お越し頂きありがとうございます。足跡に『@クリック♪』ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年05月25日

有毒な石油流出雨(雨季)に警告します。それは北アメリカを破壊することができるでしょう。

2010年5月23日
有毒な石油流出雨(雨季)に警告します。それは北アメリカを破壊することができるでしょう。
by:ソルチャ・ファール
ogco_bp_1006.jpgbps2.jpg
ロシア連邦天然資源・環境省によってメドヴェージェフ大統領に用意されているひどいレポートは、今日、石油とガスをメキシコ湾に漏らしたブリティッシュ・ペトロリアム社(BP)が北アメリカ大陸の全ての東半分を『完全なる破壊』で脅かしていて、人類の歴史上最悪の環境大災害になるだろうと警告しています。
21_oil_spill_466_slider_may15.gif
gulf.jpg
ロシア科学者はメキシコ湾の水の中の1マイル以上のこの水源に直接漏れてポンプ注入されている、意図された『Corexit9500(人体・微生物・植物に有毒な重油流出油処理剤:つまり重油を分解するのに灯油をぶちまけているのです。)』ーとして有名な何百万ガロンの化学分散処理剤ーのBP社の使用のために、黙示録的な破壊評価額の基礎を形成しているとこのレポートは伝えます。現在、1日につき290万ガロン以上だと推定されるこの漏れの範囲(そして、悲劇的な)が、完全にアメリカ市民にひた隠しにされています。

『分散処理剤Corexit9500』は、当初エクソン社によって開発されて、現在、ナパーヴィル社(Naperville)(拠点イリノイ州:石油【石油の有害物質量は11ppm/Corexit9500の有害物質量は2.61ppm】はCorexit 9500より4倍有毒である)の持株会社ナルコ(Nalco)社によって製造される溶剤です。


注意:【ppm(パーツ・パー・ミリオン)】は、100万分のいくらであるかという割合を示す単位。主に濃度を表すために用いられるが、不良品発生率などの確率を表すこともある。「parts per million」の頭文字をとったもので、100万分の1の意。百万分率とも。二酸化窒素などの大気汚染物質をはじめとする公害分野や、食品添加物などの濃度、岩石中の微量元素の組成、半導体中の不純物量を示す目的などで良く用いられる。
例:1ppm = 0.0001%
  10,000ppm = 1%
by:ウィキペディアより


エクソン生医学サイエンス(『3種類のCorexit製品の深刻な水生生物への毒性:概要』というタイトルを含む)に対して『アニータ・ジョージ・アレース』と『ジェームズ.R.クラーク』によって書かれるレポートで、『Corexit 9500』がこれまで開発された中で最も高い毒性の分散処理剤の内の一つであるとわかりました。
更に悪いことにこのレポートによると、現在メキシコ湾に生息しているそれら(人々・生物)の様に、より高い水温によってその毒性が更に拡大するという懸念です。

この危険な分散処理剤をBP社が使用したのを発見したことで米国環境保護局(EPA)はBP社にそれを使うのを止めるよう命令しました。しかし、BP社は『Corexit 9500』に唯一代わるものが『Sea Brat 4』として知られているさらに危険な分散処理剤であると述べ使用中止を拒絶しました

『Corexit 9500』と『Sea Brat 4』の主な違いは、この危険な化学薬剤が構成有機化合物を分解するのにどれくらいの歳月を要するかだけです。『Corexit 9500』の分解は28日間を要します。一方『Sea Brat 4』は、水生生物に有毒で、長い期間、その環境に残留することができる有機化学薬剤と呼ぶ『ノニルフェノール』で分解します。

『Corexit 9500』が影響を与える大きな危険について、ロシア科学者がこのレポートで概説されるように、その『2.61ppm』の毒性レベルです。そしてそれが、暖房なメキシコ湾海と結合されるとき、その分子が現在の液体から気体の状態へと『Phase transition:つまり状態変化』し、雲に吸収されるのを許し、東部の北アメリカ全体に『有毒雨』として解放することができるのです。

さらに悪い状況は、カトリーナのような熱帯ハリケーンが生まれるべき場所のメキシコ湾で、または、近くに何千万ガロンもの『Corexit9500』があることで、その表面(海面)から結果として起こる『中毒雨』です。
それが北アメリカ大陸に降りかかることは、『理論的に言えば』それが『頂点への進化のピラミッド・グラフの最下層』から、すべての生物形態を滅ぼす『想像も及ばない環境大災害』に結びつき達すると、どんな深さであろうとも、すべての微生物の生命を奪うことができます。

注:蒸発する液体の分子に対して、それは、海面上の近くで検出する必要があり、相応の方角(流れる方向)に動いて除去しなければなりません。そして、液体相分子間の作用に打ち勝つために、十分な運動エネルギーを有さなければならない。小さな一部の分子のみ、この基準で対処できるので、蒸発の進度が制限されます。分子の運動エネルギーがその温度と比例しているので、蒸発はより高い温度でより速く進行します。

かきかけ.....

不思議なのは『Corexit 9500』 が英国の承認済油処理剤リスト(英国以外では使用を認められている)には含まれていないのにBP社が米国で使用した点です。
この『Corexit 9500』が英国では現在の政府在庫分に限って使用してもよいことになっているが....以前クリストファー・ストーリー氏が報告したように全責任を負うはめになった、金銭に困るBP社にキチガイが『Corexit 9500』をプレゼントして更なる悪者にでも仕立て上げる作戦なのでしょうか?
悪事を覆うカバーアップかもしれませんので、クリストファー氏が何か情報を掴めば即時ご報告致します。
本当に株と保険で大儲けして、モラトリアム法案で所場代は猶予され、BP社の名の下に毒を撒かせ、悪事を全てBP社に放り投げ、環境大災害と米国民を病で殺すニューワールドオーダー派閥の理想的な展開ですね。

こいつらいつもこんなことやってるのね...

最後まで読んで頂きありがとうございます。
応援してくれる方は↓ポチットな♪

人気ブログランキングへ

f0ca198c8ea123be5c0ec5a347ab619d.jpg
posted by 東洸 at 21:33 | Comment(3) | ロシア情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。