お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月19日

切迫した国家非常事態−国内テロ攻撃の下のアメリカで−

破壊警報:切迫した国家非常事態−国内テロ攻撃の下のアメリカで
アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...企業コンロトールされた主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏のブレイキング・ニュース
切迫した国家非常事態
国内テロ攻撃の下のアメリカで

2010年5月16日日曜日
インターナショナル諜報活動専門家トム・ヘネガンによって
21_oil_spill_466_slider_may15.gif
USAUpsideDownFlagANationinDistress.jpg
−アメリカ合衆国−
メキシコ湾の大規模なブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)による石油流出が手に負えないと現在報告できます。この石油流出を阻止する試みがアメリカ合衆国全ての東南地域の給水を害すよう脅かし、化学反応を作動(引き起こす)させました。

給水の汚染は、メキシコ湾とミシシッピ川が交差するニューオリンズのデルタ地域で起こりました。
gulf.jpg
capt.d08015548e5b4e30a7e86ac7f07efa55-20c3237f304c46b0945813815541f602-0.jpg800px-2008-09-20_Dirty_water_spilling_from_a_bottle.jpg
石油に対する漏斗状のチューブの使用が、疑わしいブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)が救助作業によって、有毒化学製品で給水を汚染させたのです。

米軍筋はそれを信じるとこのリポーターに話しました。それは、金融非常事態に間に合うように与えられたのです。
6Wj6eJ.jpg
ogco_bp_1006.jpgblackwateriniraq.jpg
メキシコ湾岸(別名:給水中毒)のこの非常事態が、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーと彼らのブリティッシュ・ペトロリアム=共謀加担者ブラックウォーターによって実行された国内テロ攻撃であります。

これは、アメリカ国内に『戒厳令』を布告する試みすべての先駆です。

この重大な時に、オバマ大統領はアメリカ合衆国を管理しているように見えて、全く命令を出すそぶりすら見せていません。

別名:米国民への悪魔の犯罪的な攻撃が、最新の失敗したこととぴったり適合させるこの国家大災害は、ギリシャ、欧州連合に別名:犯罪の銀行(ゴールドマン・サックス)と有名な証券会社に与えるため米国連邦準備制度理事会によって『救済されます』。

注:米国連邦準備制度理事会の『救済します』資金をもっていくギリシャと欧州銀行は、それを保持し続け、そして、欧州連合の債券償還に関して有名なクレジットデフォルトスワップを基準にして支払いを要求する、そのゴールマン・サックスと結ばれる資金のどれもを、ゴールドマンサックスに支払うことをただちに拒絶して下さい。

実際、ギリシャと欧州連合はゴールドマン・サックスを、全中毒デリバティブの大失敗に巻き込んだ罪の詐欺で訴える予定です。
20071206Merkelsarkozy.jpg
フランスのニコラ・サルコジ(L)大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相

我々は、サルコジ大統領が、欧州連合とフランス財務省資金の直接的な窃盗で、バーナード・マドフ・ポンジースキームのロンドン・オフィス(バークシャー・ハサウェイ社)とメロン・ニューヨーク銀行とドイツ銀行との関係の証拠を持っている今、フランスのニコラ・サルコジ大統領が直接、現在のドイツのアンゲラ・メルケル首相を戦争で脅したと明かすこともできます。

米国とフランスの金庫に27兆5000億ドルを戻して、世界の経済を効果的に保つワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコル実現の継続的な阻止にこのすべてがかみ合います。


内部の敵
国家は、その馬鹿と志ある者の存在が五分五分で生き残ることができる。しかしそれは、内部から裏切られては生き残ることができない。
門が敵ならばより恐れる必要は無い、なぜならば、彼は有名で、公然と彼の旗を持っているからだ。しかし、裏切り者は自由に門の中に、その間を自由に動き回る、すべての路地裏(政府自体のまさしくそのホールで聞こえる)で音を立てるずるいささやきが、裏切り者が自分から姿を現すことはないのだ:彼は、その犠牲者へありふれた口調で話しかける。そして、彼はその顔とその議論をかぶって、彼は、すべての男性の心の中でディープな状態のままになっている問題の卑しさを訴える、彼は、国家の魂を腐敗させる、彼は夜な夜な計り知れず都市の柱を徐々にむしばむためにひそかに働く、それがもはや抵抗することができないように、彼は国民に影響を与える、殺人など恐れるに足らない。〜Cicero Marcus Tullius

thomas-jefferson-picture.jpg
『人々がその政府を恐れるとき、そこに専制政治があります:政府が人々を恐れるとき、そこに自由があります。』
トーマス・ジェファーソン(このアメリカ合衆国の建国者で最も偉大な人物)
JFK.JPG.jpeg
『平和的な周期に耐えられない人たちは、暴力的な周期を必然的なものにします。』
ジョン・F・ケネディ

議会(1776年7月4日)で、The unanimous Declaration of the thirteen united States of America... But when a long train of abuses and usurpations, pursuing invariably the same Object evinces a design to reduce them under absolute Despotism it is their right, it is their duty, to throw off such Government, and to provide new Guards for their future security...
eagle.gif9 12 teaparty.jpg
We_The_People_1.jpgD-DAY.jpgDefendersoftheConstitutionUSArmy.jpg
我々は、以下を反逆の犯罪政府とその犯罪企業メディア・イネーブラに対して発表します:『お前達が続けるにはあまりにも不正で腐りきっている!我々(米国民)は、皆が充分に武装しており、すでに勝っている!』

この重大な時において、ラファイエットがブランディワインの戦いで生き残り、我々は自由に生きるか死ぬかです。そして、アルバート・ゴアは依然として、アメリカ合衆国で2000年に正式に選ばれ、天然の生まれながら、非就任の大統領のままです。

トム・ヘネガンの爆発的なインテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家(トム・ヘネガン)は欧米情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます−企業コントロールされた主流メディアの舞台裏で本当に起こっていることが進行中の大規模な偽装と幻想の宣伝ですっかり覆われていると報告します。
http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel

もう気づいている方は多いと思いますが、ひとしきりに読んでみると元々、レーガン大統領とフランスのミッテラン大統領、インターポール警察や諜報部員のレオ・ワンタなど、この27兆5000億ドルにまつわる計画の全てが、キチガイがやらせた壮大な計画で、元々、米国民やフランス国民のために夢を実現させるお金ではなく、キチガイが実行部隊にやらせ成功したらパクる計画だったんだと思いませんか?
250px-Official_Portrait_of_President_Reagan_1981.jpgJohn_Hinckley_Jr.jpg
レーガン大統領は仕事を終えた後に直ぐ、ジョン・ヒンクリーJrに襲われ廃人になり死亡、元々ロシアのお金を盗んで一儲けしようなどというキチガイの上手い話に乗せられたカネの亡者達の仲違いだが、この仲間割れは最後にどう作用するか興味深いです。トム・ヘネガンが騙した(キチガイが下っ端を使いパシリにした)恨みでネオコン派の暴露記事を書いている背景もうなずける。だからロシアとフランスの仲がよろしい背景もうなずける(ロシアとフランスで兵器売買をし合う間柄)。革命の狼煙は必ずアメリカから上がると僕は見ているのでこのままトム記事は継続します。ただし、ある程度の真実を並べて巧みにロスチャイルドのゴア(地球温暖化詐欺容疑者)を推奨するよう仕向けてくるので騙されないように。ネオコン派の悪事だけパクればよいのです。

PS:HAARPに地震波がでたようですね(汗)
沖縄基問題も締め切りですし、注意はしておきましょう。
記事:井口氏のブログより『HAARPに地震波か?』
hillary-clinton-46_1201962c.jpg610x.jpg
今回はキチガイ高官の敗者妻ヒラリー様自ら脅し及び、恐喝に参ります。
事業仕分けで浮いたお金がバーナード・マドフ・ポンジースキームへ流れる(欧州支援と米国債購入)のです。
民主党も郵政で米国債を買うと宣言しましたし。
日本もバーナード・マドフ・ポンジースキーム・メリーゴーラウンドの主要なお馬の一匹でしょうか。
media_box_of_lies.jpg
小沢だの地検だのっていつまでこのボックス・ダンスは続くんでしょうか?
佐藤優氏は本当に上手い事を言った。
『自民党(アメリカ)がうんこ味のカレー』で『民主党(中国)がカレー味のうんこ』
ほんとに『赤組頑張れ』、『白組頑張れ』です。
今のトップに独立自衛したい政治家はいないんでしょかね....orz

選挙はよくよく選んでください。

後、これにはマイッタ(汗)
井口氏のブログより:「山が動いた!」:アイスランドのカトラ火山が目覚めつつあるのか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 12:55 | Comment(0) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。