お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月28日

再:デニス・ブレア長官の辞任はバイデン・ガイドナー・エマニュエル・ブッシュの賄賂小切手のコピーを得た事が起因します。

個人的にですが緊急警報。
ソルチャ・ファールに関してやはり要所要所で不都合な点がこういうことだったのですね。
(良く覚えているが、ヒラリーの腰巾着:ロバート・ゲーツを正常だと伝えたのが何ともありえなかった。)
敵側で真実を知っているから高確立で当たる、だがこのもっともらしい情報の中に嘘(毒)やフェイクをしっかりともっているんですね。
そろそろこのブログも容量がMAXなので新たに一新でリニューアルしようと思います。

皆様、お騒がせをして大変申し訳ない。
いろいろ見て来てやはり思うのは、ストーリー氏の信憑性は高いと思います。
CIA工作員サイトもアレックス・ジョーンズもカツラのジェフも皆出来レースってことです。
キチガイらしい三角関係のやり方です。

政府要人・世界機関・団体そこら中にいる全てが『キチガイ』
頼れるのは自分たち民間(市民)の人間のみ。

最新の言論誘導が何たるかを可視化するためにはよいブログでしょう。
賢くならなければ確実に殺られる。

指をくわえて待っていても何も変わらない。

残りの時間が非常に少ないので使えるモノはトム・ヘネガンのように利用します。
嘘と真実の中の真実をパクりましょう。

PS:みなさんは今後ソルチャ・ファールの情報とトム・ヘネガンの情報を見たいですか?
毒性が強いと思われるのなら掲載せず、自身の心のなかに参考として留めます。
宜しければコメントに意見をヨロシクお願いします。参考にします。

デニスC.ブレア長官は何故?オバマによって首にされたのか?
彼はバイデン、ガイトナー、エマニュエル、ブッシュによる賄賂行為の小切手のコピーを得て、この資金の解放を促しました。 

2010年5月24日:月曜日02:30
BY:クリストファー・ストーリー

最新レポート:デニス.C.ブレア長官の『辞任』に隠れた本当の理由

2010年5月21日金曜日に、デニスC.ブレア長官(国家情報部長官)は、トップの米国インテリジェンス・ポストから、彼の辞任を発表しました。

ブレアは自身が統括した16の米情報機関に回覧した公式声明において、自身の突然の辞任の理由を伝えませんでした。そして、ブレアは大統領の下で勤める機会を与えてくれた感謝の意を、バラク・オバマ大統領に表明しませんでした。

オバマがブレアに辞任するよう頼んだか、オバマがブレアの辞任を受け入れたと言って−注意:ブレアの事実上の解任の本当の理由を混乱させるために−ホワイトハウスと『米海軍情報部(ONI)』は、所有する『主流』メディアのレンズと『Fifth Estate:第五階級』(『インターネット・コミュニティ』)上にウールをかぶせる活動において従事します。

とりわけ、最もいたずらなレポートに関して、これに従事するまず一つのものを紹介します:

@陽動源が『ソルチャ・ファールによって、そして、彼女の西欧の購読者に報告されるものとして』とレッテルをはった米海軍情報部が、更にまた『オバマが2人のアメリカ人に暗殺するよう命令したあと、トップの米国スパイ・チーフは辞めます』とタイトルをつけて、偽情報が成り立っています。

およそ半ダース前の出来事に、我々は特にこの陽動源の著者を以下の2名と特定しました:

(1):ウィーン(ヴァージニア州)に拠点を置く『J.フォレスト・シャープ司令官(of Light in the Darkness Publications)』で、シャープは『現役の潜水艦サービス艦隊』(すなわち米海軍情報部の情報部員)です。

(2):バチカンのためにとりわけカバーをする、アイルランド血統の『D. L.O'Huallachain』


注意:上記の洋書の著者の2名です。
イラクに反戦的な宗教要素の強い書籍です。(よく黒だと判明しましたね。この記事を見てソルチャ・ファールは何と反論するのか興味深いですね。必ず実況しますよ。)


このレポートは、一般的に無知なファンタジーで始まります:
『今日クレムリン…で広まる噂』、それにもかかわらず、ソビエト・アナリストのベテラン編集者ほど、ロシア通信員が、クレムリンが『噂をしない』と再確認することができます。たとえ我々がこの偽装を繰り返し暴いたとしても、混乱への潜在性を最大限に増加することを専門に扱っている特定の米国ウェブサイトは、この悪意ある『リダイレクション(デフォルトからの切換)』ソース(源)によって、偽情報を広めることにより、市民をだますことに固執します。

すべての匿名レポートは疑わしいです:

そして、彼らの出所が不明なので、信頼できるように見えるが、決して信頼してはいけません。ソルチャ・ファールはでっち上げです。陽動はったりをリサイクル(再循環)している誰でも、この米インテリジェンス動力『リダイレクション』ソースを噴出して、はなはだしく無責任です。

Aこれは以下の注意をそらす布石として始めたことで、マーク・マゼッティにより争い始めた断片をニューヨークタイムズが5月21日に公表しました。:

『ホワイトハウスを出発したスパイ組織のリーダー・デニスC.ブレア長官とのすでに緊張した関係は、フランスと密にインテリジェンス関係を強化して、互いをスパイしないという国家間の誓約を仲介するブレア氏の努力について、今年始めに勃発しだしたと米国官僚は金曜日に言いました。

これに示されるように、フランスの局面で起こった(下記参照)ことで、明らかに(この『線』)この注意をそらすためでした。

我々が繰り返し説明したように、エリゼー(フランス政府)の『解消できない』相互的なフランス・ドイツ条約の下で、ドイツのためのフランスの見せかけは1963年1月に日付けを入れました(始まりました):

米国インテリジェンス活動動力内部の『黒人』犯罪幹部が『倒そう』と企てた、the long−range pan−German Fifth Column(長期の総−ドイツ 第五列?)を『働く』時から、及び、ナチス・スローガンに従ってアメリカ合衆国の『我々は、千年ドイツ帝国をアメリカ合衆国の廃墟の上に建設します』において、そこで、決して少しもフランス情報部との『セメント関係(密接関係)』に、今更必要性などなく、実は以前から密接な関係だったと正式にしていませんでした。

言い換えると、全般的にニューヨークタイムズと国内の国際的コミュニティーの読者を欺くために、故意にホワイトハウス/CIA偽情報共産党機関によって考案されたこの『線』で、『時事ニュース』をひっくりかえしました。

面白いことに、ニューヨークタイムズの仕上げは、以下の文を含みました:

『当局は、ミスター[原文のまま]ブレアを追い出したというオバマ大統領の決定が、この騒動が最も近い原因ではないと言いました。国家情報部長官としての仕事から、その者は木曜日に辞任を発表しました。』

お後がよろしいようで......事実はそうではありません。

それどころか、ブレア長官の『辞任』の基礎をなしている要因は、以下の通りでした:

●デニス.C.ブレア長官は、何ヶ月間も、バラク・オバマ大統領によって妨げられ強奪された資金の解放を迫っていました。

●デニスC.ブレア長官はオバマ大統領に直ちに強奪した資金を解放するよう『頼みました』、そして、オバマは拒絶しました。オバマはそれからブレアの辞任を要求しました。そして、それが受け入れられたのです。

●我々だけが報告したように、ジョセフ・バイデン副大統領、米財務長官ティモシー・ガイトナーと大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルが資金の解放を妨げる『団結』と引きかえの、ブッシュ−CIA犯罪組織から毎週・毎月賄賂を受け取っていて、受け取っているということを証明する小切手のコピーをデニスC.ブレア長官が得ました。
オバマ大統領がジョージH. W.ブッシュと動いていたということを証明する全ては、もちろん、corrupt poodle(汚いプードル?)です。そして、賄賂の払いから妨げと破壊活動を続けるようにとブッシュが指示を出します。そして、それは正確に彼が5月20日木曜日の東部夏時間午後2時36分にしたことです。

●UPDATE.5月25日:表題をつけた記事で、デーリー・テレグラフ誌はロンドン版の15ページ上に、上記のリファレンスをつけて故意に注意をそらすスピン報告を転載しました。:『米国のスパイ・チーフは、フランスをめぐっての口論でやめることを強制されました』このように、我々はデーリー・テレグラフ誌が何が裏にあるか真実を調査することなく、アメリカ政府公式の注意をそらす宣伝と粗悪なこじつけをコピーしがちな確証を持ちます。この例も、デーリー・テレグラフ誌が我々のレポートを読みさえしないことを明白に証明します。プレスルーム(大西洋の両面でのすべての主要なプレスルームのように)のインテリジェンス支部駐在官は、間違いなく、これが決してバレないように動いています。

●対照的に、我々には、我々のレポートが現在障害により全く中国の国中でアクセスできないことを確認している上海からのレポートがあります。一方で、1年ほど前は、中国の主要な国際ホテルでしか私のサイトはアクセスできませんでした。

中止しないならば、何が起こるかについて判断したバイデン

今後、米国の破壊活動を続ける上で、直ちに隙を作らないよう対策をとったことが、先週のジョセフ・バイデン副大統領によって明らかにされました。

●UPDATE.5月25日:ジョセフ・バイデン副大統領と元大統領ウィリアム・ジェファーソン・ロックフェラー・クリントンの車列が最近事故に巻き込まれていたというレポートがあります。

クリントンがオバマを攻撃している『birthers(オバマは実はアメリカ生まれでなく、ケニアで生まれ、出生届も怪しい。よってオバマは大統領の資格がないという陰謀論を叫ぶ連中)』を、彼が非難するスピーチをするためにエール大学へ向かう途中の間に、クリントンの乗る車が5月24日に攻撃されました。

バイデンの車列は二週間前に、さらにもう一つの事故に巻き込まれていました。

事故に巻き込まれたバイデンの最初の交通事故事件の報告後、我々はこれらのエピソードが更に悪いことを続けることに、多くの警告を意味していると理解しなければなりません。:すなわち、その破壊活動を中止するよう副大統領(そして、クリントン)へのシグナルです。

類似したメッセージがバラク・オバマ大統領に伝えられたと思われます。しかし、バイデンの情報部は我々より堅固です。

我々と親しいオブザーバーは、情報部が公然と現れて、バイデンが『目にみえて、妨げられる(守られている)』ように見えたことを確認しました。

バイデンにとってそのような対策が最善であるかのように。

ランキングに参加しました。
応援して下さる方はポチッとヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ

2010年05月20日

メキシコ湾石油採掘装置爆発はハリバートンによって引き起こされる。

僕がご紹介するのは恐れ多いですが....。
非常に興味深い内容です。
メキシコ湾石油採掘装置爆発
:破裂したセメント・ケースはハリバートンによって設置されました:
英国人に対する更なるアメリカ/DVDによる破壊活動?
そうです...

by:クリストファー・ストーリー

スモレンスク・ポーランド航空機の大惨事について、我々への疑いが最初から正当化されないと分かりきっていたちょうどその時、そして、その他の多くの人々と我々も、メキシコ湾でのBP石油採掘装置爆発と火災に関して巨大なネズミ臭さをかぎつけます。そして、このネズミの顔が不思議とジョージ・ブッシュSrの醜い人相に似ているのです。

●最新版:2010年5月3日:逸話に富んだ証拠は、本当に、破壊活動を示しており明らかになっています。生存者を伴う一般的な新聞の報道−熱狂インタビューの不足も疑わしいです。しかし、我々が破壊活動を疑う主な理由は、この事業の舞台裏で、凶悪なアメリカの犯罪盗賊政治にひどく不便を感じさせられた英国人を必要としてキーとなる情勢と同時だったということです。その光で見せられた、これは、最も卑劣な動機で、復讐攻撃として犯し、英国に対する戦争行為に等しい露骨な破壊活動オペレーションです。我々の舞台裏で起こていたことに関して、このジョイントを念入りに仕上げることができなかったのは残念だったが、しかし、これを見るあなたは、あなた自身の結論を出すことができます。

これが計画的である更なる徴候です。英国の利益(真実であるならば、非常に危険な出港は、メキシコ湾のような『しっぺ返し』のような現象です)に対する悪意のような復讐活動は、米政府当局ののどから出てきてたマフィア・スタイルの台詞による、厳しい現実で明らかです。
ogco_bp_1006.jpgnko2.jpg
たとえば、ケニス・サラザール氏、米国内務長官(すなわち、『内部担当大臣』)は、以下のように5月2日に述べたと報じられています:『我々の仕事で、彼らは法律のもと、そして、契約として、前方の措置に対する責任を遂行して、この流出を止めるために、基本的に[BP社]がトランクを持ち続けることになっています。』、たとえそれが、ほぼ確かに復讐破壊活動及び、挑発の結果であったとしても、米国の中で不満を抱く危険な革命中核グループによって実行されるオペレーションは、CIA/DVDアジェンダで働かせることを構築しています。
cheney_halliburton.jpghalliburton-dodge2.jpg
images-1.jpeg
『Richard Cheney』
手始めに、爆発したセメント・ケースは、ハリバートンと呼ばれる不正なチェイニー−CIA活動によって設置されました。明らかにこれは1年間で2回目の、ハリバートン・ケースによって石油採掘装置が破滅的に失敗したということです。

我々の以前の報道から、ハリバートンを運営をする、ペンタゴン内部に寄生する部門と平行した中央情報局内部に寄生する巨大な買い付け及び注文部が思い出されるかもしれません。そして、日常的な体制でホストを務めるその両方の実体が正反対の詐欺組織(米国納税者の費用で)です。

我々が、その他のそれ[2008年5月26日の日付が入っているレポート、下記に抜粋するので見てください:アーカイブ]を暴露したあと、この度外れを繰り返すCIAスキャンダルが調査されて、解散させられたかどうかなど我々の知ったことではありません。我々が思い出すポイントは、ハリバートンが大陪審調査の対象になったということです。

この巨大な腐敗オペレーションと関連する恐怖の物語は、日常的に射手を爆発させて殺した、サウジアラビアで製造されるハリバートン社製の欠陥銃を含みます。ハリバートンは、その問題(道徳意識のない卑劣な銃使用者死亡原因の隠蔽をプラスして)事故のずいぶん後で販売し続けました:そして、どんな金物屋ででも19.99ドルで欠陥銃を買うことができました。しかし、彼らが特別な金属から銃を製造したという偽の口実において、ハリバートンがペンタゴンのために銃1丁につき1,891ドルの請求書を作ったという、その悪名高き1,000$トースター出荷です。

2010年4月20日:中部標準時:午後10時に石油採掘装置がメキシコ湾で爆発した今、トランスオーシャン社(ツークに拠点を置く)によって所有(所有権)される『Deepwater Horizon:深海層位(海底の土地権利的なもの)』が、スイス(スイスのツークとバーニア、その他のオフィスは、ヒューストン、テキサス、ジョージタウン(ケイマン諸島))に位置し本社を構えます。ツーク(スイス)は、マーク・リッチ(本当の名前はハンス・ブランド:長期のドイツVerteidigungsDienst(DVD)情報部員で東西の仲介者)が拠点を置くところです。
images.jpeg
2010年4月20日付けの以下のプレス・リリースによって確かめられているように、爆発はトランスオーシャン社がヨーロッパでトレーディングし始めてシェアする日と全く同じ日に起こりました:http://www.deepwater.com/fw/main/News-748.html?c=113031&;p=irol-news&nyo=0

『ツーク(スイス)2010年4月20日(COMTEXによるMARKETWIRE) ― Transocean(トランスオーシャン)社 ― (NYSE:RIG(リグ:採掘装置))(SIX:RIGN)、世界最大の沖合ドリリング請負業社は、同社の株式が、シンボル(RIGN)の下で今日、6つのスイスの取引所(「6」)でトレーディングを開始したと発表しました。

Transocean社の株式は同様に、シンボル(採掘装置:RIG)の下で、ニューヨーク株式取引所で取引されます。この破壊活動の後で、彼が特定の沖合ドリリングの長期にわたる一時停止を持ち上げて、改定された国内エネルギー政策を公的に発表した3週後に、あからさまにバラク・オバマは沖合ドリリングに関して急にコースを逆転しました。

具体的には、2010年4月30日にコントロールされた米『国営通信社』のAP通信は以下を報告しました:

『バラク・オバマ大統領の最高のアドバイザーは金曜日に、当局が深海層位発掘装置の爆発を引き起こしたことを学ぶ(詳細な情報を得る)まで、新たな石油採掘が認可されないと言いました。D・アクセルロッドは、『さらなるドリリングは認可されませんでした。そして、我々が「何がここであったか?」について知るまで、何もできません』とABCの『グッドモーニング・アメリカ』に話しました。オバマは、大西洋および広範囲の湾地域を含む多くの沖合のために、最近ドリリング・モラトリアム(支払い猶予)を持ち上げました。

『オイル・スイック(油膜)は数十年間にわたり国を最悪の環境災害に陥れる可能性があります。そして、この範囲(影響域)でエクソン・バルディーズさえ脅かしました。』

ロイター[2010年4月25日]によると:

『スイス−ベースのTransocean社の深海層位は木曜日に沈みました ― BP社のために油戸を終える間に、その後2日間にわたり爆裂音が聞こえました。そして、燃え続けました ― ルイジアナ・コーストから42マイル離れた場所で。採掘装置の11人の労働者は行方不明で、ほぼ10年間で最悪の石油採掘装置災害によってすでに死亡したと思われます。沿岸警備隊は、金曜日に労働者の捜索を停止しました。ロンドンに拠点を置く『BP社』(それは湾岸地域の浄化に対して財政的に責任があります)は、オイル・スイック(油膜)を阻止するために、艦隊(船と航空機)を配備しました。爆発は、バラク・オバマ大統領が米国沖合石油とガス掘削の限られた拡大計画を公開したほぼ3週後に起こりました....『掘削装置が生産まで十分に油田発見の情報をおおっていたので爆発が起こりました。』と企業側は伝えました。船上の爆発の時点で126人の労働者のうちの約115人は救い出されました』

●しかし:

●『深海層位』活動は、2009年に安全賞を授与されました。

●『ブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)』は、それがまさしく米国の海に隣接して取引きをするために、それがソビエト連邦で営業するのと同じくらい危険であるということについて理解しましたか?
(BP社が数年前にソビエト・アナリストに同意させた才知を持つのならば、GRU−KGBにコントロールされた『寡政治の独裁者』が西欧運営企業を締め出す前に、我々は、ソビエトの展望から、『旧』ソ連への『魅惑的な外国の石油会社』の主な目的が、ソビエトの手に石油掘削・管理・生産テクノロジーの必要なもの全ての移転を手に入れることになっていたことを、西欧運営企業に対して警告してきたことから理解できたはずです。)

●アメリカ人は、外国の競争相手を不安定にするために、同様に破壊活動を使います。

●ご覧の通り、英国石油(再び破壊される)が財政的に流れ出る(後処理全ての責任を負わせる)、一致しない『幸せな』結果で、この破壊活動が必死のブッシュ・シンジケート組織関連の(すなわちDVD)活動である可能性があるという一時的な徴候よりも多くの事実があります。

●言い換えると、いまだに、案の定さらなる英国人に対して米国が非情なひどい仕打ちをしました。そして、背景の共働する強力な金融成果で我々は全く関連性がないと思います。
【一部転載終わり】

PS:つまりストーリー氏のいう『背景の共働する強力な金融成果』とは、BP社の株式暴落でボロ儲け(オプション買い)(参考ニュース:http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=70234)して、保険料もガッポリ入ります(参考ニュース:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=a91.btTnvJRQ)、しかもドリリングに対して長期に渡り反対派で政策改定までしたオバマによる、態度を一変した急なドリリング・モラトリアム支援(Transocean社の深海層位の所有権の税金支払いを猶予)のバックアップもバッチシです。
実際の油膜処理はすべてBP社に投げっぱなしジャーマンスープレックスで、まさしく生命保険殺人事件(イギリスがピン)が国家ぐるみでおこなわれたということです。

いろいろ見て思ったのですが
キチガイが天文学的な証拠金請求に応じる為にあの手この手でお金を集めたということですかね。
皆時期がダブります。
クリストファー・ストーリー氏、トム・ヘネガン氏、ソルチャー・ファール女史の情報はそれぞれが非常に興味深い。
ソルチャ・ファールのメキシコ湾でリグを建設した根源(建設元)のヒュンダイ重工業社と北朝鮮との関与レポートも興味深い。
トム・ヘネガンもヨーロッパ救済でマネーロンダリングをするため、北朝鮮が偽札の印刷機を抱え潜水艦でカリブ海入りしたとの情報を伝えていたが、ソルチャ・ファール女史の潜水艦攻撃コースと同じ経路です。
この一連の事件の個人的な見解ですが、『朝鮮有事も引き起こし』、『欧州救済でさらに偽札をバラまきテロ首謀者の『アルカイダ』あたりに偽札の責任を押しつけ通貨をドルからアメロ(交換率は1対10〜か?)へ移行させ、中東戦争を引き起こし』、『兵器売買でキチガイが大儲けし』、『保険金詐欺で儲かり』、『株式暴落でオプション買いしたキチガイが儲かり』、『最後のケツふきは全てBP社持ちでやらせるという』キチガイらしい壮大なマネーロンダリング&ニューワールドオーダー計画なんですかね(汗)

朝鮮半島はもう危険でしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。