お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年04月15日

フランス・リーダー・サルコジはオバマを罵り、『彼は正気じゃないのかもしれない』と警告しますA

slo1.jpg
フランス・リーダー・サルコジはオバマを罵り、『彼は正気じゃないのかもしれない』と警告します】の続きです。

このレポートでサルコジは、各国がアメリカ合衆国に代わり戦争と征服を通してその不可欠なエネルギーの将来を確保しようとする一方で、現在地球上で最も狂暴で根本的な政治制度のなんらかの妥協策によってそうした、この『New World Order(世界統一政府構想)』に賛同していたアメリカのかつての強固な同盟国を退けていて、オバマの世界の国々を『抑制しなくて』、『不安定にしている』行動によって、すでに緊張した世界的な状況が常に破滅的になったとさらに警告します。そして、我々はその典型として示されいていることを以下の様に見る事ができます:
Director-General-of-the-I-001.jpg
エジプトで....大部分の中東諸国を支配している重要な堅固な米国の同盟国:エジプトのホスニ・ムバラク大統領の30年間に及ぶ支配がオバマによって衰退させられた所で、国連核監視機関(IAEA)前長官モハメド・エルバラダイは彼の宥和政策を通してイラン・ペルシャ国が原子爆弾を造るために必要な知識、器材と専門知識を得るのを許可しました。

resimler\haber\erdogan4(2).jpg
『タイップ・エルドアン』
トルコ…すべての前アメリカの大統領のようにジェノサイド批判を行い、1915年アルメニア大量虐殺でその重要なユーラシア国を非難するための法律を可決する彼の議会をオバマが止める事ができなかったところで、トルコ駐在米国大使を本国へ呼び戻すこと以外の選択肢をトルコに与えず、タイップ・エルドアン首相のもとを去りました。

カザフスタンで.....オバマはロシアのプーチン首相がその重要な中部アジアの国のためのchange革命のゴールの達成止めることができず、アメリカで就任する大統領が無力にも許していて、米軍の主な空軍供給(飛行機)ルートを奪いこのように彼らの国からアメリカ人を追い出す準備をする新たなキルギス政府の下、アフガニスタン人のタリバン軍がすでに空の支援不足の下の米国軍隊と戦っていて、オバマはアフガニスタンでの戦争で米国を危険にさらさせようとしています。

インドで…パキスタン&CIAに後援されたイスラム・テロリストとの戦いでオバマが卑劣な攻撃に合うインド人をサポートすることを放置し、2番目に強大なアジア国家を孤立させ、すべての欧米諸国の圧力を強固にはねつけていイラン・ロシアの方へ歩み寄る原因を誰がつくりましたか?そして、インドがオバマの世界的な核サミットに参加する代わりに、その代わりとしてイラン人に付き添うことで同意をしました。

パキスタンで…ちょうど今週、オバマがパキスタンに与えないことによってこの不可欠なアメリカの同盟国に対し『公式に平手打ち』を与えた所で、彼が以前このようにパキスタン軍隊に保険をかけた核取引を同じくインドに与えて、アフガニスタンでタリバン軍と戦っている米軍に対するサポートをやめました。

アフガニスタンで…オバマと彼の同盟国アフガニスタンのカルザイ大統領が周知の戦いに従事したところ、カルザイが誰に対して激怒し先週、アメリカ人からタリバンへと忠誠を変えると脅迫しましたか?
netanyahu-squeeze.jpgnetanayucrazyfuck.jpg
『ベンジャミン・ネタニヤフ』
イスラエルで....ネタニヤフ首相がちょうど今発表したように、かつて最も信頼できる同盟国をそう混乱させdemonizedした所で、ネタニヤフはイスラエルを滅ぼすことを誓っている中東の敵に対する、このイスラエル人の核覇権を脅かしているエジプトとトルコをアメリカン・プレジデントが制御できないという恐れのため、オバマの世界的な核サミットに出席しませんでした。

brazil_iran_1123.jpg
『ルーラとアフマディネジャド』
ブラジルで....オバマが彼のロバート・ゲイツ国防長官に、この南米の原子力との歴史的な防御協定に署名するよう命令したところどこの大統領であるルーラ・ダ・シルヴァが、イランのマームド・アフマディネジャド大統領(イスラエルを罵る)を称賛しましたか?そして、来月イランを訪問するという彼の意向を発表しました。

これらの行動(この短いレポートで言及するよりも多くの)の全てにとって、同様にロシアと中国がアメリカ人を止めるため、何に敵対する準備をしているのか?ロシアの軍事アナリストはオバマがナチスドイツのアドルフ・ヒトラー以来の唯一のリーダーのように完全に世界戦争へと我々の世界をプッシュしたと警告します。

オバマ政権の支配下で生きているアメリカ人にとって最も残念なことに、それが根本的に社会主義を壊す彼らの試みであり、彼らがそのかつての大国を破壊するために、彼ら自身が破壊することをプッシュしたということです。アメリカ合衆国からの新しいレポートの中で、2年未満でオバマとオバマの仲間がこのような人々をほぼ50%にすることを成功したと示しているように、働いていない他の50%の人々を支えることになるということです。
(そして、大統領選挙運動の間、オバマが『富を再分配する』と公然と誓ったが、本当に何もなく、結局どちらを驚ろかせることになったのか?まさにそのエリート集団を除いて、史実としてどちらが常に、誰が貧乏人となることを示しましたか?)

我々がオバマ政府がアメリカ合衆国国民のために用意している巨大な死の収容所について以前に警告したが、オバマに反抗することをあえてストップしたままにしているごく少数のアメリカ人に関していずれも、そしてそれはまさに、この最も奇妙な民族の存在を、それが真実でなかったとこにして信じないようにすることを選ぶのならばきっとそれは世間知らずな純粋な考えで否定し続けているのでしょう。
(このふるまいが過去の周知の史実にもとづけば、それはオバマと仲間が文字通りに、かつて自由なドイツ人に対して、ナチスによって使われたのと同じ脚本を使ったからです。)
slo3.jpg
そして、何が米国民に実行されるのか?この真実をあえて露出させることをして、人々のためにオバマは、アメリカ史上初の秘密の政府情報部がショック(米国ベースの国際的な司法ネットワークに関してティナ・フォスターが以下を含め述べる)を与えることで、まさしく世界のあらゆる人権組織を去るかのように、裁判の助けなしで自国市民のうちの1人を暗殺する許可を与えるよう今週、先例のない処置をとりました。:
『私は、彼らがすることにショックを受けます。我々の政府がこのような極端な手段へ進むことに大きな衝撃を受けました。それは、法的プロセスなしで誰かから、その人の人生さえ奪うことです。』

現在、オバマへのサルコジの厳しくひどい評価が真実かどうかにとって、それは我々の知ったことではありませんし、そして、このレポートでは述べません。
しかし、ほぼ全ての、米国のオバマの長年の同盟国が米国の背中をロック・オンにした点に注目することで明らかに、彼らの健全な精神が、誰もが若干の実に粗悪な(控え目に言っても)リーダーの支配下で生きたく無いことを示しています。

そして、また、そのイスラム・テロリストのオバマによる上辺の宥和政策は、もしかしたら彼のすべての(いわば)大理石彫刻を投げ入れているのかもしれず、彼の中で拡大する証拠から『一人で急降下で落ちていった』のでしょう。
そして、管理された195 smart Blu-110爆弾と、192 massive 2000ポンドBlu-117爆弾で明示されるように、オバマは先月、インド洋のディエゴガルシアにある大規模な米軍基地へカリフォルニアから直ちに爆弾を出荷するために、フロリダ州にSuperior Maritime Services Concord基地を設けることを許可しました。インド洋の基地がイランの攻撃有効距離で、そして、彼らに投下されるならば文字通り、それらを破壊するためイラン人は動くでしょう。

グレート・ゲームがその回避不能なクライマックスに近づいて、これから起こることに関して慎重に隠れた手掛かりを見つける際に、最大の注意は、あなたが誰かに、あなたの知り得た大抵の秘密の情報を話すことに関し、今週アメリカ合衆国で明示されるようにあなたの子供たちには決して話してはなりません。それは、インフォメーション・ウォー通信社によって報告されるように以下を参照して下さい:

『ウィリアムソン郡の家族が、親が子供たちに政府に不信感を抱いていることを教えたので、児童保護局調査の一部(彼らを『不適任な両親』であると考えた行動(CPS文書で警官によって均一化された告訴に従う))としてオースティン(親)が7才の息子の親権を失いました。』

最後まで読んで頂きありがとうございます。
売国政党民主党や工作員を根絶しましょう!!
応援してくれる方は↓ポチットな♪

I participated in blog ranking.
I click a mark below to spread information, and please support him,Thanking you in advance.↓

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg


posted by 東洸 at 09:12 | Comment(1) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。