーダーに代わって専用の市民が米国民を一直線にするはずです。その誰もが、自身がその下で生きるということに気づいているのならば、新しい金権政治に反対することをあえてしなければなりません。

アメリカで最も豊かなこの怪物エリートの1%が、他の99%の米国民に対してどれくらいの軽蔑を持っているのかが見つかりません。
しかし、より良い例(両方にとって)として、エリートの最大手企業が労働者に対して、生命保険を取り出し始めたことを示している新しいレポートにおいて、ひどいことに『死んだ農民』をも家族にではなく、エリートに支払うべきだと伝えています。

それで今日、かつて自由だったアメリカの人々が金権政治リーダーの容赦ない支配下で落下して、多くの米国民(彼らが以前のドイツ人のように)が金権政治リーダーの宣伝の話だけを聞いていて、すべてが失われる前に米国民に向かって叫ばれるすべての警告に、全く気づくことができなかった1つの事実に驚かされます。
【転載終わり】

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

I participated in blog ranking.
I click a mark below to spread information, and please support him,Thanking you in advance.↓

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 14:56 | Comment(2) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。