お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月18日

世界的な金融ポンジースキーム暴落-アレックス・ジョーンズを密告する-革命モードを継続してください!A

P.S.ニューヨーク市で疑いのあるテロリスト計画は、週末に別名:嫌疑のかかっているパキスタン人説のSUVカー爆破犯がもう一つの『FBI第5事業部=イスラエル・モサドによる偽りの旗テロ』でテーマを変えようと、メジャーな金融イザコザが、ニューヨーク市で依然として起こっている大規模な金融詐欺から人々の関心をそむけるために計画された取るに足らない事件だと明かします。
rahm_emmanuel.03.jpgisrael_mossad_false_flag.jpg
うわさによると、大統領主席補佐官兼イスラエル・モサドエージェントのラーム・エマニュエル(誰の父がテロリストでしたか?)は、『シカゴ商業取引所(CME)が壊れている!』というレポートで伝えられるシカゴで、『偽りの旗テロ』を計画しています!
思い出してください皆さん、テロとの戦いなど存在しません。テロとの戦いなど決してありませんでした。

米国憲法を破壊して、米国金庫(9.11の『ブラック・オペレーション』と憲法に反する愛国法によって許可される)を荒らして、米国選挙プロセス(アルバート・ゴアから票を盗んだ、2000年の大統領選挙クーデターから始めました)を破壊して、永久に憲法に反する税を米国民に課して、無期限に不法に米国民を見張って、我々を失業するように陥れて、結局のところ、戒厳令への道を開くための、米国民に発表された作戦展開中の財政戦争です。
Simulated_Bio_Attack.jpgd289bb6c-f9d1-417b-963a-9c713e2de681.jpgMartialLaw.jpg
femaobama.jpgap_obama_napolitano_dhs_081120_mn.jpg
アイテム:金融恐慌の大きさを考えると、バラク・オバマ大統領は、アメリカ合衆国 ― もう一つの『偽りの旗』テロリスト・パニックまたは攻撃によって引き起こされるこの全てで ― で『戒厳令』を実行するために、非常事態計画をFEMAと国土安全保障省(DHS)と協議することに週末のお休みをまるごと費やしました。

eric_holder-300x300.jpgandrew_cuomo.jpg
『エリック・ホルダー』『アンドリュー・クオモ』
P.P.S.我々は現在、米国司法長官エリック・ホルダーが前連邦準備制度理事会会長兼有名なブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのゆすり屋手先(アラン・グリーンスパン)に対して告げられたニューヨーク連邦大陪審告発に封をするためにニューヨーク司法長官アンドリュー・クオモと共謀していると明かすことができます。

グリーンスパンは、アメリカ登録商標のオフショア・セキュリティー預金口座に米財務省資金の移動を不法に認可することで起訴されました。

資金は委任状(権限)もなしで、暗黙の了解で、それで見せかけとしてアメリカ合衆国を利用しているスティーブン・フリードマンのニューヨーク連邦準備銀行とバーナード・マドフ・ポンジースキームのロンドン事務所及び、ニューヨーク事務所へと資金洗浄されました。

注:委任(権限)は、別名:暗黙の了解で秘密の所有物(不動産など)の中に置かれ、それから、彼らの政治的な米国メディア・イネーブラだけでなく、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのために秘密の預金口座を準備(ひらく)するのに使われました。

秘密の顧客の有名な個人は、ブッシュ家とクリントン家に加えて、『元連邦準備制度理事会会長アラン・グリーンスパン』、『現在の米国上院議員オーリン・ハッチ(R-UT)』、『スカル&ボーンズのジョン・ケリー(DMA)』、『ミッチ・マコーネル(R-KY)』、『米国代表バーニー・フランク(DMA)』、『ジョン・マケイン(R-AZ)』を含めます。

この秘密の口座に関わるメディア・タイプは、『NBCニュースの有名なアナウンサーでFBI第5事業部情報部員のトム・ブロコウ』、『ABCニュースのジョージ・ステファノポロス』と同様の『有名なブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー代弁者で、以前はCNNニュース、現在はブルームバーグ・ニュースのアル・ハント』、『彼の妻ジュディ・ウッドラフ』、それに『ケイト・オバーン』を含みます。

『アル・ハント』、『ジュディ・ウッドラフ』、『ケイト・オバーン』(通称:CNN州議事堂ギャングの前メンバー)全員は、2000年の大統領選挙の間にきたない反アル・ゴア/親ジョージW.ブッシュFRAUD宣伝に従事してたっぷりとブツ($)をもらっていました。

終わる際に個人的な手紙で、アレックス・ジョーンズ(有名なインターネットラジオ・ホスト)が詐欺及び、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのダイレクト・イネーブラであることを明らかにさせてください。
AlexJones.jpg0.jpg
『アレックス・ジョーンズ(L)』と『モリス・ディース(南部貧民救済法施行機関(SPLC)創設者)』

アレックス・ジョーンズ−誰が?選挙-泥棒、国家破壊、憲法破砕、コカインを鼻で鳴らし、米財務省資金着服、無断欠席、クロゼットin同性愛者、戦争犯罪人ジョージW. ブッシュFRAUDのために2000年の大統領選挙に票を入れましたか?−はイスラエル・モサドにリンクされたブロンフマン家によって、直接資金を供給されました。そして、長い間、実際にディースがアメリカ国内の愛国者を誘き出し確認するのを助けるためにアレック・ジョーンズ・ショーを使い、そして、不正に同性愛inクロゼット及び、小児性愛者のモリス・ディースに米国内テロリストの定義を分類させた南部貧民救済法施行機関(SPLC)が、有名なFBI第5事業部対破壊者情報活動の手先モリス・ディースとして、直接的にジョーンズと一緒に動いているのです。
schurig.jpg
『エリザベス・シューリヒ』
アレックス・ジョーンズの弁護士(エリザベス・シューリヒ)は親シオニスト組織(Bet Lev 財団)の一員です。そして、『9.11の真相解明』攻撃を専門とします。そして、9.11に至までをイスラエル・モサドと繋がり密告しました。
Ted Olson.jpgsupreme_court_headerDay27.jpg
『テッド・オルソン』
アレックス・ジョーンズの弁護士(シューリヒ)は、前ブッシュ.FRAUD手先のテッド・オルソン司法長官にもリンクされます。−U.S最高裁判所に関して『5人のギャング』の贈収賄を含め、2000年の大統領選挙クーデター(2000年の年が正式にアルバート・ゴア大統領を選んだ現在、当時の副大統領に向けられます)を組織化するのを手伝った同じテッド・オルソンです−
610x.jpg
『ミッチ・マコーネル』
ジョーンズの弁護士(シューリヒ)は同性愛inクローゼットの上院少数党院内総務ミッチ・マコーネル(R-KY)と一緒に、FreedomWorks(フリーダム・ワークス)と呼ばれている大きな共和党基金調達財団との繋がりもあります。

その基金調達は、ブロンフマン家にコントロールされたイスラエル・モサドによって、直接支持されます。
0.jpg2060892.bin.jpeg
『アレックス・ジョーンズ』と『ロード・マンクトン』

ジョーンズは、自身のインターネットラジオ・トークショーで疑わしい英国の科学家門家ロード・マンクトンを絶えず宣伝しアピールしました。2000年の年が正式に地球温暖化問題に関するアルバート・ゴア大統領を選んだ現在、マンクトンは前副大統領に非常に批判的であることを専門とします。

我々は現在、アレックス・ジョーンズがアル・ゴアが好きでない人々に続々と会っていると明かします。まさにそのもののロード・マンクトンは、もちろん、アメリカ人でなく英国人で、疑わしいロードは小児性愛者です。そして、ロードによる反アル・ゴア地球温暖化への痛烈な非難は、ブロンフマン家にコントロールされたイスラエル・モサドとほかならぬブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)によって直接資金供給をされています。そして、その者はつい最近、米国メキシコ湾岸石油設備全てを破壊しました。

注:きっと多分、ブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)はアレックス・ジョーンズとロード・マンクトンを石油流出事件をきれい(煙をまく)にするのに助力させるよう雇うでしょうね。

思い出してください皆さん。アレックス・ジョーンズは我々にジョージW. ブッシュFRAUDを与えました。そして最近、アメリカ合衆国で最も偉大な創立者のパトリオット(トーマス・ジェファーソン)の作品を禁止して、宗教的な狂信者のジョン・カルバンと入れ替えたテキサス反逆州の出身です。

テキサス州は、旧約聖書の下で生きたいようです。

私が以下のように明らかにしましょう:米国民は、米国憲法の下で生きたいのです。

AlexJonesPlug.jpglord-monckton.jpgwhite full.jpg
『アレックス・ジョーンズ』、『ロード・マンクトン』、『ティモシー・ホワイト』

アレックス・ジョーンズとロード・マンクトンは、FBI第5事業部で(修道女に化けて)女装をする人(ネオナチ:宗教的な狂信者で暗殺者のティモシー・ホワイト)との日常的なコミュニケーションにおいても繋がっています。

我々が米国とフランスの金庫に与えられるべきものである27兆5000億ドルが実は、犯罪の米連邦準備制度理事会によって行われた違法な取引プログラムで失われた方法を含む、ワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルに関して最新版を持っている我々の次回のインテリジェンス状況説明のため、今後も楽しみにしていてください。

トム・ヘネガンの爆発的なインテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家(トム・ヘネガン)は欧米情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます−企業コントロールされた主流メディアの舞台裏で本当に起こっていることが進行中の大規模な偽装と幻想の宣伝ですっかり覆われていると報告します。
http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel

今回も話半分で見て下さいね、彼はロスチャイルド(アル・ゴア原子力利権)のキチガイエージェントさんですので、なんらかの利害関係があるのか?許されてかどうかはわかりませんが、ネオコン派のキチガイと対立(弁証法)して記事を書いているのです。
ブログの最初にも伝えましたが、ネオコン派のキチガイ悪事を理解する上ではパクる価値があるのかなと思っています。(ワンタ事件ネタが現在進行形ですので結構興味有りで見てます。&日本の誰か?さんとも情報が似てるし出所が興味深い)
もし、トム・ヘネガンが本当に真っ当なら、インターポールによる関与で、オバマ厳戒令への協力ネタを批判してバラすべきでしょう?
やけにクリストファー・ストーリー氏をライバル視しているのは情報の信憑性が非常に高く、解析が早いからでしょうか?
キチガイが彼の情報を見て、悪事がバレたのが分かり、キチガイが逃亡(盗んだ資金を別口座へ巧みに移す:ティモシー・ホワイト逃亡などをストーリー氏のせいにしている)する目安になるとメチャクチャな事を言ってますが....バレちゃヤバいでしょ普通?

あとトムの記事で非常に参考(目安)になるのが言論誘導が現在どのようにして行われているのか非常に可視化できます。
陰と陽で両面見なきゃ判断できないのでうってつけの材料です。
それに彼のネタはアメリカでNowネタなんで興味深いです。
何度も言いますが信憑性は半々です...ネオコン派の悪事をおいしく頂きましょうね。

ps:一応CIA工作サイト一覧以外の、トム・ヘネガンとソルチャ・ファールを等サイトはご参考ばかりにご紹介してます。
一人で短い仕事の合間オンリーで作業をしているのでこれが限界でしょうか(汗)
(中途半端に終らせるのも何か気が引けるので続けてます。)
その他の著名なブロガーの方をご紹介してくださる勇気のある方をお待ちしております。
だからベンなんて変な外人がウロウロしちゃうんだろうね(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 12:19 | Comment(0) | 米国トム・ヘネガン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。