お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年04月28日

ナチス司令官は、『オリンピック』で重要環境問題を世界に放ちます

2010年4月26日
ナチス司令官は、『オリンピック』で重要環境問題を世界に放ちます
f766f0e2.bmp340x.jpg
ロシアGRU軍参謀幕僚の対外軍事情報理事会によってプーチン首相に用意された恐ろしいレポートでは、西欧のレポートでは現在、死んだと主張されているナチス司令官ポール・シェファー[写真左]の『忠実な支持者』によって、最近終了したばかりのバンクーバー冬季オリンピック大会の間に『破滅的な規模』の『重要環境問題』が我々の世界に向け放たれたとしています。
psn1.jpgpsn2.jpg

シェファーはナチス司令官であり、世界中で最も悪名高いと評される関連メモから重要な、彼がヒトラー・ユーゲント組織のメンバーであり、それから、本当に彼が衛生兵だと真実かどうかわからないのと同じくらい、彼がドイツ軍服役中は伍長であったということが、第二次世界大戦後にアメリカ人が一方的に報道した彼に対するただのカバー・アップ(覆い隠す)の『分類』でしかありません。
Wernher_von_Braun.jpgmengele.jpg
実際、ソビエトKGBアーカイブでは、シェファーを『ヴェルンヘア・マグヌス・マクシミリアン・フライヘール・フォン・ブラウン 男爵[写真左](ナチスドイツとアメリカ・ロケット・プログラムの『父』と呼ばれる)』『ヨーゼフ・メンゲレ博士[写真右](ナチス体制によって人々を収監し、生きたまま人体実験を行い『死の天使』として有名)』に次ぐ、戦略的なサービス(OSS)Office of Strategic Services(通称:OSS)とは、第二次世界大戦中のアメリカ軍の戦略諜報局】軍隊に所属するためにアメリカン・オフィスによって戦争後にドイツからさらわれた『ナチスで最も重要な人物である3人』のうちの1人として名が挙っています。

シェファーへのアメリカ人の『重大な重要性』は、彼がヒトラーの命令により、世界から『劣った種族』と呼ばれるこの怪物全てを除去するために、征服したそれらの国々に放つ予定だった、開発途上の『種族 − 種に特有の細菌兵器』で仕事を課されたナチスドイツ最高の生化学者のうちの1人であったとこのレポートでは伝えています。

その『オペレーション・クリップ』について理解するために重要な、シェファー(そして、ナチスドイツの他の科学者)を招集するために使われたOSSプログラム(第二次世界大戦直後にアメリカ合衆国による雇用のために)であり、それは、国防省統合諜報目的局(JIOA)によって実行されました。そして、急に発展したソビエト・アメリカによる冷戦の前後関係で、ソビエト連邦と英国に対してドイツの科学的な情報と専門知識を与えないことが『オペレーション・クリップ』の1つの目的だが、事実はそうではありませんでした。

1945年5月8日のヨーロッパ同盟国の勝利後で始まったドイツ人科学者のJIOAによる補充が、実はハリー・トルーマン米大統領は1945年8月までこの『オペレーション・クリップ』の遂行を正式に命じてはいませんでした。
トルーマンの命令は、はっきりと、『ナチス党、そして、その活動の名目上の参加者、またはナチス軍国主義の活発な支持者だけでなくメンバーだと』わかる者全てを除外していました。

トルーマン大統領の反ナチス命令と関連するポツダム及びヤルタ協定を回避するために、JIOAは科学者のために偽の仕事と政治的な伝記を作成するために独立して動き出しました。
大衆から消し去られたJIOAはさらに、シェファーと他のドイツ人科学者ナチス党メンバーシップとの体制の提携を登録するため、一旦、このナチズムを『漂白する』ために、アメリカ政府がアメリカ合衆国で働くために科学者を秘密事項扱いにする許可を与えたのです。
psn3.jpg
この『クリップ(作戦上のプロジェクト・ネーム)』とは、『アメリカ政府科学者』がJIOA人員をファイルするために、新しい政治的な人物や科学者を配属するのに使われたクリップから由来しています。

しかしシェファーは、アメリカ人によってアメリカ合衆国で許されるにはあまりに『放射性がある(毒性が強すぎる)』と考えられ、その代わりに中央情報局(CIA)によって、CIAによる資金提供でシェファーが今の今まで、米国とチリの秘密警官隊によって現在も『保護されている:Colonia Dignidadコローニャ・ディグニダード』として知られている秘密主義の住居区域を確立して、南米国チリに『置かれ』生活していました。

約50年の過去の間に ― このレポートが続ける ― 『チリの秘密警察(DINA)でCIA職員の工作員:マイケル・タウンリー(現在、証人保護プログラムの下で米国で保護される)』がインターポールに細菌戦争に関して、チリ軍の研究所とともに『コローニャ・ディグニダードのもの』による『共同の人体実験』を知らせたとき、シェファーと他のナチ・ドイツ人科学者(『死の天使』ジョセフ・メンゲル博士を含む)は、2005年に唯一発見された子供たち[伝えられるところでは米国から誘拐された大衆]への、彼らによる恐ろしい実験の報告があり、ナチによる『細菌兵器』の研究が現在まで続けられていたということです。
pinochet_2.jpg1.2.jpg
『アウグスト・ピノチェト』『ヘンリー・キッシンジャー』
アメリカ合衆国のための研究が極めて重要で、1973年にチリで新たに民主主義的に選ばれた社会主義政府からシェファーを悪魔のようにみなす『細菌兵器』研究が脅威の部類に入ったとき、それが当時の『米国国務長官で熱心なNew World Order世界主義者のヘンリー・キッシンジャー』が『チリ軍:アウグスト・ピノチェト将軍』に命令し、右翼独裁をこの南米国に押しつけ、その民主主義的に選ばれた政権の即時打倒クーデターと、その後の後任を命じました。
704-bachelet-standalone-prod-affiliate-84.jpg
『ミシェル・バチェレ』
シェファーとコローニャ・ディグニダード・ナチ居住地区に対するCIA職員タウンリーの2005年の告訴の後、そして、それからミシェル・バチェレ大統領(誰の父が拷問されて、ピノチェトに殺されましたか?[参考])によって統治されているチリで、チリ軍隊は子供たちへの性的虐待による犯罪の容疑と、2006年以降に確信してシェファーの逮捕に至った、大規模な武器貯蔵所を発見したこのナチ要塞を急襲しました。
しかしながらバチェレは、アメリカ合衆国からの非常に強力な『圧力』の下でも、このナチ要塞の鎮圧を許可しました。あるいは、彼らによる『進行中の研究』(このレポートの状態)に対して『他のいかなる方法も妨害しました。』

そして、コローニャ・ティグニダードが現在、シェファーの『副司令官:ピーター・マラー』に運営されると言われているが、このロシアGRU報告では『本当の力』がシェファーの養女(長い間『死の天使』ジョセフ・メンゲレ博士の後継者として育てられた生物学的な娘であると噂されるレベッカ・シェファー[彼女が唯一写っている写真へのリンク:父の棺につきそう写真])が責任者であるとしています。
psn4.gif
養子関係の娘レベッカがシェファーに関してのメモで最も重要だとこのレポートは続けます。それはレベッカが熱帯真菌『Cryptococcus gattii:クリプトコッカス・ガッティ(特に『兵器形式』のその生物工学)』への世界でも主要な研究者の1人だからです。そして、それがバンクーバー冬季オリンピック大会の間にこの最も危険な『ナチス細菌兵器』を北アメリカに放つ際に、彼女のために『主要な容疑者』を作りました。そして、それが現在までに23人以上(何千もの動物)を殺して、カナダのブリティッシュ・コロンビア[写真の図]で、その『リリース・ポイント』から広がりました。そして、現在、米国最大の州カリフォルニアに押し寄せていると報告します。

レベッカ・シェファーが冬季オリンピック(このレポートが述べるには)の間に、カナダでこの致命的な『細菌兵器』を放つことを選んだ重要な理由は、過去1936年ナチスドイツでのオリンピック開催を通して開始する予定の、ナチスへの『新しい時代』を『炎を通しての出生』を意味した、『トーチを通した』ナチス誕生式典でした。そして、その後に彼女の『本当の』父ジョセフ・メレンゲが恐ろしい人体実験を開始したのです。

このナチス『細菌兵器』が実際にどれくらい致命的か、西欧のニュースソースで報告されるように、我々は読むことができます:

『致命的な新しいスーパー真菌は、アメリカを侵略します。
急速に広がると知られる空中スーパー真菌は、太平洋北西部へとカナダの国境地帯を横切りました。
科学的にクリプトコックス・ガッティとして知られ、真菌は熱帯地方の原産で、パプアニューギニア、オーストラリア、南アメリカ地域固有のものです。
専門家は、最悪の方法でオレゴン州でその出現を発見しました:真菌は、6人を殺しました。
増加する死亡率:真菌の新しい種は、1999年にブリティッシュ・コロンビアで発見(それは、菌にさらされた人々のおよそ9%を殺しました)されるものよりも致命的です。:オレゴン州での多様変化は25%の死亡率を持ちます。そして、そのパーセンテージは上昇するかもしれません。』


この怪物による、人類へ対するどの程度でどれくらい致命的な最新の攻撃なのか、それは我々の知ったことではありません:実際このレポートでは、シェファーが死んだとみせかけて覆い隠すのに使われた可能性のあるチリ刑務所独房から、この『細菌攻撃』でシェファーの釈放を手に入れるために行われたとしています。
しかし場合によっては、我々が生きる世界が時間が経つごとに危険が増しているという疑いしかありません。本当に起こっていることの真実を話されていない住民によって、更に悪い状況が作られます。
【転載終わり】

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

I participated in blog ranking.
I click a mark below to spread information, and please support him,Thanking you in advance.↓

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 14:43 | Comment(4) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。