お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月14日

米国兵器研究所によるロシア科学者の殺害は、2012年の恐れをスパークさせます。

米国兵器研究所によるロシア科学者の殺害は、2012年の恐れをスパークさせます。
hpr1.bmp
ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)によって準備されるとても興味をそそるレポートで、米国宇宙兵器研究所に配属されるロシア『スパイ』の1人の殺害は、ドクターで科学者の『マリア・Beloyvan(写真上)』の死亡について、彼女が先週、我々の地球に対して、それが潜在的な危険性を握っている事と、アメリカ人の『inter-dimensional space communication:相互-次元宇宙通信』プログラムについて彼女が情報を得たことが『直接的な原因であったと考えられる』と、述べています。

このレポート(Beloyvan博士)によると、誰が?バタヴィア(イリノイ州)にある米国フェルミ国立大型加速器研究所(フェルミ研究所)粒子加速器複合体への45人のゲスト科学者のうちの1人でしたか?アメリカ当局によって『高所からの転落により起因する彼女の首、胸と背中への外傷』のためとして、過去の5月6日に、今週の木曜日に殺されたことが報告されました。すぐさま直ちに、彼らが支配するこの宇宙兵器研究所には調査がされず、『犯罪』の結果は全く報告されませんでした。

しかし、このGRU報告では、彼女が殺されたことよも重要な、彼女がアメリカ人の『inter-dimensional space communication:相互-次元宇宙通信』プログラムに従事して『要請(依頼)された情報』を得て、その『衝撃的な結果』を警告してフェルミ研究所からニューヨークのロシア領事館にある諜報機関支部の『連絡先』に電話をかけていたと述べており、死亡したBeloyvan博士が非常に厳しい描写(情勢)を描きます。
nhi1.jpg
Beloyvan博士は、フェルミ研究所のプレゼンスであるとこのレポートは続けます。それが現在『ノルウェーで螺旋を描いた』現象として終わった去年12月の『量子』コミュニケーション実験を実行したアメリカ人によって引き起こされ、[写真参考]それについて、我々は『神『天国』への攻撃は、ノルウェーの空を照らします』というタイトルで2009年12月10日の報告で以下のようにこの出来事について述べ、その点を報道しました:
ヨーロッパ版ハープ@.gifCERN_LHC_t2030shigh.jpg

『12月8日火曜日の夕方に、「CERN(セルン)欧州共同原子核研究機関」のスイスにある大規模な『ハドロン加速器(LHC)』は、『人類の手でこれまでに達する中で最も高いアクセラレーター(世界新記録2兆3600億電子ボルト)のエネルギーにより、同時に原子を構成する粒子を壊しました。』それから次に、多くの人々がこれまでに造られた中で最大の『大量破壊兵器』と呼ぶアメリカの『HAARP』の管理下で機能する、ヨーロッパの『EISCAT』レーダーと電離層を暖める科学者によって操作され、ノルウェーのランフヨルドミンにある巨大な部分的反射中波(MF)大気レーダー基地へと、『量子』転送されました。

次に、ランフヨルドミンで受け取られたこの『量子』転送された高エネルギー光線は、英国デーリー・メール通信社によって以下と評される『螺旋』の光のディスプレイを生じさせた彼らのMFレーダー・アンテナで、2.43MHzでノルウェーの超高層大気より上へと垂直に『パルス化』され送られました:

『ブルーライトは、北部に山の後ろから上空へと急上昇するようでした。それは空中で止まり、そしてサークル状に動き始めました。数秒で、巨大な螺旋は、大部分の空をおおいました。それから、グリーンがかったブルーのビームライトがその中心から急に飛び出ました。完全に消えるまで10〜12分間続きました。その現象を説明する見物人は『その強烈な光の回りを巨大な火の玉が回っていたような感じだった。』そして、『ぐるぐる回転した流れ星の様だった。』と伝えます。』

この実験を行うためCERN施設をアメリカ人が利用した後で、そして、二度とそうはさせないと強烈な国際的圧力の下で、その実験の舞台はフェルミ研究所複合体へと移されました。そして、それは世界で2番目に巨大なエネルギー粒子加速器(CERNの巨大なハドロン加速器は円周27kmです)を備えています。
hpr3.jpg
アメリカの『inter-dimensional space communication:相互-次元宇宙通信』プログラムについて重要な、このレポートが『crop circle component:クロップ・サークル構成』と呼ばれるこの重要性に関して注目し、それは、この『実験』(フェルミ研究所の粒子加速器から米国空軍の最高機密X-37B宇宙飛行機(スペース・シャトル)へと成功した『量子移動』が4月23日に始まったあと、Beloyvan博士の最後のレポートによるとそれは『再び成し遂げられました』と伝えられる)について先立って続きます。そして、それはソールズベリー(英国:ウィルトシャー州)の近くで2010年に最初のクロップ・サークルが突然現れ、5月5日に『答えられました。』それが、人類で最も古代の『翼のあるメッセンジャー』のイメージを表していました。[写真]
『X-37B実験のニュース』

『実際の飛行盗撮映像:X-37Bメッサハヤイワー!』

この出来事に関して、Beloyvan博士の最終報告の完全な趣旨については、この『翼のあるメッセンジャー』のクロップ・サークルの出現後の、それはわずか12時間を過ぎた後で、彼女が所有していた計り知れない、たとえどんな秘密であろうとも、彼女は情け容赦なく殺されて真実を知ることができませんでした。
hpr4.jpg
Beloyvan博士が命をかけて報告した情報からの、可能性のある推測だが、他のこの『実験』について知っている事と結合されるとき、おそらく、彼らが2012年12月21日について、地球磁場とともに我々の太陽系惑星の占星術のラインアップを表している、その英国の古代ストーンヘンジの近くで3日前(5月9日)に現れた巨大なクロップ・サークル[写真]でヒントを見いだすことです。

これらの全てで最も大きな重要性にとって、そして、再び不思議な出来事との関連がある2012年12月21日のミステリアスな日付に対して、全世界の問題としてそれが現在、科学者によってミツバチの破滅的な損失のために人類が生物学的災害に瀕していると警告が発表されているように、そして、国連がまさに今、我々の地球の自然サポート・システムが崩壊する寸前であると警告したように、そして、不可欠なプランクトンの個体群が我々の海から姿を消していると報告されるように、そして今週、今まで誰も見ず、何百年間もの間そこに現れることがなかったので、科学者や多くの人々を気絶させたイスラエル沖のコククジラの目撃が、我々が活動する時間を、現在、そのようなすべてを通して見せてくれているかもしれません。

我々の時代に現れている古代のサインを聞いて、見ることに失敗して、期待を裏切り続ける人々にとって、神が望みを与えることはできません。そして、古代の『神』を偽造した我々の地球への再現が、アメリカ人は古代文明諸国によるコミュニケーションも我々にしないよう警告したように、押さえ込む事に大変熱心なようです。しかし、最近、男性が『神』自身のようになった場合、暗黒の予言が実行され、多くの人々は起こるのかもしれないと思っているよりもずっとより間近に迫ることは確実です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 04:03 | Comment(1) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Monclerジャケットはうまく季節の欲望を理解したので、おそらくあなたの目をキャッチされ凍結ジャケットを通して個々の居心地を維持する可能性が身に着けているを作成したすべての人の名前のシングルです!
Posted by モンクレールアウトレット 正規品 at 2014年01月08日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。