お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年02月10日

テクノ奴隷制度

2010年2月6日
警告される『テクノ奴隷制度』のアメリカの時代は始まりました。

BYソルチャ・ファール

levitskaya.jpg
『アリーナ・レビツカヤ』
アリーナ・レビツカヤ大臣(ロシア連邦文部科学省で青少年の教育と社会的保護に関する国務省政策の代表)によって書かれるとても興味をそそるレポートは、アメリカ合衆国で彼らが子供たちのコンピューター・デジタル教育に関する教育下で管理下に置くための新たな研究が、アメリカ人の若い青年男女と子供達が他人とのどんな『通常世界』の対話でも『完全に機能する』ことがすぐにできなくなる『テクノ奴隷』となる『重大な危険』の状態を示しており、祖国ロシアが教育政策で採用してはならない(どんな形でも)と警告します。

アメリカで、このエリートクラスによってもたらされる『テクノ奴隷』の最も大きな危険は彼らが故意に古代文明諸国についての知識から切り取ったもので、それは『獣の刻印』と一般的に呼ばれるものから言及されどんな時でも『この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることも出来ないようになった(黙示録13:16〜17)』と警告している地球上で最も古い宗教的な写本に含まれている事とレポートでは伝えます。

[注意:『刻印』(獣の刻印の場合のように)のために使われるギリシア語は、『charagma』で、皇帝の名前と日付を押される印章でローマ帝国によって使われる商業的な文書に付随されます。]

このシステムの『実物展示PR』期間のあいだ、息子の幼稚園のクラスで聖書韻文を母親が読むことを一ヶ月間禁じた米最高裁判所の判決を含み非常に陰険なこれらの『テクノ奴隷』の教化に、事実上そうなるよう過去30年間にも及びアメリカで古代文明諸国についての知識を全てメモリから一掃し、任意の宗教学においてそれら主題に関する教育が禁止されました。
usa4.jpg

中略

しかし、このレポートで最も驚くべき記述は今週インターネットの最大手Googleの発表で米国国家安全保障局(NSA)との『協力』について警告する記述『最悪のシナリオ』によって先行されるセクションに含まれます。

それはアメリカ市民のプライベート・データ(電子メール・電話(携帯含む)・ウェブサイト訪問(入/出)・インターネット購入品、その他)に『裏アクセス』を許す来たるべき米国警察の新しいインターネット・システムと結合されるとき、彼ら全集団はこの『テクノ奴隷』が行う事が出来る、どんなささいな新たな主人(テクノ奴隷)に対する批評からも逃がさないよう全面的な『ホワイト・スペース・デジタル・ブランケット(覆う・もみ消す)』を直ちに受ける事になります。
(その後はポアですかね(汗))

internet1.jpg
[注:『ホワイト・スペース』がアナログテレビ放送に取って代わるよう言及する期間(日本の地デジと同じです。2011年日本も獣の刻印の管理社会になります。SMAPと一緒にレッツ人体タグ♪なんてCMが出るのでしょうか?)、米国民はそれが彼らの国の隅々の地方にまで深く入りこむことができる高速無線インターネット信号を普及・飽和させ用いるためにアナログを捨てるよう政府によって強制されました。
そして『米国国防省の米国国防総省高等研究計画局(DARPA)』のためにIBMによって作製される世界最速の『グラフェン・トランジスタ』と結合されるとき、それ(このレポートによると)はタグ付け(人体もしくは身分証明カードにバーコードを付ける)とすべてのアメリカ市民のモニタリングを許します。]
usa2.jpgusa3.jpg
アメリカ合衆国のエリートクラスの必要な要求でこれらの『テクノ奴隷』をつくることは、その最終的な崩壊に近づく全国民の経済状態によって明示される新しいレポートが現在、家を失った2000万人の中流階級のアメリカ人を除いてもう1800万人が家を失うと警告されるように、年内にデフォルトが近いことを示しているように状況は更にひどくなりました。

更に悪いことにこれらのアメリカ人のために彼らはまたこの来たるべき年の間に、世界のいかなる国も買わない3兆5000億ドル以上もの短期政府債務(米国全ての国内総生産のほぼ30%に等しい)の資金を出さなければならない状況であり、完全な国家破産が彼らの頭上にあることを警告します。
そして破滅的に通貨の価値の下落を引き起こします。

番号管理は一度記事にしました
米国で早々実行に移す具体的な活動が活発です。
日本も菅直人が社会保障と税の共通番号制度と称して獣の刻印を押そうとしています。
http://news.goo.ne.jp/article/
「社会保障番号」議論を本格化…検討会が初会合
2010年2月8日(月)22:44
 政府は8日、社会保障と税の共通番号制度の導入に向けた検討会の初会合を開き、番号制度導入に向けた議論を本格化した。

 2010年内に基本方針を策定し、13年度の導入を目指す。社会保障と税を一体的に把握することで、社会保障給付や国民負担の公平性を高めるのが狙いだ。

 国家戦略室を中心に省庁横断的に検討を行う。検討会のメンバーは、平野官房長官、仙谷国家戦略相、原口総務相、長妻厚生労働相と関係各省の副大臣らで、菅副総理が会長を務める。

 菅副総理は初会合のあいさつで、「税金をとるためではなく、(社会保障などの)サービスを受ける立場から見て必要な制度だ」と述べ、具体化に意欲を示した。

 導入を急ぐ背景には、高所得者に有利な「控除」から低所得者に恩恵が大きい「手当」へ、という鳩山内閣が掲げる政策を進める上で早急な整備が必要な点がある。世帯ごとの収入などを把握できれば、社会保障給付や納税管理がしやすくなるからだ。

 政府は、低所得者対策として減税と社会保障給付を組み合わせる「給付付き税額控除」の導入を目指しており、所得を確実に把握するためにも、番号制度の整備は欠かせない。

 具体的には、〈1〉基礎年金番号の活用〈2〉住民基本台帳ネットワークの番号活用〈3〉新たな番号創設――の3パターンが想定されており、5月頃をメドに利点や欠点などを整理する方針だ。その後、11年に関連法案を国会提出し、13年中に番号制度を導入して番号を配布、14年1月からの利用開始という日程を描いている。

 政府税制調査会とも連携し、海外の事例や、税制の専門家などの意見を参考にする。

 ただ、プライバシー保護の観点から、個人情報の流出を懸念する声も根強く、議論は難航も予想される。

 民主党が政権公約で掲げた税と社会保険料を一体徴収する歳入庁構想については、「制度設計は別の形で検討する」(古川元久内閣府副大臣)とし、検討会のテーマとしない方針だ。
【転載終り】

カナダで何を話したのか気になる...

【2010年2月3日西海岸標準時午前4時00分:警察はウェブ・ユーザのプライベートデータに入り込む裏口を求めます。】
http://news.cnet.com/
電子メール・アカウントをもつ誰もがたぶん、彼らが捜索令状書類を持っているならば、警察がそれをこっそり見ることができるということを知っています。
しかし、サイバー犯罪捜査官はスピーディーにファックスする従来の方法、郵送または、これらの文書について会社に電子メールを送ることをしません。
要請が電子的に送受信されることができるように、彼らは警察コンピュータとインターネットと電子メール・プロバイダのそれらを関連づけている国家ウェブ・インターフェースの作成を促進しています。
CNETは木曜日に開かれる連邦タスクフォース・ミーティングで公表し、予定の調査を概説しました。そしてそれは法執行機関が作成するそのようなインターフェースを要求することに実質的に同意見であると言いました。
調査を受ける警察の89パーセントは、暗号化された警察のみの「全国的コンピュータ・ネットワーク」を通して「法的プロセス要請と法的プロセスに対するレスポンスを交換する」ことができることを望むとそれは言います。(See one excerpt and another.)

昨日のトムヘネガンの記事にあるティーパーティー・オバマ失脚工作ニュースも日本で報道されていたのですね。
ネオコン派に有利なニュースはタイムリーなんだね(汗)
国家と大企業と警察がグルになるIC管理のニュースなんて流しません。
http://www.tokyo-np.co.jp/
「反オバマ」初の全米集会 保守派がテネシー州で
2010年2月7日 15時01分
2010020701000161.jpg
 6日、米テネシー州ナッシュビルで開かれたティーパーティーの全米集会で、演説するペイリン前共和党副大統領候補(AP=共同)


 【ワシントン共同】米政府の歳出削減や減税などを訴え、反オバマ(大統領)色を強める保守派運動「ティーパーティー」の初の全米集会が6日、テネシー州ナッシュビルで開かれた。

 集会ではペイリン前共和党副大統領候補(前アラスカ州知事)が基調演説し、同運動を英国からの独立に次ぐ「もう一つの革命」と呼んだ。オバマ大統領とぺロシ下院議長に代表される民主党の政策は「大きな政府の下で(国民生活を)不安定にさせ(国家財政の)負債が増える」と批判。オバマ氏の外交政策も敵との対話が多すぎ「強い姿勢が必要」と述べた。

 集会が開かれたホテルの会場の参加者はほとんどが白人。ティーパーティーの主張は米社会が抱える人種や貧富の間の分裂を象徴している。

 昨年4月以降、本格的に各地で集会を開いてきたティーパーティーは、独立運動につながった1773年の「ボストン茶会事件」にちなみ名付けられた。昨年9月には首都ワシントンで大集会を開き、医療保険改革などに強い反対を表明し、団結の意思を示した。
【転載終り】

よほどヒラリーを大統領にしたいのか?

従順でないオバマは死ぬか、
ロスチャについて戦うか、
ブレジンスキーの戦略で愛国派を一網打尽にする真のペテン人形か…

うむむ…いよいよとはいえ心の準備が(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しました。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:32 | Comment(5) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事難しくて所々意味不明でした。
いつも分かりやすく訳してくださってありがとうございます。
 このバーコードの中に666って数字が入ってるって噂ありますよね。怖
※聖書の黙示録に書いてある野獣の印※

 聖書の黙示録が正しければ、最後の野獣は今まであった政府と違って世界中を支配するってこの野獣(世界政府)が現れて1260日支配するが滅びるって書いてあります。それが世の終わりとして書かれてる。
 でも一方聖書の予言どおりに事を進めようとする狂信的な方々がいて書かれてる通りに
やってるという噂もありませすね。
世の終わりは疫病 飢饉、地震があると
福音書に書いてある。
 でも、人工ハープ地震だったり、遺伝子操作疫病だったり、遺伝子操作種(1世代だけ実る)
人工的干ばつだったり、怖
いずれにしても怖いなあ
Posted by カオリン at 2010年02月10日 21:53
ありがとうございます。

時間が無いので転載は何時もやっつけで申し訳ないです。
言葉もネイティブレベル次元でなかなか苦労しますね(汗)
アメコミやゴシップ読むのなら自身あるんですが(汗)時間がある時に過去の記事を見直してしっかり纏めようと思います。


奴等はサタンに直接使えてるので神にあえて挑むんですよ。
メギドの丘で本気で神と戦おうとしている奴等です。666の獣の刻印は神に対する悪魔の人質みたいなものです。

知るも知らぬも666を押されれば神を捨て悪魔に組することになります。

666を拒み神に使え生きる人間の最後の選別です。
黙示録にもふるいにかけるとあります。

サタンの横暴を少しばかり選別の為に容認するようです。

神が降臨されれば悪魔は払い清められ刻印を押されなかった者がエデンに行けるということですかね。

何ともまぁ・・・
Posted by 東 at 2010年02月10日 23:43
ご丁寧にご返信いただき恐縮です。宗教的な英語に政治的な英語、相当な知識がないと訳せない内容だと思っております。
 聖書は欧米では常識?教養?だとかで
英語だと得に私には難しすぎますし政治用語の??部分を毎回照らし合わせてお勉強させていただいてます。難しい〜
 目下悩み中なのが聖書に書いてあることを利用して人為的にそのような状態を引き起こしてる危険な人々がいるだけなのか?
あるいは聖書そのものが当たってるのか?
です。ダニエル書にも世界政府が最後の政府で今まで最強の政府だと書かれてる。
ダニエル書はバビロニア、ペルシャ時代にかかれてるのに後代のギリシャの強大な王がおき彼(アレキサンダー)が死ぬと4つに分裂する事、ペルシャとギリシャが対戦してギリシャが勝つことを予言として当ててます。
 最後に世界最強の野獣(世界政府)がおきて主の主戦う※黙示録にも書いてある※
そのとき南の王と北の王は戦争中。北の王は宗教を信じない者などと予言されてます。
※信じないどころか宗教事態を迫害する※
北と南が争ってる最中に終わりはくると...
一つの世界政府が存在しながら北と南に分かれて戦うの??
 もし聖書を利用して予言が当たってるかのように持って生きたい人々がいるとすると
全部その通りにするのは大変な作業ですね。
 どっちなのかはもう少しお勉強しないと
混乱するばかりです。
Posted by カオリン at 2010年02月11日 22:21
参考にどうぞ
http://www14.ocn.ne.jp/~godswork/his-apocalypse.htm

キチガイが存在する前から予言があるんですから、キチガイも無駄な努力ですね。

まぁ、サタンが率いているので本当に神との戦いですよ。

最後は人間が関与してどうこう出来るレベルじゃない。
神も人間を試す良い機会でしょう。

ファティマの予言(最新版の人類への予言)は興味深いですね。
ロシアの過ちがメインです。

海外ニュースマニアは分かると思いますが新生ロシアは僕は好きですよ。
断片的にですがいろいろ記事にしているのでご理解は頂けると思います。
某オルタナは過去のイルミナティ時代のソ連・ロシアを引き合いに出しているから今となれば参考にも目安にもならないでしょう。朝青龍問題も全然はずれ、お相撲さんが友人でいるので真実も知ってるんですよ(笑)
ありゃただの騒ぎ過ぎですよ。

つまりは現実の今の行いで判断したい。
先の事は全て分からない。
裏の裏を読んでもキチガイが得しないポイントが多い。
無宗教な悪魔は逆に欧米派です。
第三の予言を全て開示しないのはバチカンと偽りのキリスト教が崩壊するからですよ。
ロシアの反イルミナティ組織につぶされます。
キチガイに都合の悪い事は公開しないですよ。
新世界秩序が誕生してもロシアと協力する国と戦い続けるのです。
プーチンを引きずり下ろしてゴルバチョフを返り咲きたいようですが無理でしょう。

Posted by 東 at 2010年02月13日 01:43
ありがとうございます。
 大変参考になりました。
オーストラリアの経済危機の訳も苦戦していたので大変たすかります。
 
Posted by カオリン at 2010年02月15日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。