お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月06日

米国は、韓国の戦争懸念について『ピストルの撃鉄を起こした』状態の警戒状況だと伝えます。

2010年5月3日
米国は、韓国の戦争懸念について『ピストルの撃鉄を起こした』状態の警戒状況だと伝えます。
http://www.whatdoesitmean.com/より
skw1.jpg
今晩クレムリンを循環しているロシア国防省報告では、アメリカ合衆国が朝鮮半島で起こっている、そのふくらむ戦争懸念について『ピストルの撃鉄を起こした』状態の警戒状況で、米海軍太平洋第三艦隊に所属しているその空母艦隊のうち3隻に命じて、その事態について警告しています。

米国国防省により用いられる『ピストルの撃鉄を起こした』状態の警戒状況は、米国領域での対外軍事力、または、米国軍隊への差し迫った進行中の攻撃に対して『maximum readiness:最高の準備(対応)』で米戦力を配置する、アメリカ軍の防衛状態【デフコン:レベル@(最高レベル)】とともに同時に発せられた『exercise:エクササイズ』期間であると、このレポートでは伝えます。
※デフコン 1 最高度の準備を示す。今までに用いられたかどうかは定かではないが、アメリカ軍やアメリカ領土に対する外国軍による切迫した、または進行中の攻撃のために予約されている。核兵器の使用が許可されることもある。 しかし、同じデフコンでも異なるオプションがある。例えばデフコン1には「オプション・ブラボー」というのがあり、通常兵器の使用が許可される。また核兵器の使用は大統領の直接命令が必要であり、デフコン1によって自動的に核兵器の使用が許可されるわけではない。(ウィキペディア参照)

アメリカ人の懸念を高めることにこのレポートは続きます。韓国の李 明博(イ・ミョンバク)大統領が、韓国軍の指揮官全員に緊急会議を要求しており、そして、我々は韓国JoongAngデイリー通信社によって緊迫した状況が確かめられ、読むことができます:

『韓国軍隊62年の歴史で初めて大統領が、韓国と北朝鮮との国境ライン近海での、韓国海軍軍艦Cheonan(天安)が沈んだことによって促される、国家の安全危機を議論するために指揮官トップの緊急会議の議長をつとめます。韓国大統領官邸スポークスマン:パク・スンギュによれば、陸軍、海軍、空軍からのおよそ150人の指揮官が明日、イ・ミョンバク大統領との会談に出席します。』

この前例のない会議をイ大統領が招集をすることの行動で、これらの出来事をとりまく重要な点は、1953年から始まった韓国の戦争の手詰まり状態の最初の時から、どちらが?戦時国際法に従うアメリカ合衆国とは異なって実行することができるのか?そして、この対立でその他の国連軍隊にも影響を与えたのか?北朝鮮に自由な支配を認める休戦調停に署名することを拒否した韓国人は、北朝鮮への報復攻撃を開始するために、この行動方針を選ばなければならなく、その韓国が国連−米軍の命令外で独自に作戦を開始したということです。

イ大統領に記述されることで、信頼を置いた存在に『激怒した』ことが、2日前に中国の『保証』を得た共産党のリーダー胡錦濤との会談(5月1日:共産党への非公式訪問と会談)の後で中国が裏切って、共産党の公式訪問に関して北朝鮮の謎の独裁者金正日を唯一迎え入れた(しかも韓国との会談直後に)中国が、北朝鮮の同盟国に『等しい』とこのレポートは続けます。

この危機を引き起こしている北朝鮮の行動にとって、我々は以前、『オバマは、致命的な北朝鮮の攻撃の後『即時、一時休戦』を命じます』という我々の3月28日の報告と、5月1日には『米国は、メキシコ湾の石油採掘装置を北朝鮮がぶち壊したことに関して報道禁止を命じます』というレポートで我々が韓国の軍艦Cheonan(天安)の沈没と、メキシコ湾での10億ドルの石油採掘装置(ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)と契約して世界最大の沖合ドリリング請負企業Transoceanによって運営される)を所有する韓国の財閥大手企業ヒュンダイ重工業を沈めたことについて、北朝鮮による致命的な攻撃を即座に詳述して、その点について書きました。

忙しくてやりかけ...

多少ですがニュースにもきな臭さが報道されてきましたね。
http://www.jiji.com/jc/
特殊部隊5万人を最前線に=北朝鮮
 【ソウル時事】聯合ニュースは5日、韓国政府筋の話として、北朝鮮が2〜3年前から進めてきた7個の軽歩兵師団の最前線配置計画が最近完了したと報じた。米韓当局の分析によるもので、この結果、南北境界線付近に約5万人の特殊戦兵力が配置されたという。
 これに関し、韓国国防省幹部は「特殊部隊の侵入や局地的挑発行為の脅威が現実味を帯びてきた」と懸念を表明。脆弱(ぜいじゃく)だった特殊戦への対応を強化する考えを示した。(2010/05/05-14:04)

まさか国が...なんて批判をしたくなる気持ちも分かりますが
現実を直視出来ない夢の国の方にはこのブログは意味がないでしょうね。
今のギリシャを見なさいよ...
そのうちアメリカや日本でも同じ光景が見られますよ。
国や世界機関が未だにまともだと思っているのならキチガイの奴隷となって黙って殺されてください。
今は人類の未来を決める重要な革命モードなんです。

この記事は世界展開している大手弁護士企業がシンクタンクとなって作成しているので、大きく脱線する内容はないと公開してます。
正式な記事のソースもあるしね。

※引き金=撃鉄の誤り修正しました。※

最後まで読んで頂きありがとうございます。
売国政党民主党や工作員を根絶しましょう!!
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 17:26 | Comment(5) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。