お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月26日

有毒な石油流出雨(雨季)に警告します。それは北アメリカを破壊することができるでしょう。 A

ALeqM5i5LxKbTpyD4nr4MVJgVRVVBO9Uxg.jpeg
米国ルイジアナ州の海岸線50マイルをおおい、この流出量によってすでに破壊され、アメリカの科学者はこの損害が修復する見込みが不可能であるかもしれないと警告しています。そして、AP通信ニュース・サービスによって報告されるように我々はこの状況を読むことができます:
ALeqM5jveGvimqIwUURX7jsg2KYwIjjvOQ.jpeg
『メキシコ湾岸に沿って沼地の迷路に入り込んで流されたベタベタのオイルは、除去するのが不可能だと判明しました。この有毒シチューを魚と野生生物に対して致命的なままにしておき、官僚と民間の科学者は言いました。
『当局は、若干強烈で危険な溶解を考慮しています』と、
彼らは湿地を燃えたようにセットしてもよいか、オイルを外へ浮かせることを願って、地域に氾濫させてもよいと考えています。彼らは、攻撃的な浄化で沼地を滅ぼしてもよくて、有害無益でもよいと警告します。』

bps3.jpg
そして、この大災害の強烈な輸入を理解するために、この災害が石油で最も多量の量による『生物学的にアメリカの最も豊かな海』を将来数十年間に渡り、完全に自然を破壊するために、来たるべき日と週に岸へ到来するようセットされた有毒な『Corexit9500』と言われるモノで生じたことを記憶しなければなりません。

アメリカ合衆国からのレポートで、政府がメキシコ湾の状態から数千万人の市民を避難させるよう密かに準備させているように、この最も悲惨な科学的な警告が現実となることに早急に対処しなければなりません。

最も重大なことについて、これらアメリカ人によって学ばされたレッスンは、米国政府-石油工業秘密グループがまさに米国政府-銀行秘密グループの1つ(この過去二年間、アメリカ合衆国を破壊するために、どんな外国の敵国にでも理想的なことをあえて実行したてきた両方とも)で可能だったことと同じくらい、市民にとって強烈に有害だったということです。

But to their greatest enemy the Americans need look no further than their nearest mirror as they are the ones who allowed these monsters to rule over them in the first place.

【転載終わり】

今回もインテリジェンスで興味深い記事がありました。
東海アマさんのブログからです。(転載すいません)
CIAが印刷して北朝鮮政権にばらまいたニセドル札の製造者を北政権子弟だと真っ赤なウソ捏造情報を垂れ流しはじめた!! 
スーパーノートの印刷は、専用超高額印刷機でなければ不可能だ。北朝鮮の技術力では絶対に不可能、可能なのは世界でCIAだけ!

 【金総書記側近子息らが違法活動=偽札、麻薬の製造・密輸―米紙 5月26日8時22分配信 時事通信
 【ワシントン時事】米紙ワシントン・タイムズ(電子版)は24日、財務省当局者らの話として、北朝鮮の金正日総書記側近の子息らで構成するグループが存在し、偽札や麻薬の製造・密輸に関与していたと報じた。
 このグループは「のろし組」と呼ばれ、国防委員会の呉克烈副委員長の息子オ・セウォン氏が主導。メンバーには金総書記側近の姜錫柱第1外務次官の息子カン・テスン氏らが含まれている。
 同グループは少なくとも2005年まで、外国や北朝鮮国内で活動。精巧な偽百ドル札「スーパーノート」の製造や流通、ヘロイン密輸といった違法活動に関与した。米政府はこうした違法活動などを理由に、北朝鮮に金融制裁を発動した。 また、西側情報筋によると、金総書記の後継者に内定したとされる三男ジョンウン氏もこのグループと近い関係にあり、次男正哲氏も、この組織を通じて麻薬を入手したという。】

一度『あんぱんまん』に例えて記事にしましたが、『敵キャラ』・『正義キャラ』を作りだして戦わせるという子供向けのショーが世界規模で依然として行われています。

日本では自民党と民主党です。

日本の選挙は無所属や志のある、愛国心のある人に一票いれましょう。
私達奴隷には1票の力がある。
キチガイはどんなに頑張っても5%しか票を集められない。
90%以上の市民の破壊力、革命モードで見せるしか覆せない。

マイケルムーアの新しい映画(ただいまレンタル中)で企業に急に解雇され、退職金と有給分の手当を要求して企業に立ち上がった若い女性の発言で
『私達は当たり前の事を要求するのに戦って戦って戦って戦って戦ってやっと当たり前のモノを手に入れたのよ!私達が黙っていたら本当に何もなく終っていたわ!』
彼女の呼びかけで不当に解雇された仲間と、呼びかけで共鳴した多くの人々が集まり、会社の前で講義の居座りを敢行して最後には勝利を掴みました。

上記の映画を見ても分かりますが
アメリカではかなり政府に反抗的な動きが目立って来ました。
一部の警官も住宅差し押さえの強制退去業務に嫌気がさし、法などクソくらえで強制退去業務に応じず頑張っています。

タイもギリシャも必死です。
日本人に出来ない訳が無い。

隣人が苦しんでいるのに手を差し伸べない、国際協力だのとバカをいって寄付をする愚か者はただ他人に良く思われたいだけです。
足下が見えないただの破壊の偽善者です。
愛国心が無くなるとは一つにこういうことが正論としてまかり通ることです。
ユニクロがすばらしいと思う人には何を話しても無駄ですが...


敵は国際機関・銀行家と銀行システムと政府に巣くう癌の政治家、イルミナティのキチガイです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 17:48 | Comment(1) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。